碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

紅葉の奈良

去年の11月は、奈良と京都で紅葉めぐりをしてきた。
京都はものすごい人で、夜にライトアップされたお寺を訪れたときは幽玄な雰囲気を楽しめたけれど、あとはあまりの人の多さに情緒も吹き飛んでしまった。
京都より奈良の広々とした素朴なお寺のほうが私の好みである。

法隆寺は、その広さにただただびっくり。昔の人もここを行き来していたのだなあと思いながら、空を仰いだりすると、なんだか自分も歴史の一部になっている気がする(^^)。
夫は修復する屋根瓦に寄付をした。夫も歴史の一部になりたかったのかも…。
d0129295_15235179.jpg

d0129295_1524932.jpg


談山神社はものすごい山のなかにある。樹木もとても大きい。
d0129295_1526487.jpg

d0129295_15271962.jpg

d0129295_15275048.jpg

d0129295_15281572.jpg


夕暮れ近くになったので走りながら門に入った長谷寺は、とても雰囲気のあるお寺だった。
人気が高いのも頷ける。花の咲く春にまた行ってみたいと思っている。
d0129295_15302070.jpg
d0129295_15303588.jpg

d0129295_15305263.jpg


長谷寺の駅はものすごい高台にある。この坂道を毎日歩いている人がいるなんて信じられない!ハアハアいいながら上って駅に着いたときは、もうすっかり日が暮れていて、ホームに立って電車を待っていたのは、夫と私の二人だけ。知らない町の夕暮れは、妙に切ない気分になるものだ。今でも、寺の思い出とともに、夕暮れのなかを夫と二人で参道から駅に向かい、このホームで待っていたときのことを、なぜか懐かしく思い出す。

d0129295_1531857.jpg
        
by mint-de | 2007-09-28 15:34 | 旅する風