「リンリー警部 捜査ファイル」 第16話

「正義の果て」 前編

原作では、シリーズの一番古い年のエピソードで、リンリーがデボラとの結婚を控えて実家に帰る話。ドラマの登場人物には、それほど違いがないので、うまく話を作リ変えた脚本と原作との相違を面白く見た。

リンリーは結婚するヘレンを伴い、実家へ帰る。
ところが、屋敷の領地管理人ジョンの娘であるナンシーの夫ミックが殺害され、リンリーは結婚式どころではなくなる。ミックが殺害される直前に会っていた、リンリーのいとこシドニーの男友達ジャスティンと弟のピーターが何も語らないのは、何故なのか?ミックをよく思っていなかったジョンが逮捕されてしまうが…。

リンリーは、父親が重篤の時に、母親が主治医であるトレナローと関係があったことを、今でも許せないでいた。トレナローがリンリーに「大人になれ」っていっていたけれど、私だったら、「アンタにいわれたくない」って思うだろうな(^^)

弟のピーターは、困った弟。自分の弱さを人のせいにしてしまう人間は、嫌いです。
恵まれているように見えるリンリーだけれど、彼にも悩みはあるのだった。
ヘレンに仕事のことは忘れてといわれながら、あの屋敷にいるよりヘイバースと一緒に現場にいるほうがリラックスしていたリンリーなのだった。
ヘイバースも招待されて、リンリーに名前で呼んでっていわれ、できないと答えたシーンに笑う。トミーとバーバラでは、違和感ありまくりなのだ。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/8314126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2008-07-21 15:12 | 海外ドラマ(英G~L) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de