優しくて、ほめ上手

歯の定期検診にいってきた。
診てもらっている歯科医院には、とても優しい歯科衛生士の女性がいる。
話し方が、とても柔らかくて丁寧で、ほめ上手!
歯の汚れ具合のチェックをして、汚れている部分があっても、決して叱るような言い方はしない。大変かもしれないけれど、丁寧に磨いてくださいねと、幼稚園の先生のような言い方で諭される(^^) 
こういう風にいわれると、面倒くさいよと心の中で思っていても、「ハイ!」と返事をしてしまうから不思議だ。高圧的にものを言われるより、優しく言われた方が素直になれるなあと、改めて実感する。
毎日、歯間ブラシと歯ブラシで丁寧に磨いているので、今回は汚れがなくて、ほめられた!努力が認められるのって、気持ちがいいな。
人にほめられるということが、ほとんどない生活をしているので、何だかとってもうれしい。
子育ては、叱るよりほめろといわれているけれど、今頃になって、そういう子育てができなかったことが悔やまれる(^^;)
優しい歯科衛生士さんは、まだまだ若い女性だ。きっとほめ上手なご両親に育てられたのだろうな。治療費を払うので待っている間、待合室にあった相田みつをの本をパラパラとめくったら、「育てたように子どもは育つ」という一文があって、「こんな風に育てた覚えはない」と、いつも思っている私は、さらに落ち込む。
若い彼女に、いろいろと教わった日なのだった。

d0129295_14515349.jpg
by mint-de | 2008-07-08 15:00 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de