小さなクリスマスツリー

朝、テレビをつけると、歌手の氷川きよしがインタビューにこたえていた。
「クリスマスツリーを買った。1980円だったけれど、そのライトを見ていたら、気持ちが豊かになった」という。
ツリーを見て、豊かになる心、とてもいい話だ。
その言葉を聞いて、こちらまで今日一日が気持ちのいい日になりそうな気がした。
自分の気持ちが自分を幸せにする。大事なことだ。
その後、ここ数年ツリーを出していないことに気づいたので、さっそく、ほこりをかぶっている小さなツリーをだしてみた。
点滅するライトは、街で見かける豪華なイルミネーションとは違って、おもちゃのように貧弱だ。
でも、だからこそ、なんだか愛おしい。小さな幸せのような光のまたたき。
クリスチャンでもないのに、クリスマス、クリスマス。日本中が浮かれるクリスマスって何?
それでも、12月の年中行事、クリスマスがやってくる。
by mint-de | 2007-12-15 00:05 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de