ウソも方便? 「大いなる休暇」

「大いなる休暇」 (2003年 カナダ映画)

劇場公開時に観たいと思いつつ見逃してしまった映画。DVDでやっと観ることができた。久し振りに大笑いしながら観た、とっても面白い映画だった。ウソをつき続けるストーリーなのに、この温かさは何なのだろう。ウソからでた誠なんて言葉もあるが、ラストがとっても気に入った。

カナダ、ケベック州の小さな島サントマリ・ラモデルヌ島。人口はたったの125人。かつては漁業が盛んだったが、今では島民のほとんどが生活保護を受けている状況。そんな時、島にプラスチック工場の誘致話が持ち上がる。工場で働ければ、生活保護をもらわず、誇りを取り戻せる。島民たちは何とか工場を誘致したいと思うが、工場が来るには、医者がいることが条件。医者のいない島に、なんとか医者に来てもらおうと島民は一致団結する。しかし、ケベック中の医者に手紙を送るものの、なしのつぶて。だが、あることがきっかけで、医者が1か月やって来ることになる。

その医者クリストファーを島に定住させて、島の医者になってもらうべく、町長のジェルマンをはじめ、島民たちは、ウソで塗り固めた大芝居をはじめる。そのウソがとんでもなくて、クリストファーの電話を盗聴して、彼の一部始終を島民が知ってしまったり、ルールもわからないのにクリケット・チームがあるといってみたり、あの手この手で必死にクリストファーをその気にさせようとする。最初から事情を話して頼めばいいのにと思いながら見ていたけれど、ジェルマンは、本当のことをいったら断られるとわかっていたのだろう。ずっと無医村だったのだ。そんな島に定住しようとする医者なんているはずがない。でも、この島のよさがわかったなら、いてくれるはず。彼は、この島の魅力には自信があったのだ。島を愛して外にでていかない島民たち。彼らのために、誇りを取り戻すために、ジェルマンはウソをつき続ける。

しかし、ジェルマンは、あることで失意のクリストファーを前にして、自分の行為の間違いに気付いてしまう。やはり、人間同士の付き合いは、本音で語り合わなければならない。ラスト、全てを知ったクリストファーが「クリケットは、好きか?」と聞くと、「嫌いだ」と答えるジェルマン。その後のシーンがいい。ウソの世界でもクリストファーと島民たちの心は、しっかりつながっていたのだ。

この映画が楽しいのは、社会的な弱者である島民たちの思い通りにことが進んで、力のあるものが島民たちの調子に巻き込まれてしまう、その痛快さにあるのだと思う。(DVD)
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/6226209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2007-09-25 15:27 | シネマ(あ~そ) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de