碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「リンリー警部 捜査ファイル2」 第7・8話

「願うだけなら」
今回は、「それはないんじゃない?」という展開で、全然感情移入できなかった。
愛する女性のために、彼女の夫を殺したテッサ医師。
人の命を救う側の人間が、身重のヘレンに怪我を負わせて赤ちゃんも殺してしまったわけで。
それも、自分が犯人に疑われないようにするためだったなんて…。
かなり身勝手なお医者さんだったけれど、殺されたフィネガン教授も、これまた勝手な男。
犯罪心理学者でありながら、DV夫で女たらし。
法廷では、夫の暴力に耐えかねて夫を殺害してしまった女性の正当防衛を認めず、
明らかな殺意があったとして、釈放を認めさせない発言をしたりしていた。
女を好むのは結構だけれど、学者としては、ちゃんと仕事をしてもらいたいもの。

ヘレンは気の毒なことになったけれど、だからといって、リンリーと距離をおきたいというのは、何故? 
妊娠にとまどっていたリンリーの態度が、面白くなかったのかな? 唐突な展開にビックリした。
夫婦というのは、こういうときこそいたわりあうべきなのに、自分から逃げ出すヘレンにも、
それはないんじゃない?

リンリーの私生活よりも、ヘイバースをもっと活躍させてほしいな。
by mint-de | 2009-06-08 13:54 | 海外ドラマ(英G~L) | Trackback
トラックバックURL : http://mintmmks.exblog.jp/tb/9833308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。