ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4

すっかり興ざめしてしまった「ワンス・アポン・ア・タイム」。
それでも一応、観てはいた。シーズン後半は録画を観る暇がなくてたまっていたのだが、作者アイザックが出てきてからは、面白くなって一気に観た。
「ヒーローと悪役」、確かにヒーローばかりの物語は、面白くはない。悪役がいるからこそ、ヒーローが輝くのだ。それも力の強い悪役なら、余計ヒーローが格好良く見える。ラストのヒーローと悪役を入れ替えた展開は、おかしかった。
ゴールドさんは騎士役をやっても絶対、格好良い騎士には見えないということがわかった(^^)
この展開は、次シーズンへの暗示だったのかも。
エマが闇の王になり、レジーナとゴールドは、悪役から解放されるということ?
毒のないゴールドだと魅力半減という気がしないではないけれど、次シーズンではどういうキャラになるのかな?
闇の力を封じ込めるには魔法使いマーリンの力が必要になるので、マーリン探しの展開になるんだろうけど、あの短剣を無力にすることができるなんて、初めて聞いたよ(笑)
脚本、本当にいろいろ考えるよね。「なんでもあり」だから、どんな展開もありだと意地悪く思ってしまうけれど、「END」は、どうなるんだろう? 
「昔話」の本の世界に、みんな帰ってしまって、ヘンリーがそのお話を書く作家になるっていうのが、一番自然な感じがする。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/23489649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2016-09-15 12:24 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de