碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

住井すゑさん

『橋のない川』(新潮文庫)を、今頃読んだ。ずっと、「重いテーマで暗い小説」と思い込んでいた。読まずに決め付けていたことを、反省している。
主人公の家族達の温かさ、ユーモア、社会の底辺に暮らす人々の生きるパワー。
そして、権力をもつものや差別社会への憤りを、全7部に描ききった住井すゑさんは、
つくづくすごい人だと思う。
ご本人は、もっと書きたいと思って第8部の構想も練っていたらしい。それが90歳のときだというのだから、驚いてしまう。一度は終わりにしたつもりでも、書きたいことが泉のように湧き続けたのだろう。
それにしても、ここに描かれた大正時代の貧しい家庭では、食事はお粥ばかり。
空腹に耐えながら、必死に生きた人たちのことを思うと、今の食生活がとてつもなく贅沢に思える。
この本を読んでいるときにデパ地下に行ったら、色とりどりに並ぶ豊富な食べ物に何だか
違和感が…。ありすぎじゃないかとか、余ったらどうなるのかとか、今、地球上のどこかで、
飢えで死んでいく人もいるのにとか、いろいろ考えてしまう。
今度は『沈まぬ太陽』を読み始めた。これも読み応えがありそうで、楽しみだ。


d0129295_14335771.jpg
by mint-de | 2007-11-28 14:35 | 私の本棚

「LOST」 シーズン3 最終話(第71・72話)

「LOST」への興味はかなり冷めてしまったので、最終回を見た感想をちょっとだけ。
ロックさん、そんなにこの島から出たくないのなら、一人でここに残ればいいのに。なにも帰りたい人たちの邪魔をしなくてもいいと思う。
ナオミは、ペニーが頼んでいないのなら、一体誰の命令でこの島に来たのだろう。
一番驚いたのは、未来の話で、ジャックのパパが生きているということ。
この島では、死んだ人間も生き返るらしい。だったら、今まで死んだ人たち、アナ・ルシアたちも生き返ったら面白いかも。
島から出られても、ジャックの人生は、「LOST」のままらしい。この島に戻りたいなんて、なんだかなあ…。1か月くらいなら、いてもよさそうだけれどね(^^)
by mint-de | 2007-11-21 15:27 | 海外ドラマ(LOST)

乗り物のマナー

先日、電車に乗っていて聞いた車内アナウンスの内容に、ちょっと考えさせられた。
「新聞を広げたり、ヘッドフォンからもれる音など、他のお客様の迷惑にならないようにして、お客様同士のトラブル防止にご協力を」という内容。
最近は、キレる大人が多くなったと新聞にも載っていたけれど、たまっていたストレスが、思わぬ形で噴出してしまう人たちが増えているようだ。
明らかに相手に非がある場合でも、黙って見過ごすか、しょうがないやと諦めなければならないときがある。そういうことがたまっていくと、あるとき、爆発してしまうのかもしれない。うまく相手にわかってもらえるようにいえればいいけれど、最近は、相手がどういう行動にでるかわからないから、怖くていいたいこともいえなかったりする。
私も、この間、不快な思いをした。北海道から帰る飛行機で、私の隣に座ったおじさんは、足を広げて座っていて、私の領域の半分くらいまで侵入してきた。当然、私の陣地は狭くなる。その時は、夫が横にいたので、夫のほうに足を向けることでなんとか我慢できたが、「狭くなります。見てわかりませんか」といいたい衝動を抑えていると、余計イライラして、こういうことがキレることにつながったりするのだなあと思ったりした。
それから、電車に乗っていて、立っている自分の前の席が空いたので座ろうとしたら、横に立っていた人が、当然のように座ってしまったことがあって、頭にきたことがある。私の前の席なのだから、私が座れるはずと文句をいいたいところだけれど、そんな法律はないわけで…。暗黙の了解でなりたっているものは、微妙に宙を舞うもので…。世の中図々しい人が得をしたりするわけで…(苦笑) 
いろいろあるけれど、狭い空間を大勢の人間が利用するのだから、なるべく他人に迷惑をかけず、マナーを守り、穏やかな気持ちで、乗っていたいものである。

d0129295_1501638.jpg
by mint-de | 2007-11-02 14:58 | 社会畑