「リンリー警部 捜査ファイル」 第13話

「炎に隠された心」 後編

事件の真相は、リンリーが見破った、ケネスとガブリエラが仕組んだ八百長試合と、オリビアのミリアムは夜中に帰ってきたという証言によって、暴かれた。
ケネスは離婚費用が必要だったのに、ミリアムが作った財団のせいで、お金に困っていたのだ。二人の悪事を知ったミリアムは、ガブリエラさえいなければという思いで、放火したのだった。しかし、別荘にいたのはガブリエラではなく、旅行に行っているはずのケネスだった。

ジミーは母親をかばい、自分がやったといっていたのだ。オリビアは、ジミーの逮捕を知り、真実を話す決意をした。最後まで自分は悪くないというミリアム。ケネスを救い、娘のオリビアも許してやったのにと叫ぶミリアム。この人にとっては、子育ても慈善事業みたいなものだったのかもしれない。
長くは生きられないオリビアが、捨て鉢な生活から脱け出し、ジミーのために、正しいことをしたのは、確かに勇敢な行為だった。

ヘイバースのアパートには、可愛い隣人ハディヤがいた。人付き合いが苦手なヘイバースが、ハディヤの誕生会に誘われ、プレゼントをもって行く気になったのは、リンリーと一緒にトーストを食べたせいかもしれない(^^)。
リンリーが、ヘイバースのために冷蔵庫を運び、食器入れの引き出しに、ヘイバースが慌てて突っ込んだ下着を見てはいないことにして、何事もなかったかのようにトーストを食べたのには、かなりビックリしたけれど…(笑)
リンリーは、ヘイバースの仕事振りを尊敬しているらしい。滅多にお世辞をいわないリンリーの言葉に、ヘイバースの気持ちも、だんだん優しくなっていくようだ。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/8193052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2008-06-30 14:25 | 海外ドラマ(英G~L) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de