<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「はつ恋」 第2回

Frozen Memory

緑と潤は、手術前の面談で手術によるリスクの説明を受ける。
執刀医である三島はクールに話すが、緑は不安な気持ちを隠せない。
健太と電話で話し、明るく振舞おうとする緑だったが、たまたま廊下で見かけた三島に声をかけ、自分の病状について質問する。しかし、三島の言葉に納得がいかない緑は、先生の説明は患者の気持ちに寄りそっていないと思わず大声でなじってしまう。
がんや手術は医師にとっては日常であっても患者にとっては、ショックな一大事だ。本当に世界的な名医なのかと問う緑。その言葉に憤慨する三島。二人は昔に戻ったように言い合ってしまう。

手術は無事に終わった。経過も良好で、緑は退院の日を迎える。
潤は花束をもって迎えにいくと意気込んでいたが、部下のトラブルでなかなか迎えにいけない。
病院で待つ緑は、潤があまりにも遅く連絡もつかないので、ひとりで帰ることに。
バス停で待つ緑の前に、高級車が停まった。三島だった。
術後の身で荷物をもって帰るのは主治医として認められない、送っていくという。
緑は車に乗った。ずっと無言の緑に、三島は「緑、なんかいってくれよ」というのだった。

高校時代の二人
緑の母が亡くなった。半年前に散髪してくれたのにと悲しむ三島。
酒屋の息子である三島はケンカで停学をくらった。父親には高校をやめろとまでいわれている。
しかし、緑の母の死に何かを思ったのか、死ぬ気で勉強して医者になると、緑の前で宣言するのだった。

緑は、三島が食べながら本を読むのを見て昔を思い出し、三島は、いいたいことをいってしまう強気の緑の姿に昔と変わっていないと微笑む。
二人は次第に、かつて共有した時間を思い出していくようだ。何も知らない潤に同情します。
富士山、桜、チューリップの花束。映像的にもとても美しいドラマだ。
今回ちょっと気になったのが、「偶然」が多すぎること!
緑が病室の外で電話をかけているときに三島が通りかかったり、やたら三島先生が廊下を歩いている。退院する緑を目撃するのもグッドタイミング!
緑を送る三島先生、勤務中じゃなかったんですか?(^^)
by mint-de | 2012-05-30 14:53 | 日本のドラマ | Trackback

福島第一原発4号機

福島第一原発4号機についてはいろいろ噂があった。
あそこが倒壊したらもう終わりだと聞かされていたので、土曜日に公開された建屋内部の映像や東電の発表(全面的には信じられないけれど)で、今のところはまあ安心できるかなと思った。
でも、あの壊れ具合を見ると、危機一髪だったとぞっとした。
これからの作業だって、ものすごく大変だ。
こんな惨状の原発があっても、違う原発を稼働させたいと思っている人たちがいる。
私の身近にも容認する人がいて、私はとても驚いた。
確かに電力不足は問題だ。でも事故が起きた場合、甚大な被害がでて収束する方法がわからないものなんて最初から作るべきじゃなかったと思う。
原発云々より、電力を安全に安く供給できる方法をさっさと考えてほしい。

紫のバラ
d0129295_1615741.jpg
d0129295_1622147.jpg

by mint-de | 2012-05-28 16:05 | 社会畑

リベンジ 第11話

強迫

ドラマのHPで先のエピソードを見ていたら、シャーロットの父がデヴィッドと載っていた。配慮なさ過ぎHPにガッカリ。
ヴィクトリアが産んだのが間違いだったといった意味はわかったけれど、シャーロットに罪はないので、父のほうに愛情を感じているシャーロットが余計可哀想。

今週はタイラーのワンマンショー。いなくなってホッとしたけれど、戻ってくることも十分考えられるので、戻ってきたら、もっと厄介な存在になりそう。
タイラーは重度の精神病だった。コンラッドはタイラーの脅しにはのらないことに決め、タイラーを再度クビにしてしまう。怒ったタイラーは荒れまくる。その場を目撃したエミリーは、タイラーの薬を発見し、タイラーが精神科医に暴力をふるい家族が捜していることを突き止める。
仲直りしたノーランにまたまた助けてもらい、タイラーの兄に連絡。

エミリーの企画で、ダニエルの誕生日をビーチで祝っているとき、タイラーが現れる。皆に銃を向けて引き金を引こうとしたとき、兄がやってきてタイラーは警察に捕まる。
エミリーは、タイラーのポケットにフランクの財布を入れた。入れないほうがよかった気がするな。タイラーは誰が入れたか気付くはず。
銃はエミリーの銃だったけれど、弾は入ってなかった。なのに、黙っていたエミリー。ほかの人は怖かったろうね。
タイラーがもっていた隠しカメラはまた戻ったけれど、タイラー、ものを大事に保管しなさすぎ!

ヴィクトリアとコンラッドは離婚に向けて動き出した。ヴィクトリアはいかに多くコンラッドからお金をとるか、いろいろ画策。彼女が流産したという話に、本当はその子が生きていて、それがエミリーかもと思ったりするのは考え過ぎかな。エミリーの母親って全然話に出てこないから、いろいろと想像してしまうな。

アマンダをヴィクトリアとコンラッドに紹介するエミリー。アマンダをたいしたことがない女と見るヴィクトリア。人を見る目は確かだけれど、彼女の怖さはまだわからないようだ。
by mint-de | 2012-05-27 10:57 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

イキシア

d0129295_18302486.jpg庭に咲いている花で、名前のわからない花があった。
去年、園芸図鑑で見つけたのが、このイキシアという名前。
細い茎が長く伸びて、花が穂のようにつき、花がいっぱい咲いてくると、上の方の重みでどうしても傾いてしまう。
せっかくきれいに咲いていても、ちょっと残念な形になってしまうけれど、とてもきれいな花だ。
南アフリカ原産と聞き、確かに明るい感じが南の国の雰囲気だなあと思う。

月曜日の金環日食は、しっかり見られた。7時半ころ、東の方が夕方のように薄暗くなって不思議な感じがした。
そして太陽の光ってすごいパワーなのだなあと、つくづく思った。月にあれだけ隠されても、全体の明るさはたいして変わらないのだから。
メガネどうしようかと思ったら、まだ使い道があった。
「金星の太陽面通過」というのが6月6日にあるのだとか。
太陽を通過する金星が、小さなホクロのように見えるのだとか。
その現象は105年後まで見られないらしい。
珍しい天体ショーではあるけれど、太陽のホクロを見ても「それが何?」っていう気がしないでもない(^^;)

美しい緑
d0129295_18334381.jpg

by mint-de | 2012-05-24 18:35 | 木陰日和

「はつ恋」 第1回 

STAY GOLD 

期待して見たドラマ。この先の展開が楽しみだ。
はつ恋が、思い出したくもない過去である緑。その相手は、今は肝臓外科医としてパリで活躍するスーパードクターの三島。
二人の恋がどう終わったのかはまだわからないけれど、ドラマのHPによると、三島は医師になったら迎えにくるといいながら、緑の前から消えてしまい、緑は深く傷ついて絶望の淵をさまよったのだという。

今の緑は言語聴覚士として働き、年下の優しい夫、潤と小学校に入学した息子の健太と暮らしている。
ある日、保険会社の営業所長である潤のもとへ保険の更新のため健康診断した医師から、緑の検査結果に異常があるという連絡が入る。
緑は肝臓がんだった。がんは手術するには難しい場所にあるため、どの医者からも手術は無理だと断られてしまう。

潤は、「名医」に関する本から、三島という医者なら手術をしてもらえると確信し、強引な方法で日本に来ていた三島に会う。パリに帰るからと手術を断った三島だが、彼が手術した教授が死んだことから病院の評判を落とさないためには、もう一度難しい手術を行う必要があったので、三島は潤の頼みを聞き入れることにする。

潤に連れられて病院に行った緑は、レントゲン写真を並べる医師の後ろ姿に言葉を失う。
驚く三島に、あなたの患者にはなりたくないといって部屋を飛び出す緑。
しかし緑は、潤の話から手術をしないと長くは生きられないと知り、息子や夫のために手術を受けることを決意する。そのことを伝える緑に、三島は自分のキャリアのために手術を成功させるというのだった。

潤が三島に会うシーンは、潤のわらにもすがりたいというような気持からでたのだろうけれど、現実にはあり得ないだろうなあと思う。でも、妻を助けたいという潤の強い気持ちにはジーンときた。
緑の何も知らない頃の明るさと、病気を知ったあとの懸命に明るくしようという気持ちにも、小さい子がいて自分が病気になったらと思うと、彼女の気持ちは本当によくわかる。
三島は、日本にくる前に緑をパソコンで検索していた。今の彼にとって緑は、どういう存在なのだろう。
三島がキャリアのために手術をするといったのは、確かに本当のことではあるけれど、愛する夫と息子のためにもっと生きたいという緑の言葉を聞いて、自分の感情を抑える意味でいったのかもしれない。
緑の胸中は複雑だ。家族のためにもっと生きたいと願った彼女が、今後、三島に対してどう心を変化させていくのか、その辺も見どころだ。
by mint-de | 2012-05-23 15:50 | 日本のドラマ | Trackback

リベンジ 第10話

阻害 

エミリーとタケダが日本語で話すシーンは、エミリー・ヴァンキャンプの日本語を聞きたくて、音声を変えてみた。とても可愛らしく聞こえたのと、吹き替えの芦名さんと声の感じがとても似ていてビックリ。

タケダは、エミリーのダニエルに対する気持ちの変化に気づき、彼女に協力するのは無理だと告げる。リベンジに情けは無用。感情を切り離して行動できなければならないという。

アマンダになった本物のエミリーは、ジャックの優しさにどんどんひかれ、彼女をアマンダだと思い込んでいるジャックも今までの思い出ゆえに彼女への思いをつのらせていく。エミリーは、本物のエミリーを怒らせてしまうのはまずいので、彼女に昔の日記を見せてアマンダの思い出をジャックと共有できるようにする。
もしかすると、アマンダを知っているサミーの行動を見て、ジャックが本当のアマンダを知る日がくるのかも。

タイラーがノーランと関係をもったことでノーランに投資をさせたことを、隠しカメラの映像で知ったダニエルは父にそのことを話す。コンラッドはタイラーをクビにするものの、逆にリディアの原稿からコンラッドのやったことを知ったタイラーに脅されて、クビを撤回。父の態度に怒ったダニエルは、母ヴィクトリアの味方になることを宣言。

ヴィクトリアは離婚を決意したが、その弁護士としてハントリーが現れる。彼はデヴィッドの裁判でデヴィッドの弁護人でありながら、コンラッド側に有利になるように動いた人物。
シャーロットは自分を理解してくれる父のもとへ。ヴィクトリアはますます孤独になる。

タイラーから自分しか知らない映像が持ち出されていることを聞き慌てるノーラン。エミリーの仕業と気付いたノーランは、もう助けられないと怒る。でも、前にもそういいながら協力してたから、また協力するのだろうな。

ダニエルにアマンダを紹介するエミリー。ヴィクトリアに知らせようと思っているのだろう。ヴィクトリアはニセのアマンダと会おうとするのだろうか?

デクランとシャーロットの関係は、私には子どもっぽい感じがして興味がないのだけれど、デクランが手切金を返して、ジャックの言葉を聞き入れ大学に行こうとしたことはいいこと。
リベンジなんていうテーマゆえ、まっとうに生きているジャックがでてくるシーンは、なんだかホッとする。
タイラーは、あまりにも陳腐なワルに描かれすぎていて興ざめ。もう少しなんとかならないのかな。
by mint-de | 2012-05-22 15:01 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

北大のポプラ

d0129295_16194648.jpg
法事で北海道へ。

前回も訪れた北大の構内を散策。
新緑がとてもきれいで、大学とはいえ落ち着いた公園の雰囲気が気に入っている。

一般の人もいっぱい見学しているけれど、静かで落ち着いた雰囲気なのは、きっとおバカな大学生なんていないからなのだろうな。



古河記念講堂
d0129295_16244361.jpg



今回はポプラ並木を初めて見た。台風の影響で昔の姿とは違ってしまったせいか、昔の写真のイメージに比べると、ちょっと迫力不足だったのが残念。
d0129295_16222996.jpg


ポプラの近くの花木園には、珍しいクロユリが咲いていた。
昔は構内にいっぱい咲いていたので、群生地の復元をしたのだとか。
d0129295_1623617.jpg


池には藻の緑の中、カモがたった一羽泳いでいた。仲間はどこ?
d0129295_16232896.jpg


翌日故郷へ。
役目を終えて記念の建物になっている駅。道内でも古い木造の駅舎だった。
d0129295_1625592.jpg


車の中からとった好きな風景 駒ヶ岳が見える
d0129295_16253129.jpg


そして山 風車が4本立っていた
d0129295_16255914.jpg

by mint-de | 2012-05-20 16:39 | 旅する風

バラがいっぱい!

d0129295_16163131.jpg
西武ドームで開催されている「国際バラとガーデニングショウ」へ。
ドームの中なので自然な感じには乏しいだろうなあと、今まであまり行く気がしなかったけれど、バラと素敵な庭を見たくなり、いってきた。
人の多さに驚いたが、女性が圧倒的に多い。
バラとガーデニングをうたっているけれど、半分のスペースにいろんなお店がでているので、花を見にいったつもりが、お買い物の時間のほうが多かったかも、なんて思ったりもする(^^)
花とは関係のないバッグや毛皮のお店まであり、さらに子ども向けのショーもあったりして何だかよくわからないイベントではある。
すばらしいバラや花いっぱいの庭を見ると、自分でも作ってみたいと思うけれど、いつも思うだけ(^^;)
でも、いろんな庭やお花を見て、ひととき贅沢な気分を味わえた。
バラの苗を買った。ちゃんと育ってほしいな。

賞をとったバラ
d0129295_16175558.jpg

d0129295_16181995.jpg
d0129295_16184597.jpg
d0129295_16185228.jpg
d0129295_16191277.jpg

庭のバラ
d0129295_16194527.jpg

by mint-de | 2012-05-15 16:22 | 木陰日和

スズラン

ある本を読んでいたら、「自分を一番知っているのは自分自身だと思っていたけれど、本当にそうだろうか」というような文章があった。
確かに、自分は自分を鏡でしか見ることができないけれど、他人は自分をそのまま見ることができるのである。今ごろそんなことに気づくのもおかしいけれど、自分が一番よくわかっているのは、そうありたい自分であって、自分の本当の姿は、他人の目で判断される自分なのかもしれない。
でも、自分のことは自分が一番よく知っていたいな。
客観的に自分を見るのは難しいけれど、心のなかの数パーセントを他人の目線にするみたいな感覚を持っていたいと思う。

海苔の缶を開けたら、おせんべいがでてきてびっくり!
ずっと前に買ったおせんべい。しけらないように、海苔の缶にいれておいたのをすっかり忘れていた。
缶のおかげで、おいしく食べられた。賞味期限は切れていないけれど、いつ買ったのか思い出せない(^^;)
困ったものである。
ボケないように気をつけなくちゃ!

昨日の「世界の果てまでイッテQ」
スカイダイビングに挑戦したデビ夫人はすごい!
興味のある女性ではなかったけれど、あのお年でやってみようと思うその気持ちの持ち方には感心した。
とても柔軟な方だと思う。
年を言い訳にして、物事にしり込みをしていたら、何もできない。
いくつになっても好奇心を失わずに、イキイキとしていたいものだと、見ながら思ったのであった。

d0129295_14591749.jpg
by mint-de | 2012-05-14 15:02 | 木陰日和

リベンジ 第9話

秘密 

本物のエミリー・ソーンは、カーラという新しい名前よりエミリーと交換したアマンダという名前がいいらしい。
親しい人間がいないせいで、優しくしてくれるジャックが気に入った様子。
ジャックもエミリーに振られたこともあり、彼女にひかれていく。
ジャックともっと親密になりたかったのか、彼女は実は「アマンダ」だといってしまう。彼女の言葉を信じて、ブランコを見せにいくジャックはとてもうれしそうだった。
彼女がパリにいかなかったことに加えて、アマンダだというウソに呆れるエミリー。
にせアマンダのウソはそのうちバレるだろうけれど、ジャックがエミリーとアマンダの関係を知る日も近いような気がする。今後はこの3人の関係が気になるな。

コンラッドは息子のやる気を刺激するために、タイラーと競わせて投資話を早くまとめさせたほうに役員待遇の手数料を払うと話す。タイラーは、ノーランに投資をお願いして、ダニエルに勝つ。もっともノーランは契約する前にやめるつもり。
ノーランは隠しカメラの映像で、タイラーがリディアの真相暴露のスピーチ原稿をもっていることを知るが、その原稿を取り返す。タイラーはあの原稿を読んでどう思ったのだろう?

フランクの携帯をエミリーがグレイソン家の敷地に落としたので、警察がやってきてその携帯を見つける。コンラッドに疑いがかかるのかな?

ヴィクトリアは、シャーロットとつきあっているデクランが娘にふさわしくないので、別れさせるために手切れ金交渉。デクランは、お金をもらっても彼女との付き合いもそのままの形を選択。後でそれを知ったら女王様のお怒りはすごいものになるだろうね。

エミリーは、少年刑務所の所長から教えられた日本人タケダに連絡する。困ったときのお助けマンらしい。
今回の登場だけでは、彼がどんなふうにエミリーを助けられるのかは不明。

タイラーとノーランのキス現場を目撃したアシュリー。彼女は今後も付き合うのかな?
リディアはコンラッドがやってきたので、ヴィクトリアのもとから脱出。彼女の今後の動きも気になるな。
by mint-de | 2012-05-13 15:10 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de