乗り物のマナー

先日、電車に乗っていて聞いた車内アナウンスの内容に、ちょっと考えさせられた。
「新聞を広げたり、ヘッドフォンからもれる音など、他のお客様の迷惑にならないようにして、お客様同士のトラブル防止にご協力を」という内容。
最近は、キレる大人が多くなったと新聞にも載っていたけれど、たまっていたストレスが、思わぬ形で噴出してしまう人たちが増えているようだ。
明らかに相手に非がある場合でも、黙って見過ごすか、しょうがないやと諦めなければならないときがある。そういうことがたまっていくと、あるとき、爆発してしまうのかもしれない。うまく相手にわかってもらえるようにいえればいいけれど、最近は、相手がどういう行動にでるかわからないから、怖くていいたいこともいえなかったりする。
私も、この間、不快な思いをした。北海道から帰る飛行機で、私の隣に座ったおじさんは、足を広げて座っていて、私の領域の半分くらいまで侵入してきた。当然、私の陣地は狭くなる。その時は、夫が横にいたので、夫のほうに足を向けることでなんとか我慢できたが、「狭くなります。見てわかりませんか」といいたい衝動を抑えていると、余計イライラして、こういうことがキレることにつながったりするのだなあと思ったりした。
それから、電車に乗っていて、立っている自分の前の席が空いたので座ろうとしたら、横に立っていた人が、当然のように座ってしまったことがあって、頭にきたことがある。私の前の席なのだから、私が座れるはずと文句をいいたいところだけれど、そんな法律はないわけで…。暗黙の了解でなりたっているものは、微妙に宙を舞うもので…。世の中図々しい人が得をしたりするわけで…(苦笑) 
いろいろあるけれど、狭い空間を大勢の人間が利用するのだから、なるべく他人に迷惑をかけず、マナーを守り、穏やかな気持ちで、乗っていたいものである。

d0129295_1501638.jpg
by mint-de | 2007-11-02 14:58 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de