碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ワンス・アポン・ア・タイム 3-13

消された1年

<おとぎの世界>
レジーナは、城のバリアを解除するために地下から侵入することに。その直前、ロビン・フッドの息子が空飛ぶ猿にさらわれそうになったが、レジーナの魔法で息子が無事だったこともあり、ロビンはこっそりレジーナの後を追い、勝手にレジーナの助っ人に。
ロビンは、そこでレジーナのもう一つの目的を知る。レジーナは、ヘンリーへの思いに押しつぶされそうになる自分を救うために、眠りの魔法で眠り続けることを選んだのだ。止めようとするロビンだったが、バリアを解除するとレジーナは、薬を手にした。
しかし、そこへ緑色の顔をした悪い魔女が現れ薬を奪ってしまう。なんと彼女はレジーナの姉のゼリーナだった。父親違いで彼女は母親のコーラに捨てられた子どもだった。恵まれて育ったレジーナにはいろいろ複雑な思いがあって、死ぬより辛い目にあわせたいというゼリーナ。レジーナはその言葉に、生きる目的を見つける。粉々にする相手が現れたのだ!

<ストーリーブルック>
エマは、町に戻った住人たちが、魔法の森へ戻ったかどうかの記憶さえないことに驚く。フックが、皆は確かに戻っていて、自分は別れて旅をしていたが、あるとき鳥からエマを連れて町へ戻るように伝言を渡され、記憶を戻す薬もそこについていたのだと話す。
町では、住人が何者かにさらわれいなくなっていて、リトル・ジョンも襲われた。デヴィッドたちは、リトル・ジョンを見つけ病院に運ぶが、それは空飛ぶ猿だった。
エマとレジーナは、皆を町に戻し一年間の記憶を失くす呪いをかけた者を捜すために、記憶を取り戻す薬ができそうだと噂を流し、その者をおびき出す作戦を立てる。
作戦は成功し、その者を捕まえそうになるが、緑色の煙と共に消えてしまう。エマとレジーナは、皆の話を聞いて、それが西の悪い魔女ではないかと思い始める。

出産を控えたメアリー・マーガレットは、食堂で話しかけてきた助産師だという女性に好意をもつ。それが悪い魔女だとは知らないメアリー・マーガレット。

悪い魔女の家の檻には、ゴールドが捕らわれていた。ゴールドの姿でルンペルシュティルツキンの口調。ゴールドは、大丈夫なのか?

覚えていないヘンリーを見つめるレジーナが切ない。悪い魔女がレジーナの姉だなんて。このドラマ、肉親関係が多いね。それで愛し合ったり憎んだり。家族でいるのもいろいろ大変だね。
by mint-de | 2016-01-21 16:41 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/22800381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。