「LOST」 第4シーズン 第73話(4-1)

「選択」

<島>
ロックは何故ナオミを刺したのか? ロックの行動に、怒り心頭に発するジャック。ロック同様、木に縛られたベンも、ナオミのいう救助は、本来の救助ではなく、島にいるみんなの死を意味するという。
衛星電話が鳴り、男の声がナオミをだせというが、いつのまにかナオミはいなくなっていた。血痕をたどり、後を追うジャックに、その血のあとはニセかもしれないと慎重派のケイト。結局、ナオミは、ジャックが追った道ではなく、ケイトがたどった方にいた。
だが、ナオミは、電話の男にロックに刺されたとはいわずに、自分で怪我をしたといって死んでしまう。
ケイトたちのためにウソをついたということは、やはり、船にいる人たちは悪だくみ集団なのかも…。

一方、海岸で戦っていたハーリーたちは、救助されると聞き大喜び。ハーリーは、毎日見ていた海に飛び込み、喜びをかみしめる。しかし、喜びもつかの間で、海中から戻ったデズモンドから、チャーリーが死に、救助の船はペニーの船ではないと聞かされる。海岸組は真相を話すために、ジャックたちのもとへと移動する。
途中、ハーリーは、チャーリーの死にショックを受けたせいか、あのジェイコブの小屋でイスが揺れているのを目撃する。それは、幻影だったのだろうか? パニックに陥ったハーリーの前に、ロックが現れる。
そして、そこに海岸組とジャックたちもやってくる。ロックに殴りかかり、ピストルを向けて怒るジャック。
ロックは、チャーリーの言葉を信じて救助隊を避けるために、警備装置のある宿舎に行く、みんなのためだ、自分についてきてほしいという。その言葉に従うハーリー、クレア、ソーヤーたち。

しかし、ジャックとケイトは、救助を待つために、飛行機の残骸の前にいく。雨音にまじって、ヘリの音が聞こえてきた。降りてきた男は「ジャックか?」と聞くのだった。
ジャックは、どうして、チャーリーの言葉を信じようとしないのだろうか? 
ナオミの仲間たちがどんな人間なのかも知らずに、ヘリに乗ってしまうのだろうか?

<フラッシュフォワード>
ハーリーは、愛車のカマロをぶっ飛ばし、警察に捕まる。ハーリーは、救出後「オーシャニック6」と呼ばれているらしい。ぶっ飛ばした原因は、コンビニのレジの前で何かを見て、パニックになったのだ。ハーリーは、海の中のチャーリーの幻影を見たのだった。
また、精神科に入院してしまうハーリー。
そのハーリーを、ひとりの男が訪ねてくる。「彼らは生きてます?」と聞く男。
島に残った者のことを、救助された人間以外は、知らないようだ。
確かに、ソーヤーなどは生きていることを知られたくないだろうけれど、本当に島にいたいのだろうか?

男を追い払ったハーリーの前に死んだはずのチャーリーが現れる。
「やるべきことから目をそむけている」「彼らには君が必要だ」というチャーリー。
それは、迷い続けているハーリーの心が生んだ幻だったのかもしれない。
その後見舞いに来たジャックに、「俺たち間違ってる」「島に戻れと呼んでいる」と、苦しそうにいうハーリー。しかし、ジャックにはその気が全然ないらしい。第3シーズンのラストでは、島に帰りたいといっていたので、あのシーンはこのもっと後だということになる。ジャックもいろいろ心変わりをしている様子だ。
一体、救出時に何があったのだろう?

謎が増えるばかりだけれど、描かれた世界を楽しみたいと思っているんで、ちゃんと、物語の結末まで納得のいく世界を作っていって欲しいと思う。
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/8577392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2008-09-08 15:59 | 海外ドラマ(LOST) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de