碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「デスパレートな妻たち」 4-8

「過去の亡霊」

ガブリエル
ビクターが死ぬ展開にはならないだろうと思っていたけれど、彼がこの先、ガブリエルとカルロスをどう攻めていくか興味津々。市長という立場上、みっともない真似はできないと思うけれど、ドロドロの愛憎劇っぽいところが、妙におかしい。カルロス、昔は威張っているタイプだったけれど、最近は、なんだか気弱なクマさんみたい(ヒゲのせいかな?^^)。ガブリエルは、決してめげない女。その強さはどこからくるんだろう?

スーザン
相変わらずそそっかしいスーザンに笑う。マイクにヤクを売っていた男を医学生と聞いただけで、ジュリーと会わせようとするなんて。ジュリーのために、マイクが男の正体をバラして自分のしたことを明らかにしたのはいいこと。マイクは、それで、もう薬をやめるのかと思ったら、まだまだその気はないようだ。仕事ができなくなるとかいっているけれど、それだけが理由なのだろうか?

ブリー
すっかり自分が出産した気分のブリー。彼女は一つのことに夢中になると、それしか見えなくなるタイプ。赤ちゃんのことで頭がいっぱいの彼女は、夫や息子がどう思うかなんて関係ない。こういう人と生活するには、よほど理解のある人じゃないと、一緒にはいられないと思う。アンドリューが家を出たのは正解だと思うな。アンドリューは、随分大人になった。

リネット
なんだかんだいっても、やはり母と娘。リネットとステラがわかりあえてよかった。ステラが、元夫のグレンと一緒に暮らせるようになったのもよかった。しかし、自分の夫がゲイだと知った妻の気持ちって、どんな感じだろう。想像できないけど…(^^;)
by mint-de | 2009-05-28 15:13 | 海外ドラマ(A~G) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/9786441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。