「SPIRAL~連鎖~」 第5話

エリナの妹ソフィアは、遺体で見つかった。持ち主不明の冷凍庫に吊るされていたのだ。冷凍庫の中なので、死亡日の特定は困難だった。検死の結果、縛られ性的な暴行を受けていたが、直接の死因は手首からの出血で、浴槽で自殺し、死後、吊るされたということがわかる。ソフィアのポケットに入っていたキャッシュカードの明細が、唯一の手がかりだったが、水に濡れていて判読は難しかった。その情報をジルから聞くミシェル。見返りにジルは、ヤクをもらう。

ベルトは、父親からレイプされていると訴えている娘の話から、父親を尋問するが、父親はそんなことはしていないと怒り出す。ベルトは家にいき、母親に知っているか尋ねるが、その母親はテレビを見続け、夫にも娘にも関心がない様子。娘は、妹も同じ目にあっているというが、妹は事実を話そうとしない。検事の前で、父と娘一緒に話を聞くことになるが、父親は娘のでまかせだというばかり。娘は、自分を苦しめている父親への怒りから、パパは窓から銃で人を殺した、強さを誇示して私を逆らわせないようにしたと、突然いいだす。驚いたベルトが、その事件を調べると、黒人の作業員が事故死していた。頭に銃弾のあとがあったのに、黒人だったせいか、いいかげんな検死と捜査だったようだ。結局、妹も姉と同じ証言をしたが、この父親は黒人を殺したことは認めても、娘はレイプしていないと言い続ける。黒人を殺したことより、娘をレイプしたことのほうが許されないことだと彼は思っているのだろう。とんでもない父親である。

弁護士ジョセフィーヌ・カールソン
カールソンは、クレマンから自分の離婚の弁護士になってほしいと頼まれる。クレマンに、自分のクールな仕事振りを評価してもらって、満更でもない様子のカールソン。赤ちゃんを殺されたアンドルーが訴えられている件で、ルロワから話題づくりのために記者を紹介されたカールソンは、依頼人を見世物にするのかと反対するが、結局、アンドルーを記者に会わせる。アンドルーは、記者の質問中にも酒を飲み、精神状態はどんどんおかしくなっている様子。

判事フランソワ・ロバン
アンドルーは、ナイフをもってロバンの部屋にやってくる。自分の首にナイフをあて、あんたは冷酷で意地の悪い男、子どもが殺されたのは私のせいだなんて、私を苦しめたいだけだと、今までの憤りをロバンにぶつける。ロバンもさすがに慌てて、裁判ではっきりするのだからとなだめる。表沙汰にしなかったのは、彼なりの罪悪感の表れか? しかし、裁判の結果は、アンドルーの思いとは逆だった。予想できないことの結果だったのに、有罪になってしまったのだ。刑罰は免除になったものの納得できないアンドルーは、絶望して、橋の上から身を投げる。その場所にでかけたロバン。彼は、何を思ったのだろう。

警部ロール・ベルト
ベルトは、ソフィアのカードの明細が解読できたことをクレマンに報告する。そのカードはフェイのものだった。クレマンと一緒にフェイを尋問中、フェイは誰もソフィアと面識があるかと聞かなかったとうそぶく。その言葉に切れたクレマンは、フェイに殴りかかり、取っ組み合いになってしまう。呆れた表情のベルト。

検事ピエール・クレマン
クレマンは、ロバンから、フェイがソフィアを知らないはずはない、何故手帳を盗んだ、友だちには気をつけないと経歴に傷がつくぞといわれるが、未だにフェイを信じているクレマンは、経歴より友だちが大事だという。しかし、フェイがソフィアを知っていたとわかり、愕然とする。そして、事実を自分で調べようとしたクレマンは、ソフィアの写真をもって、ソフィアが買物をしたモロー美術館にいく。クレマンが、係員に写真を見せて聞いているところを、たまたま館内にいたラボルドが見てしまう。

ラボルドは、フェイにそのことを話し、何とかしろという。フェイは、クレマンをかばい、断ったらというと、さあなと、不気味に返すラボルド。フェイにも、クレマンに対するそれなりの友情があったらしい。友だちに裏切られても、フェイのことを憎みきれないクレマン。友情とはそういうものなのかな?
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/9529970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mint-de | 2009-03-30 14:14 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de