「女警部ジュリー・レスコー」

「女警部ジュリー・レスコー」の新作を観終えた。
フランスで1992年から放送されている長寿ドラマ(ミスチャンでは78話まで放送)。
ミステリチャンネルで、たびたび再放送もされているので、いつもジュリーさんを見ている気がする(^^)
パリ郊外の警察署の署長として働きながら、離婚して二人の娘を育ててきたジュリー。
警察ミステリとホームドラマがミックスされたつくりで、家族を愛し、部下を守り、決して権力におもねないジュリーがとても魅力的だ。ラストには、いつもホッとするシーンが用意されている。刑事ドラマによくある暗さがないところも気に入っている。
今回の新作、楽しみにしていた私の目に、信じられないジュリーさんの姿が…。
あの美人のジュリー・レスコーさんも、年にはかてないのはしょうがないとしても、お腹のでた太目のお姿に、ウウウゥゥ…。
でも、パリに異動になった新作2本では、体型が戻った様子で一安心(^^)
でもでも、ピエールやパヴェルはどうしたの? ピエールの弟はひどい男だったけど。
全然説明がなくて、混乱する。
今までの田舎っぽい感じがなくなってしまったのは、ちょっと残念だけれど、新しい職場もなかなかいい。みんな若くて、新鮮な感じ。ストーリーもテンポも悪くないと思う。
これからは、パリの風景も楽しめそう(^^)
by mint-de | 2009-01-10 14:35 | 海外ドラマ(H~N)

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de