<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「木洩れ日の家で」 

 「木洩れ日の家で」  (2007年 ポーランド映画 監督ドロタ・ケンジェジャフスカ)

一人暮らしの老女の毅然とした生き方に共感を覚える映画。
そしてワンコもすばらしい名演で、91歳のアニェラと愛犬フィラの物語といってしまいたくなるほど。フィラがいることで、この映画に明るさがもたらされている気がする。ワンコ映画でもないのに、こんなにワンコのアップが見られる映画は珍しい。
アニェラは、広大な敷地に立つ古い屋敷に一人で住んでいる。息子は年に2回しか訪ねてこない。
愛犬のフィラが唯一の話し相手だ。時折、近所の子どもたちが庭に侵入してブランコで遊んでいるので注意したり、音楽クラブの子どもたちが演奏する様子や隣家の女が愛人といるのを双眼鏡でのぞく日々。
アニェラは息子と暮らしたいと思っているが、息子の家族にはその気持ちはない。
彼女は思い出のいっぱいつまったこの家を去りたくはないので、この家を買いたいといってくる男には、その申し出を頑として拒んでいた。しかし、ある夜、息子の裏切りを知ることになる。
自分の育て方が間違っていたのかと嘆くアニェラ。一時は絶望の淵に沈んだ彼女だったが、きっぱりと息子を諦め、ある決断をするのだった。
アニェラにとって、古いこの家は彼女の人生そのもの。年老いているからといって、自らの望みを捨てることはない。自分にとって最良で、そして誰かのためにも役立つことを選択するのだ。
老後を家族に頼れなくなったら、自分で行動するしかない。それは誰もができる選択ではないけれど、たとえ足腰が弱り、物忘れがひどくなったとしても、その人の一生の終わりにふさわしい場所というのはあると思う。
老女の気概に拍手したくなるような映画で、モノクロの雰囲気もストーリーによく合っていた。
by mint-de | 2011-11-30 13:26 | シネマ(あ~そ) | Trackback

落ち葉

落ち葉が増えてきたのでせっせと掃いているが、葉っぱを片付けるのって結構大変。
掃いても掃いてもすぐに落ちてくる。
木の葉っぱが全部なくなるまでしょうがないか。

掃きながら、去年の今頃は義母がこうやって掃除していたんだなあと思う。
体の調子が悪くなっても、庭仕事をしていた人だ。
多分、そうすることで体の不調を紛らしていたのだろう。
確かに庭を掃除したり、花に水をやったり、鉢の土を新しくしたりする行為は、気分転換になる。
そういうことに興味のなかった昔の自分を思うと、今の自分がちょっと妙に思えたりする。
両親が二人で庭仕事に精を出す姿を見ながら、そんなに面白いのかなあと思っていた自分。
今は亡き人々を思い出しながら庭仕事をしていると、「土になる」という言葉が何だか切実に感じられるのだった。

ところで、「清武氏の乱」はどうなるんだろう。
朝日の天声人語で「有力メディアがかくも長く一個人の絶大な影響下にあるのは健やかな景色ではない」といっているけれど、私もまったく同感。
はたして読売側はどう動くのか、今後に注目だ。


d0129295_14254885.jpg

by mint-de | 2011-11-26 14:45 | 木陰日和

今日も晴れ

今日もいいお天気だ。
電車に乗っていたら、どこまでも続く青空の向こうに富士山がくっきり見えた。
ときどき見ている山なのに、富士山が見えると「あっ、富士山!」といってしまうのはナゼ(^^)

銀行のATMの順番を待っていたら、後ろに並んでいたおじさんが「バカヤロウ」と怒っていた。
どうも銀行側の不手際で、窓口でさんざん待たされた挙句、結局またATMで処理してといわれたらしい。
そのお怒りはわかりますが、私の後ろでいわれるとこちらが不快になります。
担当者に直接「バカヤロウ」といえず、ここで怒りをぶちまけてもねえ…
でも、ローンとかあると銀行員には怒れなかったりするのかな?
「立場」ってあるなと思う。
たとえば病院で、お医者さんが横柄な態度をとっても文句はいわれないだろうけれど、スーパーの店員の態度が悪かったら、多分文句をいわれるだろう。
でも、そういうのって間違ってるよね。
どんな人間でも、態度が悪かったら、「おかしい」とはっきりいいたいもの。
by mint-de | 2011-11-25 14:40 | 木陰日和

雑草の力

この間の旅行で新潟から富山へ移動中、車窓から黄色いセイタカアワダチソウをたくさん見かけた。
この花は荒地や植生の破壊された場所で繁殖するというのだから、何かすごいパワーを感じる。
うちの庭にも生えてきたのですぐに切ってしまったけれど、雑草の生命力ってすごいなあと思う。
きれいな花を咲かそうと思ってタネを買い、いろいろ尽くしてもちゃんと咲いてくれない花もあれば、いつのまにかタネから芽をだし、ぐんぐん伸びていく草花もある。
ある人が「雑草」といっても、草花にはちゃんと名前がついていて、人間が必要としないものを勝手に「雑草」と区分けしてしまっているといっていた。
たしかにその通りで、雑草として庭から引っこ抜かれてしまう草花は、差別だと怒っているかもしれない。
庭の手入れを怠ると、名も知らぬ草花がどんどん増えていく。ほんの小さなタネから繁殖していくその力に、草むしりをしながら感心したりもするのだった。

今日もモミジ日和
d0129295_15371925.jpg
d0129295_1537398.jpg

by mint-de | 2011-11-23 15:37 | 木陰日和

今日は曇り

今日はどんより曇った寒い日だ。
イチョウの黄色い葉っぱには青空が似合うと思っていたけれど、曇った空の下で見る黄葉も、秋の深まりと落ち着きが感じられて、なかなかいい眺めだ。
公園にいく途中にノラネコのすみかがあって、最近子ネコが生まれた。
色違いの2匹の子ネコは、今日の寒さがこたえるのか、お互いの体をくっつけてじっとしている。そして、寒いんだねと声をかけた私の顔をじっと見ている。
ノラとして生まれたばかりに、飼い猫とは違って過酷な生を生きることになるんだね。
人間の社会も格差はあるしね。公平な社会なんて言葉だけだよなあ…

d0129295_14354317.jpg

by mint-de | 2011-11-18 14:37 | 木陰日和

園芸入門

今まで義母任せだった庭。
後を引き継ぐべく水遣りをしたり草むしりをしてきたが、植物の知識はないに等しい。
それで少し勉強しようと思い、園芸に関する本をいろいろ探していたが、いい本が見つかった。
NHK出版の『園芸入門』
園芸って何?から始まり、植物の一生から解説してくれている。
これ一冊で基本がおさえられ、あとは応用して何とかなりそう。
といっても分厚い本なので、はたしてどこまでちゃんと読めるかな。
それに理解したとしても、花が育って咲くとは限らないし…
自分でやってみると、花を育てる難しさがよくわかる。

昨日のNHK「ぶらタモリ」は、綱吉時代の犬のお囲い場について。
中野にあったんだね。昔、中野駅から電車に乗って通勤していたけれど全然知らなかった。
犬が10万匹も入れられていたなんて信じがたい話だけれど、タモリがいっていたように、あの時代に「動物愛護」の精神をもっていたのは、革新的といえなくもない。
洋犬も輸入されていたという話やベトナムから像もやってきて、長崎から2か月もかけて江戸まで歩いてきたという話に驚いた。江戸庶民も像を見ていたんだね。鎖国といいながら、結構外国の「もの」はあったらしい。
この番組を見ていると、江戸時代の豊かさに触れることが度々あり、この時代に興味がわいてくる。

d0129295_16462223.jpg
by mint-de | 2011-11-11 16:50 | 木陰日和

黒部峡谷と白川郷の紅葉

去年の今頃は信州を旅したが、今年は黒部峡谷と白川郷へ。
初めて訪れる所なので楽しみにしていたけれど、お天気がよくなかったのが残念。
でも、雨に濡れた紅葉もなかなか風情があった。

トロッコ電車は窓のない車両に乗ったので寒かったけれど、景色はよく見えた。
エメラルドグリーンの黒部川と山々の紅葉がとても美しかった。

鐘釣の万年雪展望台から
d0129295_141115.jpg


白川郷の展望台から
d0129295_1413863.jpg


伝統を守りながら生活するのって大変だろうな。
d0129295_1416639.jpg


庄川もきれい
d0129295_14184569.jpg


今回、紅葉が一番きれいだったところは、バスの窓から見た場所。
それは、高山から松本へ向かう道沿いで上高地近くのダム湖周辺。
エメラルドグリーンの水の色と周囲の山々の鮮やかな紅葉はすばらしかった。
バスの中から撮ったのでブレているけれど、色の感じはわかると思う。
ちょっと幻想的で面白いかも(^^)
d0129295_14334617.jpg


旅はいいなあ。
また行きたいな。
by mint-de | 2011-11-08 14:38 | 旅する風

長~い名前

昨日は、芦田愛菜ちゃんが歌って踊る姿を2回も観てしまう。
新曲のPRらしく、日テレとフジテレビにご出演。
実に堂々とした歌いっぷり&踊りっぷり。
でもねえ、こんな小さな子がこういう商業ベースにのせられた姿というのは、あんまり見たくはないな。
本人は楽しんでいるみたいだけれど、せっかくのお休みの日なのにね。
愛菜ちゃんはとっても賢くて可愛いので私は好きだけれど、あんまり無理はしないほうがいいと思うな。

そういえば、AKB48には、48人もいないんだってね。なんであんな名前なんだろう?
プロ野球の横浜ベイスターズは「ディーエヌエー」になるらしい。
あのDNAを連想してしまうけれど、モバゲーよりはましかな。
やたら名前の長いものが増えて、オバサンの頭は覚えきれないよ。
洋菓子の専門店とケーキの名前も舌をかみそうなのばかり。
あそこのケーキを食べたいと思ってもお店の名前がでてこないので、デパ地下をウロウロしてお店を見つけるといった具合。
常にメモしておくしかないかな。

d0129295_16222770.jpg

by mint-de | 2011-11-04 16:23 | 木陰日和

「ウィンターズ・ボーン」

「ウィンターズ・ボーン」 (2010年アメリカ映画 監督デブラ・グラニック) 

描かれた世界をどう理解したらいいのか戸惑いつつ、どんなに過酷な境遇にあっても、生きる術は自分自身が諦めない限りあるのだと思った。
ヒロインの少女のように、強い心を持てる人間は少ないと思うけれど、家族を守るために孤軍奮闘するヒロインの凛とした姿に、心を打たれた。

ミズーリ州の山の中、17歳のリーは、心を病んでしまった母と幼い弟妹と暮らしている。
覚せい剤を製造した罪で逮捕されていた父親は、保釈後に行方不明になった。
父が裁判に出廷しなければ保釈金の担保になっている自宅と森を失ってしまうと知らされたリーは、父を捜すことにする。
リーは周辺に住む親戚に父のことを尋ねまわる。次第に明らかになる事実は、親戚中がグルであり父は裏切り者だったということ。
父の死の証拠が家族を救うというのは皮肉な話だけれど、リーはそんな現実にもめげたりはしない。
ただ自分がしなければならないこと、家族を守るために、奮闘するのだ。
印象的だったのは、お金を得るために軍に入隊しようとしたリーに、軍の担当者が今リーがやるべきことは、幼い弟妹をちゃんと育てることだと諭す場面。
リーが弟妹に、リスを食べるために皮をはぎ、はらわたの取りかたを教えるシーンは見ていられなかったが、彼女たちが生きていくためには覚えなければならないことなのだ。
遊具で遊び、森の自然を楽しむ。
それは、どんなに貧しくとも、家があって愛する家族がいれば、それだけでも何とかやっていけるだろうという暗示でもある。
テーマはとても重たくて、荒涼とした風景が続く暗い映画なのだが、リーを演じたジェニファー・ローレンスの演技がすばらしく、彼女のひたむきな姿がとても清々しく感じられた。
by mint-de | 2011-11-03 14:54 | シネマ(あ~そ) | Trackback(2)

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de