碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「モンテーニュ通りのカフェ」

「モンテーニュ通りのカフェ」  (2006年 フランス映画 監督ダニエル・トンプソン)

映画のコピーは「人生に恋をした」。幸せな気分に浸れる映画です。
「カフェ・ド・テアトル」は、エッフェル塔を見上げるモンテーニュ通りにある。そのカフェで働き始めたジェシカは、常連客と顔なじみになり、彼らの人生の一端を垣間見ることになる。

有名な女優のカトリーヌは、今の仕事に満足していない。もっと実力を発揮できる仕事をしたいと思っている。そんな彼女にチャンスがめぐってくるのだが…。自分の感情をストレートに表現してしまう彼女の態度には、ちょっとあきれてしまうけれど、彼女のようなバイタリティーがなければ、女優なんて仕事はやっていけないのかも。彼女のタフさに拍手。

演奏会を控えたピアニストのジャンは、世界的な名声を得ているものの、満たされない思いを抱えている。彼のスケジュールを管理する妻に話しても、妻にはわかってもらえない。そんな彼は、演奏会の途中であることをしてしまう。その行為に笑ってしまうが、確かに演奏会で正装する必要はないのかも(^^)。少しお休みしたほうが、今後のためにはよいと思います。ハイ。

美術収集家のグランベールは、自分の人生とコレクションを天秤にかけて、コレクションを売ってしまうことを決意する。オークション会場で、亡き妻が愛した彫刻を息子が競り落とすシーンに、最初から言えればよかったのにと思った私(^^;)。その彫刻の名は「接吻」。ラストシーンのジェシカに、物語がバトンタッチされた洒落た脚本だ。

すべてが丸くおさまるハッピーエンドの結末。こういう映画がもっとあればいいのに。って前にもいっていた気がするけれど、ホント、こういう映画は楽しくて好き!
by mint-de | 2008-05-11 13:40 | シネマ(ま~わ) | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/7880054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-06-15 00:16
タイトル : 『モンテーニュ通りのカフェ』
4月に観たい観たいと騒いでいた『モンテーニュ通りのカフェ』をやっとのことで観てこれました。 こんなに長い期間上映していてくれたユーロスペースさんに感謝。 劇場や高級ホテル、有名メゾンなどが並ぶ由緒正しき街、パリ8区のモンテーニュ通り。マコンから憧れを抱いて... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-04-04 15:38
タイトル : 『モンテーニュ通りのカフェ』
コンサートホールのオーケストラな厳粛、 喜劇舞台の笑いと癒し、オークション会場の緊迫と思惑。 隣接するカフェを介して交差する、それぞれの人生劇場へようこそ。 『モンテーニュ通りのカフェ』 FAUTEUILS D'ORCHESTRE 2006年/フランス/106min 監督:ダニエル・ト... more