カテゴリ:木陰日和( 423 )

早咲きの桜

d0129295_15532832.jpg

早咲きの桜を見てきた。
春なのだ。

何年かぶりでおはぎを作った。
義母と一緒に作っていたときは、面倒だなあなんてちょっぴり思っていたけれど、そのまま使える市販のあん(サザエ食品のがおいしい)を使うと、とても簡単。
作りながら、昔の人は偉いなあと思った。義母は、あんも小豆から煮て作っていたし、お赤飯も小豆をゆで蒸し器で作っていた。義母が亡くなってからは、我が家のお赤飯は、小豆と汁が袋に入っている炊飯器で簡単に作れる「赤飯の素」を使用。手抜きのお赤飯だ。そのうち蒸し器に挑戦してみようかな。

公園には、見事な花をつけるハクモクレンの木があって、毎年見るのを楽しみにしていた。
ところが、今年見に行ったら、木がない。どうも切られてしまったらしい。1月の大雪でかなり木が折れていたから、処分されてしまったのだろう。残念だ。

もう見られないハクモクレン(3年前撮影)
d0129295_15535377.jpg

by mint-de | 2016-03-20 15:55 | 木陰日和

本が好き

最近、本をあまり買わなくなった。
もっぱら図書館で本を借りて読んでいる。
でも、大手の書店や取次会社が破産するニュースを聞くと、何だか申し訳ない気持ちになる。
図書館予約だと、人気のある作家の場合、200人待ちとかになってしまうのだけれど、いつかは読めるだろうと思うと、やはり買うよりひたすら待ってタダで読みたいと思ってしまう。
でも、この200人とかの数字を思うと、タダでいいのかとも思う。
公立の図書館であっても、1回借りるごとに、10円とかほんのちょっとのお金を払うシステムにして、出版社や著者にお金がいくようにしたらどうだろう。
出版不況になって、本自体が出版されないなんて時代がこないために、何か対策をとったほうがいいのではないだろうか?
昔は電車に乗ると、新聞や本を読んでいる人が多かったけれど、今は、ひたすらスマホを見ながら指を動かしている人のほうが多い。
「本の時代」がなくならないことを祈るばかりである。

d0129295_15162252.jpg
 
by mint-de | 2016-03-15 15:18 | 木陰日和

クロッカスが咲いた

d0129295_1525937.jpg


先日の暖かさで、クロッカスの葉が一気に伸び、黄色い花が咲いた。
毎年、青や白より早く咲く黄色のクロッカス。
春の予感!

ニュースを見ていると、そんな事件があるのかと驚くことが多い。
いろんな出来事を見ていると、人間不信になりそう。
そんなときは、マイワンコの頭をなでる。癒やされるなあ~
以前、「志村動物園」で、犬の出産シーンを見た。
母犬は誰にも教わらないのに、生まれてきた子をなめ必死に生かそうとする。
その母性本能に感動する。
高度な知能を持っているはずの人間だけれど、ときには、とても愚かだったりする。
ニンゲンハフシギナイキモノデス。

d0129295_1533241.jpg

by mint-de | 2016-02-17 15:04 | 木陰日和

2月

もう2月だ。明日は立春。
寒くとも春が近づいていると思うと、気持が明るくなる。
庭の梅や椿も咲き始めた。
1月に降った雪で、公園の木の枝がいっぱい折れていた。
細い枝より太い枝の方が折れていて、多分、面積が広い分、積もった雪の量が多くて折れてしまったのだろう。太い方が強そうだと思うけれど、細い方がいいこともあるということかな。
木を見ながら、人としては、しなやかな枝のような人でいられたらいいなと思ったのだった。

1月の雪で庭の花はしおれてしまったが、鉢のプリムラジュリアンは元気。

d0129295_1652924.jpg

by mint-de | 2016-02-03 16:07 | 木陰日和

江戸前天ぷら

d0129295_15101527.jpg

d0129295_1510309.jpg


今年も浅草寺と浅草神社へ。
浅草寺は、いつも通り混んでいる。その混雑ぶりに感心する(笑)
驚いたのは、さい銭箱の奥に警備員が立っていたこと。
変なものを投げてこないか警戒している? 
金網の中に入っていたけれど、硬貨が自分に投げられているような気分になるんじゃないかなあ…
「ご苦労さまです」といいたくなった。
浅草神社では、「大丈夫」お守りを今年も買う。なんだか安心する(^^)

お昼は、初めて江戸前の天ぷらを食べた。
有名な「大黒家」の前は30人ほどが列を作っている。よく待てるなあと感心。
天ぷら屋さんはここだけじゃないので、今度は「中清」へ。
うれしいことに誰も待っていない。ちょっとお値段は高いけれど、カウンター席なら2800円から食べられる。ごま油で揚げた天ぷらは、どんな味かなあと想像していたけれど、ここの天ぷらは見た目も茶色っぽくなく、ものすごくあっさりした味だった。
こちらの天ぷらは胸やけしないと、何度も通っている方がおっしゃっていた。
ずっと食べたいと思っていたものが食べられて、満足、満足。
でも、「大黒家」のも食べてみたいかも(^^)
by mint-de | 2016-01-07 15:13 | 木陰日和

おめでとうございます

おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
お正月の仕事も終わり、やっと自由時間。
昨晩は、おせちにも飽きたし諸々のことで疲れたので、外食。
中華を食べたのだけれど、お客さんが多くてビックリした。
昔は、三が日はお休みの店が多かったけれど、今は結構営業している店が多いので、疲れた主婦にはありがたいことです(^^)

大晦日の夜は10時過ぎに寝てしまう。
テレビはつまらない番組ばかり。制作側が頭を使わないのか、それとも視聴者をバカにしている?
早く通常の番組に戻ってほしいな。
親せきが買ったおせちを持ってきてくれたのだけれど、なますもきんとんも私が作ったほうがおいしいと思った(^^)

息子が南国の海で撮ったカメさん
d0129295_1672174.jpg

by mint-de | 2016-01-03 16:08 | 木陰日和

ご訪問ありがとうございます

おせち料理も作り終わり、やっとのんびりした時間。
今年は子どもたちがいないので、夫婦二人だけの年越しだ。
いつか、一人で正月を迎えるときがくるのかもしれないなあと、ボンヤリ思う。
夫はそういうのは寂しいというけれど、私はそうでもないな。
一人になったら、のんびり一人旅にでかけ、各地のお正月風景などを見て回りたいな。
日本に住みながら、知らない土地の方が多いのだ。いっぱい見聞を広めたいな。

世の中、とんでもない事件やうんざりする出来事や、その他もろもろ暗い気持ちになることが多いけれど、それでも自分なりに楽しむ術を探して生きていく、それが人生なのだというのが、今の私の気分だ。

投稿の少ないブログですが、読んでいただいてありがとうございます。
どうぞ皆さま、よいお年を!

d0129295_11464068.jpg

by mint-de | 2015-12-31 11:47 | 木陰日和

ロウバイ

d0129295_15462883.jpg


年末の大掃除は、ほぼ終了。
今日は、一日早く、クリスマスケーキを作った。
毎年、娘がデコレーション担当なのだけれど、今年は出張でいないので一人で作る。
生クリームの泡立てが柔らかめだったせいか、うまくスポンジにくっつかない。
結局、ものすごく雑な作りのケーキになってしまった。
これでもいいやと思ってしまうのは、年をとって作るということが面倒になったせいかもしれないと、反省する。でも、食べたらまあまあおいしかった。
食べながら思ったのだけれど、クリスマスって何だ?(笑)
クリスマスというのは、日本の年中行事になってしまっているけれど、クリスチャンでもないのにクリスマスを祝うというのは、どうなんだろうねと、今更ながら思ったりする。
日本の場合は、年末を控えて、一年の締めくくり的な感謝の気持ちを表現する催しになっているのかもしれないけれどね。
もっとも我が家はケーキを作るだけで、クリスマス料理は作らない。クリスチャンじゃないから。
ただ、ケーキだけは食べたいから作っているというのが、本音だったりする。

暖冬のせいか、公園の紅梅がもう咲いていた。ロウバイもぽつぽつ咲いている。
冬は始まったばかりだけれど、花の色に早春を思う。
by mint-de | 2015-12-23 15:50 | 木陰日和

紅葉日和

d0129295_19573313.jpg

年末の大掃除ということで、不用なものを片付けている。
毎年、捨てようかどうしようか迷ってしまうものがあるのだけれど、ずっと使っていないのだから思い切って捨てようと思い、どんどんゴミ箱へ。
食器棚を整理していたら、箱入りの古そうな茶托があった。使うには大きすぎるのでポイだなあと思いつつ一番下にあった紙を見て、ビックリ。
輪島塗だった。昭和41年に買ったもの。当時の3500円って、どれくらいの価値があるのかな?
義母は使うことなく、この箱に入れておいたらしい。使われもせず、飾るわけでもなく、箱に入れられたままの輪島塗。もったいないなあ… 
でも、私も使わないから、やっぱり箱の中だ。捨てるという行為も、結構難しいものだ。
d0129295_1957746.jpg

d0129295_19575021.jpg

by mint-de | 2015-12-09 19:58 | 木陰日和

富士山を眺める

d0129295_14361360.jpg

山中湖の石割山に行ってきた。
富士山の眺めがよいハイキングコースと観光課のホームページに載っていたので、気軽な気持ちででかけた。
しか~し、これはハイキングではなく、立派な「登山」でしょと、登りながら思った私。
まず、石割神社の鳥居をくぐると、その先には長~く伸びる階段が!
400段くらいあるとか。最初からうんざりする私(^^;)
山頂前の道は、木の根が露出していて歩きづらく、結構急な上りが続いていて、かなりしんどかった。
それでも、頂上からは、富士山が真正面に望め、とてもいい眺めだ。
そこから平尾山へ向かったのだけれど、この道がまたすごい。
急な下りになっていて、ロープが張ってある。必死につかまって下りてきた。
そこから平尾山への道は歩きやすく、平尾山からの眺めは、石割山と高さが違うだけでほぼ同じような風景だ。苦労して石割山に登らず、コースの入り口から平尾山めざしたほうが楽だったかもと思ったのだった。
下山後、温泉へ。人が多かったのだけれど、聞こえてくる言葉は中国語。一瞬、異国感に包まれる(^^)
山中湖の周りには、いろいろハイキングコースがあって、ほかはもっと楽そうなコースなので、今度は違うコースを歩いてみようかな。

d0129295_14363575.jpg

d0129295_14365159.jpg

by mint-de | 2015-11-29 14:38 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de