碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「パンズ・ラビリンス」(DVD)

「パンズ・ラビリンス」 (2006年 スペイン・メキシコ映画 監督ギレルモ・デル・トロ)

いい映画だった。過酷な現実にファンタジーを織り交ぜ、どんな境遇にあっても自由な心を持ち続けることの素晴らしさと、戦争の悲惨さ、独裁者への批判を描いている。

1944年のスペイン、ゲリラとフランコ軍の戦いが続いている時代に、少女オフェリアは、母親の再婚相手であるフランコ軍の大尉のもとへやってくる。母親の体に宿る自分の子どもにしか興味のない冷酷な大尉に、オフェリアはなじめない。

そんなオフェリアの前に、やってくる途中で見かけた妖精が現れる。妖精に導かれて、オフェリアは迷宮の守護神パンに会う。パンがいうには、オフェリアは地下の魔法の国の王女で、父親がずっとオフェリアを待っているという。3つの試練に耐えられれば、亡くなった父親に会えるかもしれない。そう信じたオフェリアは、試練に挑むことにする。

過酷な現実を、なんとか乗り越えようとする少女オフェリア。
ゲリラの弟のために、危険を冒しながら大尉に仕えるメルセデス。
人として仕事をする良心的な医者。圧政下で試される、人間としての行い。
最後の試練で、オフェリアはパンの指示に逆らってしまう。
それは、人間として許されない行為だったから。

オフェリアは勇敢で夢見がちな少女だ。結末は悲しいけれど、彼女の想像力が彼女を救ったといえるだろう。

この映画が公開当時、映画評を読んでも、どういう映画なのかピンとこなかったけれど、やっと納得できた。ファンタジーが現実をよりリアルにあぶりだしている、すぐれた映画だと思う。
by mint-de | 2008-04-14 15:46 | シネマ(た~ほ) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/7703054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。