<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

女王の立場 「クィーン」

「クィーン」 (2006年 イギリス・フランス・イタリア映画)

私は、ダイアナ妃やイギリス王室にはそれほど興味はないけれど、この映画は、それぞれの立場の違いや思惑が上手くまとめられていて、面白いと思った。とにかくエリザベス女王役のヘレン・ミレンの演技が素晴らしい。威厳に満ちながら柔らかく、核心を突きながら謙虚でもある。

女王は事故死した元の嫁への対応に苦慮するなかで、イギリス王室の伝統と格式を守らなければならない自分の立場を、決して声高には語らず、最後には、ブレア首相の意見に従うのだ。本当の女王がどういう人間かは知る由もないが、こういう立場にある人の心情というのが理解できる、そういう説得力のある映画だった。

ダイアナ妃の死を悼む声の多さに驚きながら、「会ったこともない人間に弔意が示せるのか」という女王の言葉には、王室を出て行ったダイアナ妃への思いと、ダイアナ妃のことをマスコミの情報でしか知ることのなかった人々のヒステリックな反応に対しての憤慨も感じられる。マスコミに作られてしまったものも一杯あるのだと思う。

女王が一人で車を運転して、川のなかで動けなくなったとき、鹿が現れたシーンは印象的だった。鹿撃ちのハンターに襲われないように、鹿に向かって早く逃げなさいという。そして、鹿がいなくなって安堵する。でも、その鹿は後日、撃たれてしまう。女王は死んだ鹿を見にいって、射止めたハンターを賞賛する言葉を口にする。私には不可解な行動だけれど、逃げられなかったのだからしょうがないと諦めた気持ちが、ダイアナへの思いと結びついているのかもしれないと思った。

それにしても、元の嫁が亡くなったあとで、狩猟に精をだすフィリップ殿下の気持ちというのは、理解できなかった。ブレア首相の奥さんの王室への皮肉や首相とのやりとりは、コメディのようでおかしかった。こういう映画を作ってしまう、イギリスの自由さが羨ましい。
by mint-de | 2007-12-28 13:59 | シネマ(あ~そ) | Trackback

年の瀬

今日は、正月用のお飾りを買ってきた。
デパートの前には、昨日まで華やかなクリスマスツリーがあったのに、もう立派な門松が飾られている。クリスマスからお正月へ。すべてが忙しく過ぎていく年の瀬。
ここ数年、父や兄のことが気がかりだったが、今年はそういう心配もなくなり、落ち着いて大掃除に精を出し、早めに始めたお陰で、だいたい終了。大雑把な性格を反映した大掃除ではあるけれど(^^;)、一年の区切りはしたつもり…。
それにしても、あっという間の一年だった、と毎年思っているのだった(笑)。

家にいることが多いせいか、人出の多いこの時期の外出は疲れる。
早くお正月が終わってほしいと、始まる前から思っているのだった。
by mint-de | 2007-12-26 16:13 | 木陰日和

クリスマスな日

先日、久し振りにクラシックのコンサートを聴いてきた。
数人の弦楽器とソプラノ歌手によるクリスマス・コンサート。
ナマの弦楽器の音色は柔らかくて伸びやかで、心がゆったりと満たされていく気がする。

昨日は、「迷子の警察音楽隊」を観てきた。朝日新聞に載っていた沢木耕太郎の評によると、
「この映画は、人は互いに理解できるはずだなどとは語らない。理解できないということによって、理解できないということを当然のこととして受け入れることによって、ほんのわずかな共感が生まれるかもしれないと言っているのだ」という映画だ。
でも残念ながら、私には、この映画のテーマがよくわからなかった。
他国の人間を理解しようとする気持ちが大事だと思うし、「わからないからわからなくていいのだ」では、なにも生まれないだろう、と思う。スウェーデン人とノルウェー人の素朴な交流を描いた、「キッチン・ストーリー」のほうが、私には上質な映画に思える。

映画を観たあとで、「光都東京」のイベントでライトアップされている国際フォーラムから東京駅まで散策。雨の中で光る無数のヒカリは幻想的だった。

その後、食事をしようと思って入ったお店は予約で一杯で、結局地味なお店で食事をしたけれど、味はイマイチだった。口直しに、夫が気に入っているバーで、お酒を飲む。ロイヤルコペンハーゲンのお皿がズラッと壁にかかっている落ち着いた雰囲気のバーで、夫が好む理由がわかった。客はわれわれ二人だけ。マスターとお話をして、静かな静かな夜のひとときだった。

d0129295_14381760.jpg

d0129295_14384252.jpg

d0129295_1439129.jpg

by mint-de | 2007-12-23 14:40 | 木陰日和

ミシュランガイド東京

分相応のものを食べている身としては、8万円もする食事の店を紹介するミシュランガイドには、まったく興味がないけれど、「R25」の巻末エッセー、高橋秀実さんが隔週で連載している「結論はまた来週」を読んで笑ってしまった。

12月14~20日の号で、題して「ミシュランガイドを“書評”してみる」。「味は料理そのものに与えられる評価」とかいっておきながら、やたら店主の礼儀正しさとか、店の雰囲気とか、眺めのよさにこだわっているらしい。また、素材とか産地を詳しく説明していることを褒めているかと思えば、逆にそういうことをしないのが簡素でいいと述べているとか。

何人もの人が書いているので、それぞれの好みで書かれているのだから、ある程度の差はしょうがないと思うけれど、何千、何万とあるなかから、この店は星一つとか二つとか格付けすること自体に、私は違和感を覚える。それに、味の好みほど人によって違いがあるものはないのに、自分の感覚でランクを決めてしまうなんて…。「おいしい店」というガイドブックの紹介文を信じて、行ってみたらガッカリだったということはよくあることだし…。他人のする格付けは、ただの情報としてとらえておいたほうが、無難な気がする。

高橋さんは、奥さんが近所のスーパーで買ってきた大福に「おいしい」と唸ったと結んでいるけれど、たしかに、自分にとって「おいしいもの」というのは、なじみの店のラーメンとかケーキとかお団子みたいに、食べたいときに手軽に食べられるものが多い。疲れているときに無性に食べたくなる、ナッツいりのチョコレート、ミスドのドーナツ、辛いラーメン。
ン万円もする食事なんて、ちょっとおかしくない?
by mint-de | 2007-12-17 12:38 | 社会畑

小さなクリスマスツリー

朝、テレビをつけると、歌手の氷川きよしがインタビューにこたえていた。
「クリスマスツリーを買った。1980円だったけれど、そのライトを見ていたら、気持ちが豊かになった」という。
ツリーを見て、豊かになる心、とてもいい話だ。
その言葉を聞いて、こちらまで今日一日が気持ちのいい日になりそうな気がした。
自分の気持ちが自分を幸せにする。大事なことだ。
その後、ここ数年ツリーを出していないことに気づいたので、さっそく、ほこりをかぶっている小さなツリーをだしてみた。
点滅するライトは、街で見かける豪華なイルミネーションとは違って、おもちゃのように貧弱だ。
でも、だからこそ、なんだか愛おしい。小さな幸せのような光のまたたき。
クリスチャンでもないのに、クリスマス、クリスマス。日本中が浮かれるクリスマスって何?
それでも、12月の年中行事、クリスマスがやってくる。
by mint-de | 2007-12-15 00:05 | 木陰日和

賞味期限

今年を象徴する漢字として「偽」が選ばれた。ニュースで、一連の食品関連の偽装事件を振り返っていたが、あまりにいっぱいあって、会社名を聞いても「そういえばそうだった」程度にしか感想がなくて、事件になれてしまうというのも困ったものである。

夫は、デパートの物産展で「赤福」を買ってきて、「おいしいなあ」といいながら食べていたが、次の日に、期限切れの赤福を再利用していたというニュースを知り、「ハァ~?」。
消費者の安全より自社の利益を優先させる姿勢は言語道断だが、味にかわりがないということは、味には気を配っていたというべきか、味さえ同じなら後はなにをしてもいいと思ったのか、とにかく、味にはこだわっていたのだろうな。

消費者は製造工程を見ているわけじゃないので、食べ物が安全かどうかは、自分の舌で確かめるしかない。昔は、賞味期限、消費期限なんて、そんなになかった。私の小さい頃は冷蔵庫だってなかった。だから、どういう状態のものが食べられないか、感覚としてわかっていたと思う。偽装はもちろんあってはならないことだけれど、明記された賞味期限、消費期限にこだわっていると、自分で食べられるかどうかを判断することができなくなっていくのではないかと、ちょっと心配になる。

食べて具合が悪くなった人はいなかったようだから、賞味期限、消費期限について一番よくわかっていたのは、ごまかした会社だったのではないだろうか(苦笑)。

d0129295_16171923.jpg
by mint-de | 2007-12-13 16:18 | 社会畑

イチョウと神社

ドライブの途中で、古そうな神社を見つけた。
案内板の文字が消えかかっていて、境内に人の気配はない。
神社の奥には、樹齢500年を超える大木があるという。
どんな木なのか、見てみたかったけれど、お社の奥から薄暗い山道を登らなければならず、革靴では無理だと思い、諦めた。
伸び放題の樹木、苔のはえた石段、朽ち果ててしまいそうな小さなお社。
昔は周辺の人々の暮らしを守ってきたのかもしれないが、今は、淋しい佇まいだ。
イチョウの葉っぱが、見事に散っていた。
神社そのものが、自然の風景に組み込まれているような場所だった。

d0129295_15424685.jpg

d0129295_15433341.jpg

d0129295_15435364.jpg

by mint-de | 2007-12-11 15:45 | 木陰日和

チャコ(食べる土)

今日の朝のNHKニュース「おはよう日本」で、アンデスのチチカカ湖周辺では、チャコと呼ばれる土を食べる習慣があると聞いてビックリ。
地面を深く掘っていくと粘土質の土があって、それを水で薄めると、チーズのような濃厚な味わいになるとか。
向こうのジャガイモは原種に近いため、芽に毒があるので、それをジャガイモにつけて食べると、チャコに含まれているカオリンという物質が毒消しになるそうだ。カオリンは胃薬としても役に立つとか。
泥を食べるなんて、子どものころの泥んこ遊びを連想するけれど、本当に食べられる土があるなんて、オドロキだ。
温泉も体にいいけれど、地球の奥深く、人間にはまだまだ役に立つものが隠れているのかもしれないと思ったりする。
それにしても、どうしてそんな土を食べてみようと思ったのか?
ナゼ、食べられることに気づいたのかなあ…。
by mint-de | 2007-12-10 16:16 | 社会畑

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de