カテゴリ:海外ドラマ(英M~R)( 11 )

ミステリーinパラダイス(シーズン3)

シーズン3の一挙放送で、第4話まで見た。
リチャード役の俳優さんが降板することは知っていたけれど、ああいう展開になってビックリ! 
何も殺さなくてもいいと思うのだけれど、リチャードの前任者もそうだったので、新しく赴任してきたハンフリー・グッドマン警部補の数年後が心配だ(考え過ぎ?)
リチャードのマイペースぶりと、南国に不向きなスタイルのミスマッチ感がおかしかっただけに、あまりにも普通のグッドマン警部補には、疑問符が…
でも、見続けているうちに、彼も面白くなった。
彼は、まったく空気を読まないリチャードとは違って、周りを気にするタイプ。
初回の遠慮がちな態度や、窓から落っこちたシーンに大笑いし、普通の彼にも好印象。
手帳を持たずに、ナプキンやその場にあったものにメモしたり、オノレー署の3人にいろいろ心配される様子が微笑ましい。
雰囲気としては、リチャードよりは南国向きかも。
ミスチャンの掲示板では、主役が変わって面白くないといった意見もあるようだけれど、私は彼でも十分OK。南国の風景に癒やされるこのドラマ。今後も楽しみだ。
by mint-de | 2014-07-23 15:34 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミステリーinパラダイス 2-3

今回は、美容整形外科医院の患者がプールで死んでいた事件。
最初は自殺と思われていたが、検視の結果を聞いたリチャードは、殺人事件だと判断する。
被害者が飲み残した、高価なお茶にこだわるリチャードがおかしい。そして、残された茶葉を署にもっていって飲んでしまった! めったに飲めないものなら、飲んでみたいという誘惑には勝てないかな?
犯人は、医院の経営状況を改善するために、犯罪に関わるビジネスを始めた精神科の医者だった。事実を知られそうになって犯行に及んだのだ。医院の仕事は白のケータイ、犯罪用は黒のケータイという説明に笑う。
署長は、事件の解決よりも島のイメージを大切にしたいんだね。事なかれ主義の長というのは、困りもの。
ラストは、オノレー署のみんなで「つるむ」シーンだが、ゲームまで推理ものだなんて、カミールじゃなくともうんざりするでしょ。
by mint-de | 2013-07-27 15:00 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミステリーinパラダイス 第2シーズン

「ミステリーinパラダイス」、第2シーズンの一挙放送で、2話まで見た。
1話のラストで、カミールがリチャードをデート相手と間違えたシーンにビックリ。
カミールは、島に慣れないリチャードを面白がって見ているような雰囲気だったので、この展開に「エッ!」
でも、リチャードにはその気はないだろうな。
リチャードの推理力に比べると、カミールの活躍ぶりがいまいちなので、もっとカミールにもがんばってもらいたいな。フィデルとドゥエインの二人もリチャードを理解し、リチャードも彼らの良さを認めて、捜査をするうえで、チームワークがとてもよくなった印象。
これからも、癒やし系のミステリードラマらしい展開を期待したい。

第2話の「奇跡の泉」には、「ミストレス」のリチャード役の俳優さんがでていた。
リチャードのシスター嫌いの話に、妙に納得。頑固者同士の対決って感じがして笑える。
このドラマがおかしいのは、南国の島なのに、スーツと革靴のスタイルで通そうとするリチャードの姿なのだが、「郷に入っては郷に従え」とは正反対の人間というのも、なかなか味があるし、面白いなあと思えてくる。
by mint-de | 2013-07-17 15:42 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミストレス 3-4


リチャードの葬儀を終えたトルーディは、彼のケータイに残されていた留守電を聞き、リチャードの相手がケイティだと知った。親友なのにと怒りを爆発させるトルーディに、感情は抑えられないけれど行動は抑えられる、何もなかったと必死に弁解するケイティ。ただならぬ二人の様子に、シボーンとジェシカもそばにやってくる。トルーディは、その二人もリチャードとケイティのことを知っていたとわかり、友達に裏切られた思いで深く傷つく。
4人は、連絡をとりあうこともなく5か月が過ぎたが、ケイティの呼びかけでまた集まった。
そこでジェシカが病気だとわかり、3人はジェシカを支えることに。

ケイティトルーディ
トルーディはまだケイティを許せないままでいる。ケイティは、なんとか友情を取り戻したいと思っている。
そんなある日、エイミーの居場所がわからなくなる。父を失ったエイミーは、悲しみを抱えたままで、ケイティに救いを求めるように会いにいったのだ。エイミーは、亡くなる前に父とトルーディが激しく口論していたのを聞いていて、トルーディに対してわだかまりがあったのだ。
ケイティの家に迎えにいったトルーディは、エイミーを抱きしめる。ケイティのお陰でエイミーと分かり合えたトルーディは、自分が怒っているのはもうリチャードに自分の過ちに対して言い訳ができないことで、自分を一番許せないのだという。ケイティとトルーディはやっと仲直りできた。

先週のラストで、ケイティがずっとリチャードを待っていたのは、トルーディとクリスのことをちゃんと話そうと思ったからだったのだね。彼女は恋よりも友情を選んでいたのだ。今シーズンのケイティは、トルーディより大人に見えた。

シボーン
葬儀にやってきたドミニクは、シボーンに行くなといってくれと迫る。シボーンは、きっぱりと拒否。
しかし、5か月後、彼女の誕生日にやってきたドミニクがアリスと別れたと知ったシボーンは、帰るドミニクを空港まで追いかけ、ずっと愛していたと告白する。
大切なものを失うのが怖くて正直になれなかったというシボーン。二人はその場で熱いキスをかわす。

シボーンのドミニクに対する気持ちがよくわからなかったけれど、結局そういうことだったのだね。
エルザにとってはいいことだけれど、ずいぶん回り道をした二人だね。

ジェシカ
先週のラストではてっきり妊娠したと思ったけれど、その反対で、病気になったジェシカ。
それでもマークとは別れ、病気でも彼の助けはいらないと彼を拒否。二人の幸せな時間はあっけなかったね。
ジェシカのがんは転移がなく完治するという医師の診断に、ジェシカはもちろん付き添いにいった3人も喜ぶ。
ジェシカを支えることで、4人の友情の絆は深まったのだ。

面白いドラマだった。このシーズンで終わりというのが残念。また復活してほしいな。
by mint-de | 2013-01-06 15:22 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミストレス 3-3

リチャードが死んでしまった。問題が起きたときに肝心の人間が死んでしまう設定って、脚本としては逃げている気がする。どういう結末になるのか興味津々だったのに、残念な展開だ。

ケイティ
リチャードとキスをしてしまったことを後悔して、これ以上リチャードと関わらないことを決意するケイティ。
そんなケイティに、トルーディが意外な告白をする。浮気をしてしまったことをリチャードに話すべきかと相談されたのだ。リチャードの気持ちがさらに自分に向いてしまうことをおそれたケイティは、自分に言い聞かせるように、絶対に言ってはダメだという。
しかし、罪悪感にかられたトルーディは、リチャードに浮気のことを話してしまう。そのことを知ったケイティは、自分がここにいることは事態を悪化させると考え、リチャードと連絡の取れないところへ行こうと決意。
電車を待っているケイティのもとへ、リチャードから電話がかかってくる。30分だけ待つといったケイティは、時間が過ぎてもずっとホームで待っていた。そこへ、シボーンから連絡が入る。リチャードの死の知らせだった。

ケイティは、ホームで何をいうつもりだったのだろう?
もう会わないというつもりだったら、時間が過ぎたら電車に乗ったはず。ただ、ちゃんと話そうと思っただけなのだろうか?それとも、別のことを考えていたのだろうか?

トルーディ
クリスと一夜を共にしたトルーディは、激しく後悔し、投資話を断り店もやめ、自宅で家庭菜園を始めようとする。そして、浮気のことをリチャードに話す必要はないとケイティに忠告されたのに、罪悪感から話してしまう。
それを聞いたリチャードは激高して、トルーディの出来心という謝罪の言葉に、意外な反応を示す。
本当の愛はその人のことが頭から離れないものだ、そんな風に軽々しく口にできないものなのだと。
リチャードのその態度に、トルーディはリチャードがほかの誰かを愛していることに気が付いた。
動揺したリチャードは、ケイティに会うために車を走らせた。そして、事故に遭った。

浮気を秘密にできなかったトルーディ。過ちをおかして、リチャードを愛していることに気がついたということらしい。リチャードはトルーディを責められないと思うけれど、結構怒っていたところが、勝手だなあと思う。リチャードが亡くなって、トルーディはものすごいショックだろうな。

シボーン
シボーンに好意を寄せているカメラマンのジェフとデートをするシボーン。そんな彼女を気にするドミニク。
ドミニクはまだシボーンに未練があったらしい。イギリスに住むはずだったのに、やはりアメリカで暮らすというドミニク。シボーンのそばにいると、気持ちが揺れるのだそう。

いまさら何をいっているんだろうね、ドミニクは。
それから、ずっと気になっていたのだけれど、エルザの父親だからといって、ドミニク夫婦がシボーンの家に泊まるのって、普通なのだろうか?あり得ない行動のような気がする。

ジェシカ
体外受精の治療のために、マークがシボーンから借りたお金を投資に使ったと知ったジェシカ。
マークを支えてきたジェシカだったが、ついに堪忍袋の緒が切れる。
もう一緒にいられないと、マークを家から追い出したが、その直後、ジェシカは体に異常を感じる。
やはり、マークはこういう男だったのだね。でも、ジェシカは今後どうする?
by mint-de | 2012-12-31 08:29 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミストレス 3-2

ケイティ
母親が実家を売却することにしたので、思い出の品を持ち出すために実家へ行ったケイティは、そこで父親の手紙を見てしまう。それは、愛人が父親に宛てた手紙だった。権利証書をとりにきて居合わせたリチャードは、見なかったことにして忘れてしまったほうがいいと忠告するが、ケイティはその手紙を持ってきてしまう。
ケイティの母親は、父に愛人がいるのを知っていたが、ケイティが父親のことを理想的な男として慕っていたので、黙っていたという。
母親のことを勝手な人間だと思っていたケイティは、両親に対して複雑な思いを抱き、ドミニクの結婚式でも、そのことが頭を離れない。リチャードは、両親が離婚をしなかったのはケイティのためだったのだと慰める。
そして、ケイティとリチャーはダンスをしたあとで、キスをしてしまう。

ケイティが父親のことでショックを受けるのはわかるけれど、自分だって不倫をしていたのに、そんな風に考え込むのかい?
リチャードも何を考えているんだろう?トルーディと考え方が違うのなら、もっとちゃんと話し合うべきだろう。トルーディからケイティに走ってしまうリチャードって、全然格好よくないな。

トルーディ
リチャードはトルーディが店を売ると期待していたが、トルーディはどうしてもその気になれない。主夫としてトルーディを支えてきたリチャードだが、自分も働きたいという気持ちもあり堪忍袋の緒が切れて、二人は険悪なムードに。
ドミニクの結婚式に向かう前、トルーディは仕事のトラブルに対処するため慌てて店へ。
そこへやってきたクリスは忙しいトルーディを見かねて、仕事を手伝ってくれる。
仕事を終えたあと、トルーディはやはり店を売りたくないとクリスに告げる。クリスは、トルーディに理解を示し、店を大きくするために協力してもいいとまでいってくれる。
そして、キスしてしまう二人。

こちらも意外な展開。クリスは最初からトルーディのことを気にいっていた様子。トルーディは仕事が第一なんだろうな。クリスに対する恋心とかってあるのだろうか?リチャードとうまくいかないので、その憂さ晴らしをしている気がする。

シボーン
ドミニクに、アリスはふさわしくないといってしまうシボーン。でも、言ったことを後悔しドミニクに謝る。二人の結婚式に出席したシボーンは、割り切れない思いを抱いたまま二人を見つめる。

シボーンには、ドミニクに対する愛情とかはないと思うけれど、娘の父親が自分とは正反対のアリスのような女性と結婚してしまうことに、違和感を覚えるのだろう。確かに、長続きしそうにないカップルかも…

ジェシカ
体外受精の治療を始めようとしたジェシカだったが、仕事がうまくいかないマークは家財を差し押さえられてしまう。新しく就職先を見つけ働き始めても、雇われるのが気に入らないのかマークはすぐに辞めてしまう。
そんなマークを見て、ジェシカは治療をやめる決意をする。

マークはちゃんと仕事をしないと困ると思うけれど、彼なりのプライドがあるのだろうね。こういう男でも、別れようとしないジェシカは深くマークを愛しているのだろう。
でも、お金がないと生活は続けられないので、この夫婦、ちょっと危ういね。
by mint-de | 2012-12-26 15:07 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

ミストレス 3-1

やっとシーズン3を観られてうれしい(^^)
今までは字幕版で観ていたので、吹き替えに馴染めなかったら困るなあと思っていたけれど、あまり違和感はなかった。あれから2年後の4人。彼女たちの人生はどう変わっていくのかな。

ケイティ
ケイティは、オーストラリアにいったらしい。でも、ダンとの生活は、ジャックのことがあってうまくいかなかったようだ。今は非常勤医師として働いている。
彼女は、忙しいトルーディの代わりに娘たちの面倒も見ていて、リチャードと会う機会が増している。突然ケイティの家にやってきた母親ヴィヴィアンは、そんな彼女に友達の夫と親しすぎると警告する。
リチャードは、妻がケーキ店の経営に必死になるあまり、勝手に行動していることに不満をもち、ケイティと二人で飲みたい心境だといって家を訪ねてくる。ケイティは、あなたが話すべきなのはトルーディだといって追い返した。

ケイティは、またもや他人の夫と関係をもってしまうのだろうか?
子どもたちのケンカに、男との関係より女同士の友情を大切にしなさいといっていたケイティ。なんだか暗示めいた展開だ。
ケイティの母親は、強烈なキャラ。勝手気ままな母親というのは、子どもからみたら迷惑至極。ケイティの恋愛がうまくいかないのは、母親の影響もあるのかな?

トルーディ
トルーディは店の経営に懸命だ。熱心すぎて家族との時間もあまりとれない状況だ。家を担保にして融資を頼もうとしたが、リチャードに反対される。そこでネットを利用して広告をだしたら、ある実業家から連絡があった。レストランをいくつも経営しているクリスという実業家は、トルーディに会うと、投資には興味がなく、店を買収したいのだと話し出す。
同席したリチャードは、オーナーとして働けば、もっと楽に仕事ができて家族との時間が取り戻せると喜ぶが、トルーディは不満顔。

トルーディはどうしたいのだろう。リチャードがトルーディの仕事に関与するのを避けているようだ。
なんだか愛情が失せてしまっているようにも見える。そんなに仕事が面白いのかな。

シボーン
娘と二人で暮らしているシボーンの家へ、娘の父親であるドミニクが誕生日のお祝いに訪ねてくる。
シボーンは偶然、ドミニクが持ってきた指輪に気が付く。自分へのものかもと考えたシボーンだったが、その指輪は婚約者への贈り物だった。突然現れたドミニクの婚約者に驚くシボーン。しかし、彼女は冷静に対応する。

今回、シボーンが一番落ち着いていた。前シーズンがとんでもない展開だったので、彼女はこういう役のほうが合っている気がする。庭のある家は、いかにもイギリスの家という感じで素敵だった。

ジェシカ
ジェシカは、流産してから妊娠の兆候がなく、ついに体外受精を選択することに。
高額な費用がかかるので、経済的にゆとりができたらというと、マークは子どもができないことで苦しんでいるジェシカのために、今やろうという。
仕事がうまくいかないマークは、お金を貸してやってもいいといってくれたシボーンのもとを訪れる。そこで、ジェシカには内緒でお金を借りようとする。

自由奔放だったジェシカなのに、こんなにも妊娠にこだわっている姿は痛々しい。
子どもを産みたいのに産めないということは確かにつらいことだけれど、それによって自分を追い込んでしまうのは体によくないね。
by mint-de | 2012-12-17 21:27 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

「ミステリー in パラダイス」

シーズン1が終わった。
リチャードに島にいてほしいから、ロンドンからの連絡をギリギリまで話さなかった署長。
リチャードも、署に戻ってすぐ連絡すればよかったのに、事件解決のヒントが頭に浮かび、事件を優先させたのは刑事魂からか。
帰れるとあんなに喜んでいたのに、電話が圏外でかけられないというオチには笑ってしまった。
ビーチに座ってビールを飲むくらいで、野生化しているというリチャード。
それでも、署のみんなが宝物だといえるようになったのだね。カミールは、みんなとひとくくりにされて不満そうだったけれど…
あくまでもロンドンでの勤務スタイルにこだわり、背広とネクタイ、カバンをもって仕事をするリチャードが、この島にどれだけなじんでくるのか、次のシーズンも楽しみだ。エピソードは13話くらいあってもいいのにな。
事件と、リチャードたちオノレー署の「チーム」の人間関係の描き方もバランスがよくて、本当に面白いドラマだった。
by mint-de | 2012-07-17 15:09 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

「ミステリー in パラダイス」 第2話

リチャードは、セント・マリー島で勤務することになったのに、その南国の生活を謳歌する気分にはなれないらしい。背広を着て、南国のジュースではなく紅茶を飲むリチャード。

今回は、ウエディングドレス姿の花嫁がホテルから転落した事件。
早速ホテルに駆け付けたリチャードは、相棒のカミールを無視して、まるで自分一人で捜査を担当しているかのようにふるまう。
その態度に怒ったカミールは、自分は警察学校を主席で卒業したなどと自分の優秀さをアピールし、そのままの態度を続けたら痛い目にあうとご忠告。リチャードは、その意味は分かったようだが、やはりかなりマイペース。
オノレー署の「捜査チーム」は、二人のほかにフィデルとドウェインだが、フィデルはやる気はあるけれど、ドウェインは、ビーチで水着の女性を見ているほうが好きらしい。この対照的なコンビも笑える。
背広のリチャードとラフな格好のカミールが、二人で捜査する姿もかなり妙。

事件は、花嫁には莫大な財産があって、そのお金をめぐるトラブルから殺人が起きたと思わせながら、まったく違った。まぶしすぎる太陽からヒントを得たリチャード。彼の推理が今回も冴える。

カミールにいわれて裸足で波打ち際にいったものの、貝を踏んだのかおおげさに痛がるリチャード。
南の島を楽しもうとしないリチャードがおかしいのだけれど、彼はこの先もずっとこの調子なのかな?
by mint-de | 2012-06-05 14:38 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

「ミストレス」 シーズン2

前シーズンから1年後。
シーズン1ではジェシカに共感できなかったが、今回は彼女の気持ちが一番よく理解できた。ケイティは、今回も同じように恋人を傷つけてしまう展開で、その恋愛下手さはコメディを観ている気分。トルーディは嘘つき男と縁があるらしい。シボーンはハリーを愛しているようだが、その愛がハリーを苦しめているわけで。こんな状態でよく1年以上も一緒にいられるなあと、その忍耐力に感心(笑)
3はいつ放送されるんだろう?

ケイティ
医学校時代の恋人ジャックが勤める病院で働くことになったケイティ。彼女の前に、ダンという外科医が現れ、やがて恋人同士になる。
しかし、妻子ある身のジャックはケイティに未練があり、彼女に言い寄ってくる。彼の求めに応じてしまうケイティ。ダンとジャックの間で心が揺れるケイティだったが、ジャックの妻から3人目の子作りの話を聞いて、ジャックと別れることに。
そんなとき、ダンがシドニーの病院で働くことになり、ケイティも一緒に行こうと誘われる。ダンと行くことを決意したケイティ。しかし、ジャックとの関係をダンと妻に知られ、結局、ダンとも別れ、別の病院に転勤することになる。
ラストは、ケイティの家にダンがやってきたので、許してもらえたのかもしれない。
ケイティは、相手に迫られるとノーといえなくなるタイプなのかも。一度、道をはずれて、やっと自分の行くべき道がわかる人なのかも。それにしても、ジャックみたいな男は困ったものだ。ケイティに向かって、妻を愛しているなんて、よくいえるよねえ…

トルーディ
リチャードと同居をはじめたトルーディは、お菓子作りに励み、ルーカスの店でお菓子を置いて、売ってもらえることになった。
あるとき、リチャードが多額の金をエレインという女性に振り込んでいることを知ったトルーディ。エレインは妻ナタリーの妹で、ナタリーが介護施設にいることがわかる。リチャードを問い詰めて、事実を知るトルーディ。
ナタリーは、若年性のアルツハイマーに侵されていて、夫や娘の記憶がなくなっていた。リチャードは娘のために、妻が勝手に家を出たことにしていたのだ。
ずっと嘘をつかれていたトルーディは、ナタリーの存在もあり、もう一緒には住めないと宣言。リチャードがいなくなってすぐにルーカスと付き合うトルーディだったが、結局、元の鞘へ収まり、またリチャードたちと一緒になる。
リチャードがずっと何かを隠している感じはあったけれど、トルーディが気付かなかったら、そのままにしておくつもりだったのかな。確かにいいにくいことだけれど、騙されているほうの身になったら、たまらないよね。トルーディの怒りはごもっとも。これからが大変だね。ルーカスの優しさには脱帽です。

シボーン
ハリーとセックスレスの生活が続いていたシボーンは、夜になるとホテルのバーにでかけ、そこで会う男と一夜だけの関係をもっていた。どこの誰ともわからない男たちとの関係のはずだったが、ある夜に会った男がシボーンの携帯に電話をかけてきた。
そしてその男は、事務所にまでやってきて、シボーンに仕事を依頼する。その男トムは、シボーンのすべてを手に入れたいという。
シボーンとハリーは関係を改善しようとセラピーを受けていたが、そこでシボーンは、ハリーの怒りが消えていないことを知らされる。
やがて、シボーンとトムの密会の写真がドミニクとハリーのもとへ送られてくる。ハリーは、ついに離婚を決意。
写真を送ってきたのがトムだと知ったシボーンは、トムと妻との離婚の話し合いの席で自らその写真を妻に見せる。
トムは気持ちが悪い男だった。
ハリーの忍耐力には本当に感心する。自分の娘ではないのに、一生懸命に子育てしていた。シボーンも可哀想ではあるけれど、すべて自分がまいた種から問題が起きているわけで。愛って、努力しても実を結ばないものなのかもしれない。

ジェシカ
マークという実業家と結婚したジェシカ。二人とも、結婚してもお互いを束縛せず自由に生きようという似たもの同士。結婚しても、マークの周りにはいつも女たちがいた。
しかし、ジェシカは、マークと秘書キャリーとの関係を知ると、平静でいられなくなる。ジェシカはマークを束縛したくないと思いつつ、やはり自分だけを思っていてほしいと願っている自分に気づき、マークとは別れることに。だが、子どもはほしくなかったのに妊娠してしまう。
そんなとき、やりたい放題のマークの事業が失敗して、破産。すべてをなくしたマークを見て、やり直すことを決意したジェシカは子どもを産むことにする。
マークって、何を考えているのかわからない男だけれど、ジェシカには誠実でいようとする態度が、ちょっぴり可愛い。ジェシカも愛一筋になってきて、前シーズンとは随分変わったね。
by mint-de | 2012-03-23 21:18 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de