碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

八木重吉の詩から①  「貫ぬく 光」 



はじめに ひかりがありましたd0129295_11265653.jpg

ひかりは 哀しかったのです

ひかりは

ありと あらゆるものを

つらぬいて ながれました

あらゆるものに 息を あたえました

にんげんのこころも

ひかりのなかに うまれました

いつまでも いつまでも

かなしかれと 祝福(いわれ)ながら

by mint-de | 2007-09-22 15:20 | 詩と言葉から