碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「再会の街で」

「再会の街で」 (2007年 アメリカ映画)

悲しみや絶望感の癒やし方は、人それぞれだ。一人で乗り切れる人もいれば、多くの人間が助けなければならない人もいる。肝心なことは、その人間にあった接し方をしなければ、傷ついた人間は、もっと深く傷ついてしまうということだ。

ニューヨークのマンハッタン、歯科医のアランは、道で大学時代のクラスメート、チャーリーと偶然、再会する。チャーリーは、9・11のテロで妻子を亡くし、心に傷を負ったまま、自分の中に閉じこもる生活をしていた。アランを見ても、よく覚えていないし、仕事もやめ、ただひたすらキッチンをリフォームし、ゲームに夢中になる日々。そんなチャーリーを目にして、放っておけなくなったアランは、チャーリーの再生に力を貸そうとする。

いろんな人の助けを拒否するチャーリーの姿は痛々しい。どうして妻の両親まで拒否するのか、不思議に思っていたが、ラストで明らかになる。妻と最後にした会話は、キッチンのリフォームについてだった。急いでいたチャーリーは、ろくに話も聞かず電話を切ってしまった。そのことが、チャーリーを責め続けていたのだ。

何かについて話し合う、分かち合う、そのことがどんなにすばらしいことだったかを、妻が亡くなってから気づいたチャーリー。義父母は、娘や孫を亡くした悲しみを分かち合える。でも、自分はそれができない。人を拒みながら、チャーリーは、やはり人を求めていたのだ。アランは、チャーリーのよき理解者になれた。そして、またアランも、チャーリーとの再会が妻との関係を見直す機会にもなったのだ。

この映画には、もう一人精神的に傷ついている女性がでてくる。夫に裏切られたことで、アランに積極的に近づいてくるドナだ。ドナとチャーリーの傷の癒やし方は対照的だ。人は一人では生きていけない、そのことに気づかされる映画だった。
by mint-de | 2008-01-17 11:44 | シネマ(あ~そ) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/6997607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。