碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「ラースと、その彼女」

「ラースと、その彼女」 (2007年 アメリカ映画 監督クレイグ・ギレスピー)

ラースは、シャイで人付き合いが苦手。恋人もいない。
そんなラースを心配した兄嫁のカリンは、しきりに彼を食事に招こうとするが、ラースはなかなか誘いに乗ろうとしない。ところがある日、ラースが恋人を連れてきた。
なんとそれは、人間ではなくリアルドール。
兄のガスは、頭がおかしくなったと嘆くが、ラースは真剣そのもの。
兄夫婦は、ラースがビアンカと名付けたリアルドールを医者に診せることにして、ラースを病院へ連れていく。
バーマン医師は、ラースの体に異常はないので、ラースが妄想を抱いている間は、ラースに話をあわせるようにと告げるのだった…。

ラースの不幸だった過去が、今の彼をつくってしまったのだ。
そのことで、自責の念にかられる兄。

兄夫婦は戸惑いながらも、ラースとビアンカを受け入れ、周囲の人たちも事情を聞き、優しく協力する。
映画を見ていると、不思議なことに、ラースのビアンカへの対応よりも、ラースへの周囲の人々の反応が気になってくる。
それは、神父がいっていたように、ビアンカによって人々が試されたということなのだろう。
私たちが普通持っている感情や行動力を、何かが邪魔をして、人並みに持てない人間もいる。
人間は皆、それぞれに違いがある。他人をどう見るか、他人とどう接するか。
ラースに対する周囲の気配りに、胸が熱くなってくる。寛容な心の素晴らしさ。
特に、オバサンたちが優しい。母親の愛情を知ることができなかったラースにとって、それは母性愛ともいえる愛情に触れた貴重な体験だった。ラースに想いを寄せるマーゴの態度もとてもいい。周囲の温かさが、彼に何かを教えてくれたのだろう。ビアンカに対するラースの変化は、周囲からの影響だったのだ。

ラストは、ラースの再生を思わせるシーンで終わる。
人との関係を築いていくには、まず理解しようと努めること。
そして、結果を急がずに見守ることの大切さ。

テディベアへの人工呼吸など、微笑ましいシーンがいっぱい。とても気に入った映画だ。
by mint-de | 2008-12-25 14:42 | シネマ(ま~わ) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/9109672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。