碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

触れ合いの原点 「キッチン・ストーリー」

「キッチン・ストーリー」  (2003年 ノルウェー・スウェーデン合作映画)

1950年代に、実際にスウェーデンで行われていた調査をヒントにした映画。
独身男性のキッチンでの行動を調査するという目的で、スウェーデンからやってきた調査員フォルケと、調査されるノルウェー人のイザック。
この二人が観察する側とされる側の立場から、徐々に交流を深めていくストーリーなのだが、とにかくユニークな映画だった。

ほとんどイザックの家が舞台。調査員は対象者と話をしてはいけないし、手伝ってもいけない。高い台にのって、ひたすら、キッチン内の動きを記録するだけ。

対象者として応募したものの、景品が本物の馬ではなく、人形の馬だったことから、最初は意地悪ばかりしていた初老のイザック。
しかし、パイプタバコの葉をきらしたときに、フォルケが葉をくれたことから、だんだん心を開いていくようになる。

二人が仲良くなっていく様子が、とても妙なのだが、何故か説得力があるのである。
いくら話をするなといっても、同じ場所にいては、無関心ではいられない。まして二人は、妻子もなく孤独な身の上。

イザックの誕生日にフォルケがバースデー・ケーキをプレゼントするシーンは、とても微笑ましい。ノルウェーとスウェーデンの違いがさりげなく挿入され、イザックの知り合いのグラントが、フォルケに嫉妬のような感情をもつのもおかしい。

特別盛り上がるようなエピソードもなく、実に淡々とした映画なのだが、人と人の触れ合いの原点を、教えてもらったような気がする映画だった。
by mint-de | 2007-09-25 15:18 | シネマ(あ~そ) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/6226155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。