ワンス・アポン・ア・タイム 3-5

正義の男

<ネバーランド>
フックが最初にこの島に来た訳と、どうして海賊になったのかというお話。
フックはキリアンという名で、兄のリアムが船長を務める国王の船で、副長としてその任に当たっていた。キリアンは今のフックの姿からは信じられないが、規律を守る正義感にあふれた男だった。
出航した船は、敵の船に遭遇するとペガサスの羽根の帆を使って空を飛んだ。兄は、六分儀からネバーランドの位置を把握して、国王の命令を遂行しようとしていたのだ。

島に着いたキリアンは、兄から勅命でどんな傷でも治してしまう魔法の薬草を見つけるのだと聞かされる。そんな薬草があれば傷ついた兵士たちを救えるので、キリアンも探すことに同意するが、そこにピーターが現れる。その草のことを聞かれたピーターは、それは猛毒の草で薬草などではないという。
信じられない思いのリアムは、キリアンの警告を無視して、草で自らの腕を切って試してみることに。その結果、リアムは毒がすぐに回って倒れてしまう。
キリアンが助けを呼ぶと、ピーターが現れる。そして、魔法の泉の水がどんな病気も治してくれるし若くいられるのだと教えてくれる。その水をリアムに与えると、リアムは元気になった。しかし、その効果は島を出るとなくなってしまうということは、ピーターはいわなかったのだ。
キリアンと共に、国王の卑劣さを暴こうとしていたリアムは、国へ帰る前に死んでしまった。

船上で、キリアンは皆に告げるのだった。正々堂々と戦うべきなのに、王は卑劣な手段で敵を倒そうとした。そんな王に仕えるのはゴメンだ。これからは、自分の意思で戦う。まずは王の船を盗み、海賊となって海を渡るのだと。

エマは、ヘンリーが助けてもらえないと諦めてしまわないように、自分たちが助けにきていることを知らせたいと思っていた。そこで罠を仕掛けて、ロストボーイのデヴィンを捕らえ、レジーナが例の心臓取り出しの術を使って、ヘンリーへ伝言を渡すことに成功する。鏡の術で、エマたちと話せたヘンリーは喜ぶ。

デヴィッドの傷は、ますます悪化していた。ぎりぎりの命でも、ヘンリーを助けたいと思っているデヴィッドを見て、フックは兄のことを思い出す。そして彼の力になることに。
嘘をついて、デヴィッドを泉の近くに連れていき、あの水を飲ませる。ただし、島を出たら効果はなくなると告げて。それでいい、とにかくヘンリーを捜せるというデヴィッド。
フックは、その前にピーターから取引を持ちかけられていた。島から出してやる、エマも一緒にと。だが、その取引に応じなかったフック。
元気になったデヴィッドと共に、エマたちの元に戻ったフックは、エマにキスを要求。父を助けてくれたお礼にキスをするエマ。
そのフックにピーターは、ニールを捕らえていると告げるのだった。

フックが海賊になった理由がわかったけれど、国王が信じられない奴だから、自分が盗人になるというのは、どうなんだ? エマにご執心というのも、なんだかねえ…
デヴィッドは島から出たらどうなる?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/22495506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2015-11-12 15:32 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de