碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

脂肪腫

肩にできた脂肪腫というものを取ってもらった。
4年くらい前に、肩に触れるとぐにゃぐにゃするしこりに気づき、A皮膚科に行った。そこでは、病名はいわれず、問題なさそうだけれど、2センチくらいになったら取ってあげるといわれた。それで、時々気にしながら放っておいたのだけれど、最近、なんだか丸っぽい感じが楕円に変形してきている感じがしてきたのと、リュックやバッグのひもが当たるところなので、どうも気になってしょうがなくなってきた。

それで、先日、A皮膚科はあることで不信感を抱いてしまったため、別のB皮膚科に行った。そこで初めて、しこりが脂肪腫であるとわかった。ところが、その先生は、「えっ?」と思うようなことをおっしゃるのである。取りたいなら、下手な医者に手術してもらうよりちゃんとした大きな病院で手術したほうがいい、それと今は紫外線が強いし取った後しばらくは風呂にも入れないから、今はよしたほうがいいといわれる。取りたいなら、近くの大病院の紹介状を書いてあげるといわれる。親切といえば親切なのだけれど、たかだか2センチくらいのしこりを取るのに、その大病院に行く? 
ほくろをA皮膚科で取ってもらった経験から、その程度の手術だろうと思ったし、取った日はシャワーはダメだったけれど、翌日からはシャワーは浴びることができた。その医師は、形成外科の開業医を信用していないのか、その辺の知識が古いのか、その医師の発言に疑問符が…

帰ってからネットで脂肪腫と形成外科医について調べ、近くでよさそうなクリニックを見つけ、また話を聞くことに。そのC皮膚科では、悪いものではないので、取るのも取らないのも本人次第といわれる。でも、ネットでは大きくなった脂肪腫などを見ていたし、この先どう変化していくかわからないので、早めに取ったほうがいいと思い、取ることに。「簡単な手術ですから」といわれ、女医さんに手術してもらうことに。
麻酔のクリームを塗られ、その後、台に横になり麻酔の注射。すぐに効いて(5分も経ってない?)、即、手術。皮膚を切られている気配や縫っている気配が伝わってくる。25分くらいで終わり、黄色い脂肪を見せられ(なんで黄色なんだろう?)、縫合の後を鏡で見せられる。さすがに生々しい傷が体にできてしまったと若干の後悔が…。
でも、翌日ガーゼを取ったら、縫い目はあるもののぴったり皮膚がくっついていて、どこを切ったかわからないほどきれいに見える。すごい技だなあと、その女医さんの仕事ぶりに感心。行くまでは不安だったけれど、C皮膚科に行ってよかった。今まで時々気になっていたしこりもなくなって安心もした。

それにしても、B皮膚科の医師にはびっくりだ。お風呂は2日目からOKだし、簡単な手術だったし。医師も今現在の医療技術についての情報を得る努力を怠っていると、医師としてやっていけなくなるんじゃないのかなあと思ったりした。

今年はいっぱい咲いたクジャクサボテン
d0129295_1525574.jpg

by mint-de | 2016-06-02 15:29 | 木陰日和