<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「デスパレートな妻たち」 5-4

スーザン MJの絵にショックを受けたマイクに同情します。父の存在を誇示しようと、自転車を買って乗り方を教えてやろうと思ったのに、邪魔されてしまうし。やはり離婚してしまうと、存在感は薄れていくのかも。マイクの前で、息子にわざと転べというスーザン。MJにそこまでの技術はないだろうにねぇ。マイクは近所に引っ越すことができて嬉しそうだが、デーブは、何を考えているのだろう?

ガブリエル 夫婦の仲が良いのは結構だけれど、5歳の子に「子どもができる仕組み」を教えるのはまだ早いと思います。こちらの家庭で今しなければならないのは、子どものダイエット食をお考えになることでは?

リネット ブリーの活躍で、自分のキャリアを思い出してしまったリネット。でも、あそこまで自分のかつての才能を売り込むと、なんだか哀れ。昔は昔、今は今。ピザ屋をもっと繁盛させることに励むしかないのでしょう。自分の愚かさに気付いて、ブリーに謝ったリネットに拍手です。

ブリー 本も出来上がり、商工会のビジネス・ウーマンにも選ばれたブリー。仲間の女性たちもうらやましげ。自信たっぷりのブリーは、いかにもブリーという感じで、見ていて笑ってしまうのはナゼ? 奥様はご活躍でも、オーソンは会社をクビになっていた。職探しがうまくいかないから、ブリーのところで働きたいという。キャサリンが嫌だというので、ブリーは断ったけれど、すねるオーソンに仕方なくOKしてしまった。来週のキャサリンが怖いよ! 大体、この二人と一緒に仕事をするくらいなら、もう少し辛抱して職探しをすればいいのにと思うけれど…(笑) 歯科医はもうできないのだろうか?
by mint-de | 2010-04-29 11:35 | 海外ドラマ(A~G) | Trackback

「八日目の蝉」 第5回

「光の島」

1994年夏、薫は島の言葉を話すようになり、すっかり島の生活になじんでいた。希和子は、そんな薫と一緒にいることの幸せを感じながら暮らしていた。文治は希和子への思いを口にするが、希和子は自分と付き合ってもいいことはないと突き放すだけだった。
希和子はある日、文治が誘ってくれたので、薫を連れて、潮の満ち引きで海にできる道を歩く。ふと、希和子は、文治のような男と幸せに暮らす生き方があったかもしれないと思うが、薫のいない人生は選べないことに気付く。たとえ行き止まりの道でも、薫と一緒にいたいと思う希和子だった。

新聞に、写真コンテストの写真が掲載され、夏祭りのときの希和子と薫の写真が大きく載ってしまう。素麺屋のテーブルではみんなが喜ぶが、希和子は思わずやめてくれと大きな声をだしてしまう。その様子に何かを感じた文治。希和子は、家に帰るとすぐに逃げ出す用意をするが、薫はいやだ、どこにもいかないと泣き始める。希和子の家にやってきた文治は、希和子がここから離れようとしているのを察し、どこにもいかないでくれ、あんたが何をした人でも助けると希和子を抱きしめる。希和子は、その言葉に、ただうなずくだけだった。

島に帰っていた久美は、自分が息子と一緒に暮らしたかったのに、母親が助けてくれなかったことを今でも不満に思っていて、母親と口論になる。久美は、この島に自分の居場所はないといい、東京で再出発すると告げる。久美から母親のことを頼まれた希和子だったが、ずっとこの地にいられるわけではないので返事に窮するが、久美のやり直したいという気持ちを知って、真実を告げられないまま、久美の乗ったフェリーを見送るのだった。

薫の態度と文治の言葉に、もう逃げずに島にとどまることを決意した希和子は、写真館で薫と一緒の写真を撮ってもらい、お寺にでかけては薫と一緒にいられることを願うのだった。寺からの帰り道、薫は拾った蝉の抜け殻を大事にもっていた。蝉は、地上にでてきても、たった7日で死んでしまうなんてという薫に、希和子は、たった7日でも蝉にとっては一生分の人生なのだ、一日一日を感謝して生きているのだと、まるで自分と薫の逃亡生活のように語るのだった。

ある朝、久美の母親から電話がかかってくる。逃げなさいという言葉に、慌てて家を出る希和子と薫。フェリー乗り場に着き、文治も駆けつけてくれたが、希和子は遂に逮捕されてしまう。薫と引き離され、必死に「薫!」と叫ぶ希和子だった。

恵理菜(薫)は、引き離されたときの希和子の手のぬくもりは覚えているのに、希和子が叫んでいた言葉を思い出せないでいるのだった…

「八日目の蝉」というタイトルがずっと気になっていたのだけれど、蝉が地上で生きる日々がたった7日でも、その短い日々でも、充実した日々であったならかけがえのない人生になるという、希和子が薫と一緒にいた日々のことを意味するらしい。 希和子は、稀に8日も生きる蝉がいるといってそれがうれしいことのようにいったのに対して、薫は誰もいなくなって一匹だけ残ったら寂しいだろうといっていた。「8日目」とは、希和子の一日でも長く薫と一緒にいたいという気持ちと、別れたあとの二人のことをいっている気がする。その後の恵理菜を思うと、希和子の犠牲になった可哀想な子どもといえるけれど、誰かにいっぱい愛された記憶が、彼女のどこかに残っていてほしいと思う。
by mint-de | 2010-04-28 15:23 | 日本のドラマ | Trackback

「WITHOUT A TRACE」  第102話 (5-8)

「勝ち続けること」 

ボス危機一髪!
潜入捜査なのに、あんなに簡単に薬を飲まされるなんて、ちょっと情けない。
すべてを疑わなくちゃ、なんて思った私(^^)
それにしてもあのシンシアは、コワッ! 手に釘を打ち付けるなんて、いつの時代の女?

恋人とアルバ島に旅行にいくはずだった、清掃会社のオーナー、アレックスが失踪した。
部屋には血痕と、隠し金庫からはお金が盗まれていた。
捜査の結果、アレックスは投資銀行のただの清掃員で、株の情報を盗み見ていたことがわかる。
また、彼のパソコンから闇ポーカーに関わっていることが判明し、ポーカーが得意のジャックが潜入捜査をすることに。チームのみんなは、ボスがいくらもうけるか負けるか賭けたりして楽しげだったが、ジャックはとんでもない目にあう。

ポーカーのテーブルにシンシアというアレックスの知り合いがいたので、そこに座ったジャックは、スコッチを飲んでから気分が悪くなる。気がついたときには、椅子に縛られていた。シンシアは、アレックスと金を返せ、ブレンダンの手下かとわめきまくる。そして、なんと、ジャックの手に釘を打ち込んだのだ(とんでもなく痛いよ!)

シンシアは以前、ブレンダンという男の金をマネーロンダリングしていたが、その上前をはねて逃げていた。その後、アレックスと組んでポーカーと株で詐欺を働いていたのだ。シンシアは、アレックスを誘拐して金を盗んだのは、そのブレンダンだと思っていた。ジャックは、シンシアに話を合わせながら、FBIに連絡。結局、ジャックは救出され、シンシアは銃殺される。

すべてはアレックスの芝居だった。アレックスはシンシアと手を切り、恋人と逃げるために、行方不明を演じたのだ。そして、アレックスは知らないが、彼はシンシアが若いときに産んだ息子だった。お金のためではなく、息子を救おうと必死になっていたシンシア。その息子に裏切られたなんて、ちょっと哀れ。息子と会った時点で詐欺から手を切れればよかったのに。息子を悪事に引き込むなんてねぇ…。
シンシアからアレックスが息子だときかされていたジャックは、アレックスの問いに、少し迷いながら、シンシアはお金がほしかっただけだと答えるのだった。彼女が母親だったなんて知らされたらショックだろうから、このジャックの判断はこれでよいのだろう。真実を知らないほうがいいときもあるのだろうね。

ジャックの手はどうなる?
by mint-de | 2010-04-27 15:37 | 海外ドラマ(V~Z) | Trackback

優しいゴリラ

昨日のTBSの「世界遺産」では、ウガンダの森にすむマウンテンゴリラを紹介していた。
恥ずかしながら、草や葉が主食のベジタリアンだったなんて、知らなかった。
葉っぱだけで、あんなに大きな体になるんだね。もっとも一日20キロも食べるらしいけれど…。
19世紀後半、ゴリラをはじめて見た探険家がその巨体に驚いたのか「密林の悪魔」だなんて形容してしまったために、悪いイメージが定着してしまったらしい。
実際はとても優しい動物だとわかったのは、ほんの30年くらい前だとか。
人間に会うと殺されていたので、今では700頭しかいなくなってしまったというから、悲しい話である。
胸をたたくドラミングという行為は、自分の存在を相手にわからせるために音を出しているのであって、「さあ、かかってこい!」といっているのではないらしい。体に似合わず、戦いを好まないデリケートな動物なのだ。
見た目で判断してはいけないということだなあと、見ながら思ったのだった。
森の中で、食べては休み、親子が戯れている姿は、自由でのんびりしていて、なんだかうらやましくなるような光景でもあった。

ハナミズキの季節
d0129295_15532024.jpg

by mint-de | 2010-04-26 15:56 | 観て☆聴いて☆読んで | Trackback

犬の食事

うちの犬は、この春で7歳になった。もうシニア犬の仲間入りだ。
口の周りが白くなっているものの、1歳くらいから大きさも性格も(そのうち落ち着きますよといわれていたが、未だにゴハンだ! 散歩だ! 遊ばせろ!とワンワン要求する)変わっていないので、「シニア」でくくられることに、どうも納得がいかない。
これからは食べ物もカロリーオーバーにならないように注意する意味で、ペットフードも「7歳からの~」と但し書きのついたものを買うことにした。味が違うと文句を言われるかと思ったが(^^)、いつもと同じようにパクパク食べてくれたので、安心する。
前に飼っていた犬は、家族の食事の残り物やご飯をやっていたが、今の犬からは人間のものは味が濃すぎるので、主にペットフードをやっている。毎回、同じものなのにおいしそうに食べる姿を見ていると、なんだか可哀想にも思えてくる。犬用のご飯をちゃんと作っている人もいるようだが、人間の食事をつくるので手一杯の私には、そこまでする愛情はない。
何をやってもうれしそうにパクパク。お腹がいっぱいになれば、それで満足なのだろう。
食べ物に文句をいうのは、飢えを知らない人間くらいかもしれない。
この地球のどこかで食べるものがなくて困っている人がいることを思うと、毎日同じものでも、お腹を満たしてくれるものが与えられる動物は、幸せだといえるのかもしれない。

d0129295_1702538.jpg

by mint-de | 2010-04-25 17:02 | 木陰日和

「本」が好き

最近、よく電子書籍の話を聞くようになった。
「本」という概念がしっかり体に染み付いている身には、
いくらパソコンでいろんな文字を読んでいても、
やはりキンドルやiPadのようなもので「本」を読みたくはない、
あの指でページをめくる紙の感触が好きだ、と思ってしまう。
でも、電子書籍のほうが紙に印刷する手間が省けるので、かなり安くなるのだという。
ゲームやケータイになれた世代では、画面で文字を読むことになんの抵抗もないだろう。
本棚も不要になるし便利なことは便利。これからは、電子書籍が普及してくるのだろうね。
そのうち「本」て、どんなものなの?
なんて聞かれる時代になるのかも。
電子書籍は、グーテンベルクが印刷術を発明して以来の画期的なものだというが、
「本」の形態をとらない小説って、なんだかとっても味気ない気がする。
採算がとれないので電子書籍だけで、「本」はつくってません、なんて世の中にならないことを祈るのみ。
私は、一冊一冊に文字が印刷された「本」が好きだ!

今日も雨d0129295_155148.jpg
by mint-de | 2010-04-23 15:52 | 社会畑

「デスパレートな妻たち」 5-3

「悩める子供たち」

第4シーズンから5年後のウィステリア通りの住人たち。
ガブリエルの変わりように驚いたけれど、こういう雰囲気も悪くない。
4人の中では一番普通の主婦っぽく見えるのも不思議。
1話を見たときは、マイクがもう出なくなってしまうのかと心配したけれど、ちゃんと生きててホッとした。

スーザン マイクと別れてしまったのは残念。スーザンはいろんな男性と絡む役どころなのだろう。観ている方も変化があって楽しいかな(^^)。職人さんが好みの彼女。次はどういう人になるのかな? スーザンは全然仕事をしている様子がないけれど、収入源は?
子どものけんかに親が口を出すとややこしくなるので、自力で解決させたほうがいいと思います。ガブリエルとの取っ組み合いに大笑い!

ブリー 彼女は、天職を見つけたと思う。他人に干渉する時間がもてないほど仕事に大いにがんばっていただくのが、みんなのためになると思います!(^^)
ベンジャミンが吐いたシーンにも大笑い。意外だったのはオーソンのベンジャミンへの思い。本当の息子のように思っていたんだね。でも、ダニエルの息子なんだから、ブリー夫婦としては、孫として愛すべきではないでしょうか。彼女の「自分がいつも正しい」お言葉は、聞いている分には面白いけれど、いわれた方は、本当にムカツクと思います。

リネット この人も相変らずダンナを尻に敷いている。せっかくオヤジバンドでいい気分になっていたトムだったのに、ベースを壊すなんて…。デーブの魂胆はわからないけれど、トムがバンドをやることがリネットのためになるという言葉は、ちょっと気味が悪い。

ガブリエル すっかり地味な主婦になってしまったけれど、彼女らしさは健在。アンドリューにあんな車を買わされて、しっかり「お返し」。わからないのは、モデルだったガブリエルなのに、娘の体重管理ができないこと。ブリーにやせるメニューでも考えてもらったらいかがでしょう。
by mint-de | 2010-04-22 14:53 | 海外ドラマ(A~G) | Trackback

若葉の輝き

d0129295_19122495.jpg

新緑が美しい季節になった。
光のあたり具合で、微妙に緑の色が違ってくる。
光は自然の演出家。
ハナミズキも咲き始めた。
よく日のあたる場所の白いハナミズキが満開だった。
でも、別のハナミズキはやっと花が開いた程度。
場所によって随分違うものだ。
でも、日のあまりあたらない花のほうが長持ちしている気がする。
人の人生も、華やかな人生より、地味目な生き方の方が長生きするかも。
などと、思ってみる(^^)

d0129295_19195873.jpg
d0129295_19201231.jpg

by mint-de | 2010-04-21 19:22 | 木陰日和

八日目の蝉 第4回

「恋」

2009年、恵理菜(薫)は、希和子に誘拐された事件で取材を受ける。
過去の事件は自分なりに調べたし記憶がないので、何もいうことはないと無関心を装う恵理菜。
取材をした女性は千草といって、マロンという名でエンジェルにいたことがあり、薫のことを覚えていた。千草は恵理菜を誘って「エンジェルの家」へいく。エンゼルが逮捕されてから元信者らと争いになっているので、土地や建物はそのまま放置されていた。千草は、希和子が逃亡した小豆島にいって、その後の取材をするつもりだというが、恵理菜は覚えていないことは自分の過去とはいえないといって、そこで別れる。
不倫をして妊娠し、その相手と別れた恵理菜の目には、すべてが色あせて見えていた。
そして、希和子は今どこでどんな気持ちでいるのだろうと思うのだった。

1993年3月、希和子は薫と小豆島に渡った。
久美の母(昌江)の素麺屋を訪ねたが仕事がなく、途方に暮れる。その様子を見ていた漁師の文治が、ラブホテルにいけば仕事があるだろうと教えてくれる。希和子はそこで働き始めたが、昌江が子どもためによくないので、ウチで働きなさいといってくれる。
昌江は、久美が何も連絡してこないので心配していたが、希和子たちに親切にすることで気が紛れる様子だった。希和子は申し訳ないと思いつつ、昌江の好意に甘える日々だった。薫も島の生活になれ、穏やかな暮らしが続いていたが、ある日、薫が急に腹痛を起こす。
医者に診てもらうと腸閉塞かもしれないので、急いで島外の病院に連れていきなさいといわれる。
港に着くと最終のフェリーが出航してしまった後だったが、たまたま文治がいて、彼の船で病院へいくことができた(緊急の場合、普通はお医者さんが手配してくれると思うけれど…)。
無事に薫の治療を終え、家に帰った希和子は、ときどき余った魚を届けてくれていた文治の優しさに気付いていく。文治は、子どもを亡くし、その後妻に去られた男だった。子どもを亡くした夫婦の気持ちを話す文治の言葉は、希和子にとってもつらい言葉だった。
薫との暮らしに必死に生きてきた希和子にとって、文治の存在は頼れる優しい木のようだった。
「虫送り」という夏祭りの日、希和子は薫と共に浴衣を着て、楽しいひとときを過ごすのだった。

恵理菜は、とてもクール。妊娠していても落ち着いて行動している。
彼女は本当に希和子のことを覚えていないのだろうか。無理に思い出さないようにしているようにも見える。
自分の父とその愛人の行為の犠牲になったことを思えば、冷めた目で人生を見つめてしまうかもね。
来週は、遂に逮捕されてしまうようだ。
by mint-de | 2010-04-21 14:57 | 日本のドラマ | Trackback

「WITHOUT A TRACE」  第101話 (5-7)

「すべての罪人は聖人である」

精神的な病気を抱えているケイティが失踪した。
ケイティはインターンとしてマーティンに会ったことがあり家族にマーティンのことを話していたというが、彼女と一緒の写真を見せられても、マーティンには全然彼女の記憶はなかった。
マーティンはケイティの家族から話を聞いて、驚く。ケイティは悪魔祓いの儀式後にいなくなったというのだ。ケイティは、ここ数年精神的に不安定になり、6人もの医師にみてもらっていたが、一向に治る気配はなかった。悪魔祓いはケイティの希望だったという。
彼女の兄の話から、ケイティが働いていたことがわかり、そこの職場の一人が数日前に殺されていたことがわかる。ケイティは、職場に昼食を届ける仕事をしていたが、彼女にセクハラした男がそのことで解雇されたため、上司に取り消してもらうようケイティに頼んできた。その男は、上司がケイティに気があるように話し、その話を真に受けてしまったケイティは、駐車場で上司と恋人のキスシーンを目撃してカッとなり、その恋人を殺してしまったらしい。悪魔祓いは、自分の罪の意識から逃れたかったから頼んだのだった。本気でこんなことをする神父がいるなんて驚きだ!

「シャッターアイランド」を見たときにも思ったのだけれど、こころの病って、本当に厄介な病気だと思う。手術や薬で完治する病気と違うから、周囲の人間も大変だよね。ケイティの母親の疲れたって言葉に同情する。ストレスの多い社会でも、精神のバランスを崩さないように生きたいものです。

ケイティの自殺後、マーティンは、思い出せなかったケイティのことを申し訳なく思ったのか、挨拶された受付の女性に名前を聞く。出会った人をちゃんと心にとめておくために。こういうシーンは好き。

ジャックとアンは、やっと一緒に住む部屋を見つけた。うまくいくことをお祈りします!
by mint-de | 2010-04-20 15:04 | 海外ドラマ(V~Z) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de