土に帰る

この世に生きるすべてのものは、いつか土に帰り、また旅が始まる。有機物と無機物、生きるものと死すものとの境は、一体どこにあるのだろう。
いつの日か自分の肉体が滅びた時、私もまた、好きだった場所で土に帰りたいと思う。ツンドラの植物にわずかな養分を与え、極北の小さな花を咲かせ、毎年春になれば、カリブーの足音が遠い彼方から聞こえてくる……そんなことを、私は時々考えることがある。


  (星野 道夫 『長い旅の途上』 文春文庫)


d0129295_11255469.jpg
by mint-de | 2007-09-22 15:23 | 詩と言葉から

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de