碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ワンス・アポン・ア・タイム 3-18

亡霊との対話

<おとぎの世界>
ゼリーナの父は、庭師だった。赤ちゃんのときから魔力があったので、父親は特別な人かと思ったら、そうじゃなかった。コーラは、庭師に王子だと騙されたけれど、本物のレオポルド王子に助けられ、二人は結婚することに。庭師の子を妊娠していることは秘密にしていたが、庭師に脅されているのを許婚のエヴァに聞かれてしまい、その事実をレオポルドが知ることとなってしまった。
ただの粉ひきの娘に戻ったコーラは、娘がいると生きてはいけなかったので、ゼリーナを捨てることにしたのだ。

<ストーリーブルック>
レジーナがロビン・フッドに預けていた心臓が、ゼリーナの指示でゴールドに取られてしまう。
ゼリーナの目的がわからないレジーナは、母の過去から答えを得るため、母の霊を呼び出す術をかける。その後、娘時代のコーラが現れ、執拗にメアリー・マーガレットを狙い体に入り込むが、レジーナの力で追い払うことができた。その時、メアリー・マーガレットは、コーラの過去を知った。自分の母エヴァが妊娠の秘密をもらしたことが、そもそもの発端だったと。
そして、ベルは、ゼリーナの目的が何かわかった。それは、過去を変えることだったのだ。

ゼリーナは、自分が捨てられた過去を変え、新しい自分になるための準備が整ったので、ゴールドと乾杯。
過去を変えるには、チャーミング王子の勇気、レジーナの不屈の心臓、ゴールドの脳みそ、それと新しい命があればいいらしい。

コーラの過去で、レオポルド王子と知り合いだったなんて驚きだ。以前のシーズンでそんな話あった? なんだか、とってつけたようなストーリーで興ざめ。あんな品のない娘に恋する白雪の父もよくわからないな(笑)
レジーナとメアリー・マーガレットの和解で、今後、レジーナに悪い女王という呼び名はふさわしくないような気もする。レジーナは幸せになれるかな?
by mint-de | 2016-02-25 16:46 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/22919573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。