アメリカのパリ 「パリ、テキサス」

「パリ、テキサス」  (1984年 フランス・西ドイツ映画)

ヴィム・ヴェンダース監督の名を有名にした、ロードムービーの傑作といわれている映画だ。先日BS2で放送があり、ずいぶん久し振りに見た。
 
全編に流れる、やるせないギターの音色と荒涼とした風景、夕暮れの町。
音楽と流れていく風景を見ているだけでも、その映画の世界に酔いしれてしまいそうだ。

それと、パリとテキサスというミスマッチな都市の名から連想する不思議なイメージ。
ただ土しかない土地に、パリと名付けた人の憧憬のようなものも伝わってくる。
夢と現実、それもこの映画のテーマのように思う。

テキサスの荒涼とした土地をひたすら歩いている一人の男、彼は、ガソリン・スタンドで倒れてしまう。
彼の名はトラヴィス。妻子を捨てて、4年間も音信不通だった。

連絡を受けた弟は,何もしゃべらない兄に呆れながらも、優しく接して、ロサンゼルスの家まで連れてくる。
そこには、トラヴィスの息子、ハンターがいた。トラヴィスの妻ジェーンも、ハンターを残して、失踪していたのだ。

最初は、実の父親を遠ざけていたハンターだったが、やがてトラヴィスと心を通わせるようになる。そして、ジェーンがヒューストンの銀行から送金していると知り、トラヴィスとハンターは、彼女に会うためにヒューストンへと向かう。

トラヴィスはジェーンを見つけ、二人がミラー越しに会話をするシーンで、彼らが別れた理由がわかる。
妻を愛しすぎて、心のバランスを失ってしまった男、夫や子どもにしばられたくなかった女。
自由を求めてさまよう心が切ない。

この映画を見ていると、ストーリーより音楽や風景が自己主張しているというか、それだけでもひとつの映画として完結しているような気がする。
ラストの夕暮れていく町をバックに、トラヴィスの車が町から遠ざかるシーンを見ていると、
私はあの歌のタイトルを思い出すのだ。人生、「悲しい色やねん」(^^)。(2005年5月記)
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/6226042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2007-09-25 15:00 | シネマ(た~ほ) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de