<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「マルモのおきて」

今回のおきては「好きでも嫌いでも家族」。
そうだよなあって思う。
遠慮がないから何でもいえるし、頭にくることもある。
朝、口げんかしてでかけても、帰ってきたときは何でもなかったかのように話せるのも家族だからこそ。
マモルとカオルとトモキも、そんな風に本当の家族っぽくなってきたらしい。
悪いことをしたらちゃんと謝ることも大切。
カオルが、マモルのしっかり頭をさげて謝る姿勢を真似て、同じように謝る姿に感心。
来週は、母親が登場するらしい。
子どもたちはどうなる?
by mint-de | 2011-05-31 11:58 | 日本のドラマ

花の予感

庭のアジサイは、数年前から花をつけなくなった。
毎年咲いている花が咲かないというのは、寂しいものである。
なぜ咲かなくなったのかネットでいろいろ調べてみたけれど、わからなかった。
去年はあきらめて、秋の終わりころまで放っておいて、その後枝を短く切ってしまった。
そして、今年の5月今年もダメかなあ、葉っぱはずいぶん元気よく育っているのになあと、期待しないで先端部の葉を見ると、なんと芽がでている!
今年は花が咲く!d0129295_10338100.jpg
今まで咲かずにためておいたエネルギーがいっぱい満ちているみたいに、花芽がたくさんあるではないか。
陽に輝く花はもちろん美しいけれど、雨のしずくが似合う花は、心にやさしく映る。
雨の音を聴きながら今年は青紫の花の色を楽しめそうだ。
by mint-de | 2011-05-29 08:12 | 木陰日和

今日もブツブツ

関東地方はもう梅雨入りしたそうだ。
まだ5月なのに…
早く入梅になったからといって、梅雨明けが早いとは限らないのだとか。
雨が降るたびに放射線量を気にしているのに、もう梅雨入りだなんて憂鬱度が増すばかりだ。

福島第一原発のニュースを聞いていると、悪いニュースばかりで、これほどまでにバッドな展開が続くと、1年後も早く収束させてといっているような気がしてくる。
NHKの番組で、3月の水素爆発の後に、独自に福島に乗り込んで放射能汚染マップを作った人たちの活動を見た。
ある場所に避難していた人たちは、彼らにその場所が放射線量が高いことを教えられて、その場所から移動したという。行政の指示のなんと頼りないことか。
災害時に何を信じればいいのかわからない状況というのは、一番困る。
今の日本に必要なのは、確実な情報と頼れるリーダー。早くなんとかしてほしいよ。


d0129295_14502139.jpg

by mint-de | 2011-05-27 14:52 | 社会畑

早く収束して!

東電が今頃になって、福島第一原発の1から3号機の炉心溶融を認め、格納容器に穴が開いているかもしれないという報告をした。
あれだけ高濃度の放射性物質が漏れ出ている時点で、素人の私でさえ、穴が開いているんじゃないかと思っていたので、遅すぎる発表に、「情報操作」をされたような、とても不快な気分になる。
パニックをおそれて真実をいわないというのは、国民を馬鹿にしているし、信用性に疑問符がつく行為だ。
重大な事実なら、パニックにならにようにちゃんと説明すればいいだろう。
この国から逃げ出せない人間は、それなりの対応をして生きていくしかない。
福島の子どもたちのことを考えると、本当に、1秒でも早く収束して!と願うばかりだ。

月曜日にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を見た。
鶴瓶さんが震災後の石巻を訪れたのだが、被災された方々が「よく来てくれた。会えて元気をいただいた」と鶴瓶さんと抱き合い、握手をしていた姿に、胸が熱くなった。
芸能人が来ただけで「うれしい」と口にする人々。
失ったものが大きいからこそ、人のおもいやりの心が、それだけでもうれしいのだろう。
鶴瓶さんもそんな風にいってもらって、芸能人冥利に尽きるというものだろう。


d0129295_11531763.jpg
by mint-de | 2011-05-25 11:55 | 社会畑

「マルモのおきて」の優しい人たち

すっかりこのドラマに癒やされている私。
登場人物たちが、みんな優しくて、誰かを責めたりせず説教くさくないところがいい。
親友の子どもを親戚に代わって育てるなんて、ちょっと現実ばなれしているけれど、人のいい護を周囲のみんなが応援する姿に、こちらまで温かい気持ちになる。
大家の父娘のさりげない優しさもいい。父役の世良公則のオヤジらしい雰囲気もいい。
なんだか「いい」ばかりいっているけれど、久しぶりに「アハハ」と笑えるドラマが見られてうれしいな。
by mint-de | 2011-05-24 13:55 | 日本のドラマ

雷が怖いワン

うちの犬は、いままで雷を怖がることはなかった。
しかし8歳になったいまごろ、雷の音におびえるようになった。
なぜ?
ネットで調べたら、老化現象の一つとかいうのがあって考えてしまったが、小さいころから怖がっていたのならわかるけれど、突然怖がりだしたというのが妙。
犬は電流を感じるとかで、とにかく怖がり方がスゴイ。
その場から逃げ出したい一心で、必死になって柵をよじのぼり、結局柵を壊してしまった。
夫は柵の木をかじるのを見たと言う。野生の犬!(^^)
放したら一体どこに逃げるのだろう?犬は安全な場所がわかるのかもしれない。
それにしても、これから夏に向かって雷鳴は多くなるだろう。
「なんとかしてくれ~!」と吠えまくるうるさい鳴き声を思うと、憂鬱である。


d0129295_15165181.jpg

by mint-de | 2011-05-20 15:19 | 木陰日和

5月の光

久しぶりにウォーキングへ。
犬の散歩はしていたものの、速足で歩くとちょっと疲れる(^^;)
体は正直だ。やはり休まずに続けることが大切なのだと思う。
公園には幼稚園や保育園の子がいっぱいいて、にぎやかだった。
5月の光と風と新緑。
いい季節だと思いたいが、原発のことを考えると、どうも気分が重い。
避難された方々は、どんな思いでこれから生きていくのだろう。
東電の報告を聞いていると、悪いニュースばかりで、もうニュース番組は見たくない気分。
果たして収束できるのだろうか?


d0129295_162384.jpg


d0129295_1625082.jpg
by mint-de | 2011-05-18 16:04 | 木陰日和

5月になって

お知らせもせず3週間もお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。
義母は入院してから容態が悪化し、あっという間に旅立ってしまいました。
常々、ポックリ逝きたいといっていた義母。
苦しみが長く続かなかったことが、せめてもの慰めです。
まだ、現実のこととして受け止められない自分がいますが、少しずつ元のペースに戻りたいと思っています。



d0129295_10493156.jpg
by mint-de | 2011-05-17 10:51 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de