カテゴリ:社会畑( 78 )

就活にフェイスブック

朝のニュース番組で、大学生の就活にフェイスブックが利用されていると聞き、違和感を覚えた。
企業が、面接だけではわからないその学生の個性を、フェイスブックから判断しようというもの。
確かに「素の顔」を知ることはできそうだ。でも、友達の数で社交的かどうか計れるとかいっていたけれど、それは、あくまでもネット上のこと。実際に会って付き合うのと、ネット上のやり取りでは質が違うだろう。
それに企業がフェイスブックを利用しだしたら、「気に入られるフェイスブック」と題して、その対策のための講習会とかがでてくるだろうから、就活用のフェイスブックになってしまって、「素の顔」は消されかねない。
大体、今の就活はちょっとおかしいと思う。エントリーから書類選考を経て、面接が3回くらいもある。
それを何社も受けるのだ。学生も疲れるだろう。その先の長い会社人生を考えたらそんなことで文句をいうなと言われるかもしれないが、あまりにも企業側の論理で仕切られている気がする。
あるラジオ番組で、もう少し簡素な入社試験にして、「こんな若者がこういう立派な社員になった。とてもうれしい」といった社長の話をしていて、企業が人を育てる意識をもてば、そんなに選考に頭を悩ますことはなくなる、というような話をしていた。
22歳から働きはじめて、何十年も働き続けるのである。今、どんな人間かよりも、これからどんな人間になるかが重要だ。
それを考えたら、22歳の若者をやたらめったら品定めしても、それほど意味はないように思えてくる。
学校の入試並みに、試験を1回、面接を1回でも十分ではないだろうか。

d0129295_1634495.jpg
by mint-de | 2012-04-19 16:35 | 社会畑

不安にさせる?

昨日の朝日新聞夕刊の記事。
6年前に国の原子力安全委員会が、原発事故に対応する防災指針を国際基準の見直しに基づき改訂しようとした際、経済産業省原子力安全・保安院が強硬に反対していたことがわかったというのだが、その理由に憤りを覚えた。
彼らはこういっているのだ。
「社会的な混乱を惹起し、ひいては原子力安全に対する国民不安を増大するおそれがあるため、検討を凍結していただきたい」
それって、本末転倒だろう。
国民を不安にさせるからやめてほしいというのではなく、不安を解消させるべくここまで安全を考えて見直しに努力したいというべきだし、不安にさせるからやらないというのは、まずいことは隠しておきたいと暗にいっているようなもの。
今回の事故を受けて、国際基準に合わせて改訂することに決めたのだそう。遅いよね。
NHKBS1の「震災後を歩く 海外ジャーナリストの見た日本」のなかで、中国人のビジネスマンは、日本の政府も東電も事実を公表していない、日本人は精神的に強いのだから、事実をいっても対応できると思う、というようなことをいっていた。
他国の人間のほうがちゃんと日本人を見ているのに、原発を仕切っている方たちのほうが、国民を馬鹿にしていて、理解していないのではないか。私はそう思っている。
by mint-de | 2012-03-16 21:07 | 社会畑

鎮魂の日

あの日から1年。
ニュースなどで、ガレキが片づけられた町を見ると、人の力ってすごいなあと思う。
被災されたみなさんもとても明るくて、前向きで、えらいなあと思う。
金曜日の夜、NHKで原発から20キロ圏外の南相馬市に住む人々の姿が放送されていた。
圏外でも避難した人たちはいっぱいいる。
それでもその土地で、不安を抱えながらも生活している人々。
育てた稲を捨てざるをえなくなり、可哀想だと稲穂をなでていた農家の方がいた。
その姿に、言葉がない。
地震と津波は自然災害だ。
でも放射能は、誰かの怠慢とおごりのせいでまき散らされたのだ。
その後の避難指示や対応もひどいものだったと、だんだんわかってきた。
これらのことを教訓として、危機管理をもっと徹底してほしいと思う。
それにしても、今度は首都直下地震に備えなければならないという。
いろいろ準備ができるとしても、いつくるかわからない危険におののきながら暮らすというのも酷な話ではある。
ケセラセラ的に生きていくしかないのかもしれない。
by mint-de | 2012-03-11 15:06 | 社会畑

復興支援宝くじ

「東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ」の広告を見て、違和感が…
一等は前後賞を合わせると5億円とか。なんでそんなに大きな金額にするんだろう?
復興支援をうたっているが、予定している収益金288億円から支援するのは、その三分の一以下の88億円とか。当選金を除いた利益は結構な金額だ。結局、わけのわからないことに使われるんだろうな。
以前、どこかの公園であんまり人が使っていないような運動器具があって、そこに宝くじの収益金で作られたと記されていた。当たった人は大喜びだろうが、それ以外の人はいつも何かに寄付していることになるんだね。宝くじとはそういうものなんだけれど、たった一握りの人しか当たらないのに、「ホラ、ホラ、あなたもあなたも当たるかも」とその気にさせるCMは、騒々しくて好きじゃないな。

CMといえば、武井咲さんはすごい数のCMに登場しているね。
あんなに出てくると、「あっ、また武井咲」と思い、結局何のCMだった? なんていうときもある。
その商品のインパクトに欠けてしまうと思う。
広告会社も何を考えているんだろうね。
by mint-de | 2012-03-08 14:51 | 社会畑

石も嘆いてます

二本松市の賃貸マンションに使われたコンクリートから高い放射線量が計測されたという。
業者の方が「放射能の知識がなかった」といっていたけれど、土が問題になっていたのに石は大丈夫とどうして思えたのだろう?
管轄する役所の対応もお粗末。「どうしたらいい?」とただ右から左へ疑問を投げかけただけ。
本当に心配なら、必死に何とかしようと思うはず。結局、汚染された石は、あちこちで使われてしまった。
こんな対応では、これから先が本当に心配だ。
役所って何のためにあるんだろう? ガッカリすることのほうが多いな。
by mint-de | 2012-01-18 15:19 | 社会畑

真実をいいましょう

福島第一原発の事故収束宣言には呆れるばかり。
溶けた燃料がどういう状態にあるかわからないで、よくいえると思う。
ラジオを聞いていたら、ある大学の先生が「最低の国になってしまった」と憤っていた。
こういう状態でこれだけのリスクがあると、ちゃんといってほしいよね。
原発関連のニュースでは、いったい何を、誰のいうことを信じればよいのかわからないということが、一番困ったこと。
心配ばかりしていてもしょうがないと思う半面、自分で防げることは最低限やろうと思うけれど、すべてが「?」
この先、何十年もたってから問題がでてくるのだろうか?
小さな子どもさんがいるご家庭は、いろいろと心配だろう。
これ以上の被害がないことを祈るだけだ。
by mint-de | 2011-12-19 12:47 | 社会畑

その金額にビックリです

プロ野球選手の契約更改やFA選手の契約金の金額を聞くたび、複雑な心境になる。
1年で1億アップしたり5000万円減額だったり、その金額の大きさに、何だか宇宙のnazoのような現実感のない話を聞かされている気分になる。
それだけ実績が左右する厳しい世界なんだろうけれど、FAで移籍する選手を見ていると、やはりお金持ちの球団がいい選手を獲得してしまうし、お金が選手を支えているんだなあと改めて実感し、特定の球団を応援しているファンとしてはシラケタ気持ちになる。
選手は、ファンほどその球団を愛してはいないってことなんだね。
トレードもあるし、選手生命の短いスポーツだから、稼ぎ時に稼ぎたい気持ちは理解できるけれど、野球の試合を楽しみにしている身としては、今の時期は見たくないウラの世界を見せられているよう。
プロだからしょうがないけれどね…
by mint-de | 2011-12-14 11:30 | 社会畑

お金の使い方

大王製紙の井川前会長は20億円もカジノにつぎ込んでいたらしい。
よくもまあ、そんなに遊べるものだ。
巨額の借り入れの全容については、これから明らかにされるのだろうけれど、こんな額になる前に、どうして止められなかったのだろう?
チェック機能がお粗末だったのか、同族企業にありがちな上にモノがいえない雰囲気が災いしたのか、一生懸命働いている一般社員が気の毒だ。
それにしても、自分の楽しみのために、巨額の会社のお金を使うという神経がワカリマセン。
社員が汗水流して働いて作り出したお金。
社員のことを考えたら、こんな風には使えないだろう。
こういうニュースを聞くと、大の男がお金の使い方も知らないのかと呆れ、創業者の血をひくからといってその会社の長になってしまうというのも問題だと思うな。
by mint-de | 2011-10-21 15:40 | 社会畑

高放射線量

世田谷で放射線量が高い場所が見つかったけれど、福島第一原発の事故とは関係がなかったらしい。
そのニュースにはほっとしたものの、半面ちょっと恐ろしい。
民家の床下にあった瓶のラジウムが原因らしいが、テレビで見たものは瓶というより試験管のような小ささで、それ位のものでも、高放射線量を放ってしまうのだ。それと、誰も放射線というものを気にしていなかったなら、この瓶も発見されることはなかったのだ。世の中、知らないことはいっぱいあるのだ。
専門家の方は、通り過ぎるだけなら健康にはまったく影響がないといっているけれど、近くに住む人々にとってはショックだろう。
相当古い瓶らしいので、別の意味でいうと、それまでご近所の方がラジウムによる健康被害にあわれていないなら、毎時数マイクロシーベルトという放射線量もあまり心配しなくともいいということになるのかな?
それにしても、これからも放射線量を気にしながらの生活になるのだね。
いろいろと気をつけつつ、でも、あまり神経質にならずにやっていきたいと思う。
by mint-de | 2011-10-14 14:52 | 社会畑

運動会

あくまでも新聞に載っていた週刊誌の広告の見出しなので、どこまでが真実なのかはわからないけれど、愛子さまの学習院の運動会で、場所取りのために高齢の侍従が朝早く並んでいたらしい。
私が驚いたのは学習院のような学校でも、場所取りなどという「世俗的」なことをするのか、ということ。
うちの子の学校の場合は、そういうことは禁止されていたから、みなさん適当に空いている場所に席を取り、穏やかな雰囲気だった。
大体、自分が運動会が嫌いだったから、わが子の運動会もそれほど興味はなかったな(^^;)
親というのは、そんなに運動会でのわが子の姿を見たいものなのか?
運動会って、そんなに楽しいものなの?
学校と皇太子ご夫妻、侍従の関係についてはまったくわからないけれど、場所取りに並んだ侍従さんはどんな気持ちだったんだろう。想像すると、ちょっと同情してしまうな。
by mint-de | 2011-10-13 15:43 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de