「リンリー警部 捜査ファイル」 第5話

「寄宿舎殺人事件」 後編

マシューの死は、悪事がばれるのを恐れた上級生たちの犯行によるものだった。
チャズの罪悪感が事件を解決に導いたわけだけれど、さらに犯行を重ねようとしたブライアンと、生徒も教師も脅すプリチャードの態度には呆れてしまう。
名門校とはいえ、殺された生徒より学校経営が心配な校長とか、生徒に弱みを握られる教師とか、厳格な規律と家族の期待がプレッシャーとなる生徒という話を聞くと、ヘイバースじゃないけれど、こんなところに子どもを預けたいとは思わないな。お金と教育が比例関係にあるとは思いたくないし。

ヘイバースは着るものに拘らないという設定なのだろうけれど、だぶだぶのポロシャツ姿に、ウーン…。
今回は、前回の重厚な雰囲気とは違い、犯人も最初から予想がついて面白味はなかったけれど、家族のことでヘイバースを気遣うリンリーの優しさに、リンリー警部への好感度が増してきた(^^)
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/7839078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2008-05-05 09:17 | 海外ドラマ(英G~L) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de