「LOST」 第66・67話

(3-17) 「ジグソーパズル」

デズモンドは、例のビジョンをまた見る。ジャングルを歩いていて矢が刺さるチャーリー、木に引っかかっている人、ペニーと一緒に撮った写真…。
デズモンドは誰かがやってくるといって、ビジョンにでてきたジン、ハーリー、そしてチャーリーには誰も死なないとウソをいって誘い、4人ででかける。ヘリが墜落し、確かに誰かが島に落ちたようだった。矢をよけるために、デズモンドがチャーリーをかばったため、ビジョン通りにすすまなくなり、落ちた人を見つけられなくなる。だが、ジンがすぐにパラシュートを見つける。デズモンドは、それがペニーだと思い込んでいたが、全然違う女だった。しかし、その女は、デズモンドを見て「デズモンド…」というのだった。この女はデズモンドの写真をもっていたから、多分ペニーに頼まれてやってきたのだろう。第2シーズンの終わりに、ペニーが場所がわかったという連絡を受けていたから、彼女が依頼したことは間違いないと思う。ただ、この島から外には連絡できない状況だから、彼女がやってきてもあまり希望はもてない気がする。

フラッシュバックは、デズモンドがペニーと知り合う前の話。結婚式を1週間後に控えたときに婚約者の前から姿を消し、修道院に入ったデズモンド。何でも、神のお導きに従った行動だったらしい。こういう場合は、神より婚約者に誠意を見せるべきだと思うけれど、デズモンドは結婚に迷いがあったということなのだろう。正直にいえばいいのに、修道院に入ってごまかす男って嫌いだな。でも、結局、神に仕えるような人間ではなかったようで、また別の生き方を探るべく修道院をでることになる。デズモンドを指導していた修道士の机の上にあった写真には、あの宝石店の店員(デズモンドに未来は変えられないといった女)が一緒に写っていた。そして、デズモンドが修道院を離れる日にペニーに出会ったということは、何か運命的なものがあるということなのだろうか。ストーリーはともかく、私にはこんな優柔不断なデズモンドの、どこにペニーがひかれたのかが、最大のナゾだったりする(笑)。


(3-18) 「受胎の日」

サンのフラッシュバック。死んだと聞かされていたジンの母親は、娼婦だった。サンにそれを話して、口外しない代わりにお金を要求したのが、その娼婦の母親だというのは、なんともウンザリする話である。その母親に比べると、ジンの父親は、自分の子どもではないかもしれないジンを大切に育てた心の優しい人である。その父を、漁師であることを恥じて、死んだことにしてしまうジンはちょっと情けない。
サンは、ジンにはなにも言わずに自分の父親から金を借りて、その母親に渡すことにする。だが、サンの父はジンのために使う金と知り、ジンを自分の汚れ仕事のために使うことに決めたのだから、サンのとった行動がジンのためになったかどうかは疑問だ。

サンは、ケイトから、アザーズが妊婦を研究するためにクレアを狙ったと聞き、心配になる。ジュリエットにことの真相を迫ると、妊婦はいずれ死ぬといわれる。その夜、ジュリエットは、サンに医療基地で超音波検査をしてやる、力になってやるといって、サンを医療基地へ連れ出す。

島の外で妊娠した場合は問題ない、島で妊娠した場合は妊婦は5か月で死ぬという。子どもは作れないジンのような体でも、島の力で妊娠が可能になるらしい。サンにとっては、自分が生き続けるには、愛人との関係の結果の妊娠であったほうがよいけれど、ジンとの子どもであるなら自分は5か月後には死ぬ運命にあるということになる。検査の結果、53日前の妊娠とわかる。涙を流して喜ぶサン。サンにとっては、自分の命よりもジンとの子どもであったことが何よりもうれしかったのだ。まあ、このドラマが終わる頃は5か月になる前だと思うので、サンが死ぬことはないと楽観している私です。

気になるのは、ジュリエットがベンに録音した内容。ケイトを妊娠させるために、ソーヤーとケイトを連れ出し、檻に入れたのかもしれない。

デズモンドたちが救った女は、怪我をしていたが、たまたま通りかかったミハイルに手当てをしてもらって助かる。ミハイルは死んではいなかった。この島には傷を負っても治してしまう不思議な力があるようだ。ミハイルはそのことを知っていた。デズモンドは、ミハイルに女を助けてもらう代わりに、ミハイルを逃すことにしたけれど、その判断は甘すぎないだろうか?彼の情報は貴重なのに。サイードがそこにいなかったのが残念だ。

話せるようになった女は、ハーリーに意外な事実を告げるのだった。
815便は、機体が見つかった。全員死んでいて、生存者はいないと。何故?
by mint-de | 2007-10-10 16:09 | 海外ドラマ(LOST)

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de