<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

『千の輝く太陽』

『千の輝く太陽』 (カーレド・ホッセイニ 土屋政雄訳 早川書房)

『君のためなら千回でも』のカーレド・ホッセイニの長編。
今回は、二人の女性が主人公だ。
アフガニスタンに生まれ、ソ連軍の侵攻、内戦、タリバンの支配と、過酷な状況を経験しながらも強く生きていく女たちの物語。ただでさえ不自由な生活なのに、女ということで、更に窮屈な生き方を強いられる女たち。それでも、ただ激流にのみこまれるのではなく、本文の言葉を借りると、「乱流に品格を磨かれる」女として、成長していくのだ。
あまりにも辛いシーンが多くて、しばらく読めない日もあったが、後半は一気に読み、とても感動した。

主人公のマリアムとライラは、対照的だ。マリアムは、どちらかというと、耐えることで自分を保っているような古いタイプの女性で、ライラは、そういう生き方をしてほしいという、作者の希望を体現したような女性として描かれている。

辛い話が多いけれど、決して暗くないのは、平和だった頃の生活や美しい風景、優しい隣人たちの話に、温かさを感じるからだろう。無駄のない文章と細やかな心理描写。訳文の上手さもあるのだろうけれど、とても読みやすい。アフガニスタンの生活ということに興味がいってしまうけれど、親と子、男と女、命、といった人生の普遍的なテーマを描いているという意味でも、面白い小説だと思う。
タイトルの「千の輝く太陽」は、17世紀のカブールを歌った詩の一節として、本文にでてくる。

屋根また屋根に揺れる月を誰が数えられよう
塀また塀に隠れる千の輝く太陽を誰が数えられよう


というもの。私の勝手な解釈は、それぞれの生活は、月のように、太陽のように、美しく素晴らしい。その素晴らしさを数えることなんてできないし、それぞれの幸せは、限りなくあるのだというような、日々の生活賛歌の歌なのだと思う。
そんな日々が戻ることを願っている作者の思いが、このタイトルに込められているのだろう。
by mint-de | 2009-01-30 15:04 | 私の本棚 | Trackback

冬の夜に


寒い冬の夜に
家の犬は 犬小屋の前で
蛇のように 丸くなっている
背中をなでると
とても冷たい

私は 「あたたかくなれ!」といいながら
犬の背中を マッサージする
犬は 小さく尾をふり
気持ちよさそうに
私を 見上げる

散歩する 食べる 寝る
犬の1日
こんな生活に 満足かい?
犬が話せたら 何というだろう

犬の位置から
夜空を見上げる

星のまたたき
犬も私も
自然のひとつ

寒い冬の夜に
飼い犬の一生を
思う

by mint-de | 2009-01-27 22:05 | 記憶の鞄

銀行の手数料

900円!
銀行の窓口で、他行宛ての振り込みをする場合、900円もかかるなんて、おかしくない?
ATMの倍の手数料である。
今日は、近くに、振込先の銀行がないのでしょうがなく他行を利用したのだけれど、窓口利用の場合は、どこにでもあるような銀行を指定してほしいもの。
それにしても、ずっと思っているのだけれど、銀行の手数料ってナンなの?
電車のキップの場合は、会社が違っても通しで買えて、手数料なんてかからないよね。
銀行はどういうシステムになっているのかわからないけれど、ATMの時間外手数料を無料にするサービスがあったりすると、通常の105円そのものが取りすぎなんじゃないのかと、勘ぐりたくなる。

公園の梅が咲き始めた。近くの家の庭にも、甘い梅の香りがしている。
来週は、もう2月。また、春がやってくる。

d0129295_1661199.jpg

by mint-de | 2009-01-26 16:06 | 木陰日和

オバマ大統領

黒人初の大統領は、パーマー大統領だと家族にいっても、全然受けなかった(^^;)
「24」を観ていないからしょうがない。
ドラマの脚本家は、先見の明があったということかな(^^)

オバマ大統領の就任演説を聞いていると、日本の政治家とは
器が違うなあと、つくづく思う。
比べること自体、オバマ大統領に失礼かもしれない。
でも、麻生首相は、それほど違わないと思っていらっしゃるご様子で、
大統領の演説をどう思うかというインタビューに、
基本的には自分の考えと同じだという発言をされていて、大苦笑。
あれほど国民に歓迎されている大統領に対して、
何かもっということはないのかと思ってしまう。
自分も支持されるように努力したいとかね。
アメリカは、大統領と国民が近づきたいと願っているのに対して、
日本は、いつでも平行線という気がする。

オバマ大統領への期待は高まる一方だけれど、彼がどこまでできるかは、
まだわからない。
一人の力には限界がある。あまりにも重いものを背負いすぎて、
倒れてしまわないように願うばかり。
アメリカが、世界が、もっといい方向に向かえるといいね。
by mint-de | 2009-01-22 14:00 | 社会畑

「きつねと私の12か月」

「きつねと私の12か月」 (2007年 フランス映画 監督リュック・ジャケ)

森の風景が、とっても美しい。
四季折々の風景、降り注ぐ光、雄大な眺め。
映像を見ているだけでも、癒やされる。

少女リラときつねのテトゥの物語。
リラは、黄金色に色づく秋、森できつねに出会う。
そのきつねが忘れられないリラは、幾度も森に足を運ぶ。
やがて、そのきつねに触れられる日がやってくる。
きつねにタトゥと名付け、親しくなれたことを喜ぶリラ。

でも、リラは、理解する。
野生の動物は、人間とは違うということに。
「好き」なことと、「所有」することとは、別だということに。

自然界に生きる動物たちの、食うか食われるかの戦いも描かれる。
過酷な動物たちの生を思うと、人間でよかったと思う。
オオヤマネコ、初めて見た気がする(遅すぎ?^^;)
ネコを大きくしたその姿は、怖いような怖くないような…
ネコを見慣れている目には、ちょっと不思議な動物に見えた。

きつねという動物をあまりよく知らなかったけれど、顔がコーギーに似ていると思った。
おびえた表情や犬と似ている仕草もあって、とても可愛い。
テトゥも演技をしているわけだけれど、よく、こういう映像が撮れたなあと、
感心することしきり。

少女にしては、冒険のし過ぎという気はするけれど、監督自身の実体験が
もとになっているとか。
こんな少年時代を過ごすことができたなんて、羨ましい限りである。
by mint-de | 2009-01-21 15:59 | シネマ(あ~そ) | Trackback

精神力

最近、ウォーキングに飽きてきた(^^;)
以前、いい気分転換になるなんて、このブログに書いたけれど、
歩いている途中で、疲れたなあ…、ここで止めようかなあなんて、思ってしまう。
根性なしのワタクシ…。

公園では、休日になると、チビッコのサッカーや野球チームの子ども達が、
懸命に練習している姿を見かける。偉いなあと思う。
私は、気分が乗らないときは、歩かなければいいけれど、
彼らはそういうわけにはいかない。

プロのスポーツ選手は、毎日のようにトレーニングをしているのだろう。
スポーツに縁のなかった私には、考えられない生活だ。
自分の体を鍛えるということは、自分で自分を調整するということ。
いつも自分と戦っているのだろう。精神的に、ものすごく鍛えられると思う。
若いプロ野球選手が大人っぽく見えるのも、精神面の強さが
現れているせいかもしれない。

今場所の琴欧洲は、調子がよくて嬉しい。
精神面でも、もっと強くなって、横綱戦でも勝ってほしいな。
by mint-de | 2009-01-20 14:59 | 木陰日和

米粉パン

今日、初めて米粉パンを食べた。
もちもちっとした食感が、とてもいい。
何個でも食べられそうで、ちょっと怖いかも(^^)
追い求めそうな予感!

今日の新聞でセンター入試の国語の問題を見ていたら、缶けりに注がついていて、驚く。
今の子どもは、缶けりを知らないのか?
自分がとんでもなく年をとった気分になる。

缶けり…
素朴な遊びだったなあ…
by mint-de | 2009-01-18 22:06 | 木陰日和

夕焼け雲

いつもと 変わらない 平凡な一日

  それでも 夕暮れの空は 特別な日のように 美しい

     今日に乾杯!


d0129295_2246937.jpg
by mint-de | 2009-01-16 22:46 | 木陰日和

寒いワン

ここ数日、とても寒い。
朝は、金魚の池も犬用の器の水も凍っている。
こんなに寒くても、我が家の犬は、毛皮1枚で(^^)耐えている。
数年前から小屋には入らなくなり、小屋の前にお気に入りの毛布を敷き、
それさえあればいいのだ! なんていうかのように、その上で丸くなっている。
そういう姿を見ていると、動物ってスゴイナアと思う。
人間は、軟弱で、贅沢で、一番地球を汚しているんだよね。

そんな人間の1人である私は、今日も布団に湯たんぽを入れ、
温かくして寝ようと思っている。
犬用の湯たんぽがあればいいな!


保田で見かけた梅
暖か~い花の色
d0129295_21585988.jpg
by mint-de | 2009-01-15 22:00 | 木陰日和

水仙ロード

南房総まで行って水仙を見てきた。
保田駅周辺の水仙ロード。
まだ咲き始めだったけれど、冬の陽を受けた可憐な花が、風に揺れていた。
野に咲く水仙は、実に素朴な感じがする。
田舎の風景と、黄色い群落。
春の予感…。

初めての海ほたるとアクアライン。
通行料3000円は高すぎだけれど、眺めは爽快!
d0129295_13502229.jpg

d0129295_13503867.jpg


江月とをくずれの水仙
d0129295_13511162.jpg
d0129295_13512294.jpg


をくずれの里山風景
d0129295_13524988.jpg

by mint-de | 2009-01-14 13:57 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de