碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「はつ恋」 第5回

True Heart

緑は揺れる心のまま家へ帰った。
潤には、三島はパリに帰ったので野田先生に診てもらったと嘘をついてしまう。
三島から16年前のことで話しておきたいことがあるので連絡するといわれた緑は、ケータイが気になってしょうがない。そして、近くに来たという三島から勤務中に連絡を受けた緑は、三島に会いにいく。
そこで緑は、16年前の残酷な別れの本当の理由を知るのだった。

三島は、岡倉教授が手術した幼児の死を教授の代わりに責任を取る形になり、医局を辞めざるをえなくなった。そのとき蛯名教授がパリに留学しないかと声をかけてくれたのだ。
医者の道を進むために、緑と別れる道を選んだ三島。
緑はその言葉を聞いて、自分も何故会いにいったのか話そうとする。しかし、緑はその言葉をのみこんだ。
帰る緑を三島は送るという。バス停で、緑は優しい夫を裏切っていることを悔い、涙を流す。
そんな緑に何もいえない三島は、ただそっと肩を抱くだけだった。

パリに帰る決意をした三島は、「出会ったときから君を思わない日はなかった。さよなら」という別れのメールを緑に送った。それを読んで胸がいっぱいになる緑。緑は「ありがとう。さようなら」と返信した。
そして、三島への思いを必死におさえ、家族との幸せな生活を守るため、三島のメールを削除する。

緑が手術を受けて1年がたった。家族や広瀬らが記念にお祝いをしてくれた。
緑は元気に言語聴覚士としての仕事をしていた。
その頃、三島はパリの病院で突然倒れた。脳出血だった。手足に麻痺がないものの言葉を失った。
幸絵は三島を日本へ連れ戻した。

緑は新しい患者の担当を頼まれる。カルテをもって部屋に入った緑は、患者を見て驚く。
それはうつろな表情の三島だった。

意外な展開にビックリした。今度は、緑が三島を助けることになるのだね。
今までは緑が可哀想に思えてならなかったけれど、今後は言葉を失った三島先生に同情しそう。
言葉が理解できない、話せないなんて、とても苦しいことだろう。まして医者だった三島にとっては、とてもつらいことだ。
三島への思いが残る緑にとって、この展開は、さらに悩ましいことになりそう。
最初から「切なさ」が漂うドラマだったけれど、ますますその「切なさ感」が増してきて、登場人物それぞれに感情移入してしまいそうだ。

16年前の別れに関しては、三島は何故正直にいえなかったのかなと思う。
本心は緑と別れたくなかったので、ああいう態度になってしまったのだろうね。
ずっと緑を好きだったといっているのだもの。
でも、今頃いうのは遅すぎだし、「反則」っていう気がするな。
by mint-de | 2012-06-27 13:49 | 日本のドラマ | Trackback

リベンジ 第15話

混沌

ドラマでマジックを見せられるとは思わなかったよ(^^)
初回に、撃たれて倒れたのは確かにダニエル。
しかし、ダニエルだと思っていた男はタイラーだった!
いろいろいいたいことはあるけれど、制作サイドはダニエルを生かしてタイラーを片づけてしまいたかったらしい。エミリーのことを知り過ぎた人間は消されてしまうようだ。怖い脚本だね!

エミリーの秘密の箱を盗んだのはタイラーだった。タイラーはお金と引き換えに、箱とアマンダを返すという。
エミリーは、駐車場で待っていたタイラーを銃で脅して箱を取り返そうとしたが、タイラーによってエミリーに利用されているだけだと吹き込まれたアマンダに、逆に銃で脅されてしまう。
エミリーは箱も銃もアマンダも失ってしまった。

ダニエルは祖父から、会社に証券取引委員会の調査が入るのと両親の離婚問題で投資家が会社から離れてしまわないように、仕事をしてほしいと頼まれる。
その頼みを聞いてタケダに会ったダニエルだったが、彼はついに決断する。グレイソン家から独立してエミリーと新しい土地でやり直すことを。
タケダはダニエルの決意にエミリーの危機を感じたようだ。

アマンダは、タイラーに一緒に婚約披露パーティーに出るようにいわれる。タイラーはダニエルを殺してそれをエミリーの仕業にするという。
アマンダはエミリーがフランク殺しをタイラーの犯行にしようとしたことを知り、やはり自分をかばってくれたエミリーのために尽くそうと心を決める。ハンガーでタイラーを殴って駆け出したアマンダは、ジャックのもとへ。

ハイチで奉仕活動のために出発しようとしていたジャックは、やってきたアマンダに驚く。一緒に行きたいというアマンダに行こうというジャック。しかし、アマンダはキスをした後でタクシーにお金を払うといって去っていく。ジャックは、自分の手にアマンダの血がついていることに気づき、慌ててアマンダを追いかける。

ヴィクトリアは離婚の条件をのみ離婚届にサインした。証券取引委員会の一人の名刺を持ち出していたので、何か魂胆がありそう。

パーティーが始まった。ダニエルは自分の決意をヴィクトリアに話す。息子の別れの言葉に、ヴィクトリアはエミリーは自分と同じで野心のかたまりだ、すぐにどんな女かわかると返すのだった。

エミリーはタケダから箱を受け取る。タイラーとアマンダはどうしたという問いに、タケダは箱を埋めて帰ってきた頃にはわかるだろうと答える。
エミリーがビーチで箱を埋めた後に、ダニエルがやってくる。
嘘と隠し事のこの場所から離れてパリで暮らそうというダニエル。驚いたエミリーは無理だと答える。
エミリーの反応にガッカリするダニエル。

一人になったダニエルの前に銃をもったタイラーが現れる。エミリーがどんな女か教えるという。

ジャックはアマンダを追ってビーチに着いた。そこへ銃声が響く。倒れている男のそばにはアマンダがいた。私じゃないというアマンダに、ジャックはとにかく逃げろといい、一人でその男を引っ張っていく。しかし、デクランとシャーロットに気付かれそうになったので慌てて逃げ出した。
そして、皆がダニエルだと思った撃たれた男は、タイラーだった。

アマンダはジャックの車で逃げようとしたが、キーがない。そこへタケダがやってくる。
タケダの車に乗るアマンダ。彼はいった「お役に立てて光栄です」と。

この展開だと、タケダがタイラーを撃ったのかな?
どんどん意外な展開になってくる。エミリーのリベンジは前途多難だね。

アマンダはジャックの愛を確かめに会いに行ったのだね。ジャックからエミリーの言葉を聞いて、やはりエミリーのためにやることがあると思ってジャックのもとを去ったのだろう。最初は好きになれなかったキャラだけど、健気なアマンダが好きになってきた。
by mint-de | 2012-06-24 13:53 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ゴミを片付ける

また、ゴミ集積所の「違反ゴミ」を片付ける。
プラスチックのゴミのなかにビンがまじっていたのだ。
それにしても、収集担当者の方はよく気が付くね。
一見、すべてがプラスチックに見えるのだけれど、ちょっとだけビンがのぞいていた。
しょうがないのでゴミ袋からとりだしたが、一つ気持ちの悪いものがあった。
ビンにはゴマと表示されているのだが、まるで墨汁のような状態になっている。
溶けてしまったのだろう。いったい何年前のもの?
なんで自分がこんなことをしなければならないのかと、腹が立ってくるけれど、誰かが片付けなければこのゴミ袋はずっとこのまま。周囲をきれいな状態にしておくためには、ゴミをためないことだと思うから、我慢我慢と自分を慰める。
しかし、どういう人がルール違反をするのだろう?
ちゃんとルールを守ってほしいな。

d0129295_15323770.jpg

by mint-de | 2012-06-22 15:35 | 木陰日和

ユリの花

巨人・原監督の「1億円を渡しました」という記事に驚いた。
脅されて渡した行為もそうだが、それ以上に渡した額にも驚いている。
それだけの価値があることだったのか?
お金持ちは違うね。
西武の涌井みたいに、「そういうことがありました」とその時おおやけになっていたなら、1億円も出さずにすんだだろう。
まずいことをお金で解決しようとしても、いつかはバレるということかも。

ユリが咲き始めた
d0129295_1228222.jpg


d0129295_1228731.jpg

by mint-de | 2012-06-21 12:32 | 社会畑

リベンジ 第14話

知覚

今回はジャックがすごかった!
自分の船にアマンダと名前をつけたくらいだから、アマンダへの思いが相当強いというのはわかるのだけれど、10歳前後の女の子への気持ちがそこまであるというのは、恋というより同情っぽい気がして、彼の熱くなる気持ちにはちょっぴり違和感があったりする。今のアマンダへの思いも、過去のアマンダのイメージがあるからであって、彼女がアマンダではないと知ったら、彼はどうするのだろう?

ジャックがメイソンのテープを一つ持っていることを知ったエミリーは、早速ノーランに回収を頼む。しかし、ジャックはアマンダが放火したことと自分がアリバイ作りに利用されたことにショックを受け、そのテープに何が入っているのか自分で確かめたいといい、ノーランにテープを見る方法をたずね、そのテープをノーランには渡そうとしなかった。
それを聞いたエミリーは、アマンダとはもう会ってほしくなかったが、仕方なくアマンダにジャックからテープをもらうように指示。アマンダはエミリーの頼みを聞いたものの、訪ねてきたジャックの怒りに自分の気持ちが隠せなくなる。あの女の子ではないとジャックにいってしまうが、ジャックはその当時のアマンダとは違うという意味にとらえたようで、別れの理由を探すといってテープを渡さずに帰ってしまう。

ジャックはノーランの家でテープを見た。ノーランは、ジャックの「君は友達」の言葉に負けてしまって、エミリーに背いたのだ。テープで、幼いアマンダは父の恋人はヴィクトリアという名だと話していた。

ピンチに陥ったヴィクトリアは、コンラッドの父エドワードを頼ることに。エドワードをダニエルの婚約式に招くため呼び寄せ、コンラッドより親密な態度で接する。エドワードもヴィクトリアを嫁なのに「娘よ」なんていっている。そして、エミリーも招かれたグレイソン家のディナーでとんでもないことが待っていた。

エミリーはシャーロットに父親が誰なのか知らせるために例のテープを家に届けたが、コンラッドのシャーロットに対する愛情を知りテープを自分のバッグに戻した。しかし、テープを見たジャックがその場に乗り込んできて、小さなアマンダを助けなかったとヴィクトリアを責め、デヴィッドとの関係も皆の前でぶちまけてしまい、その勢いでコンラッドもシャーロットの父がデヴィッドであるといってしまったのだ。

信じていた母に裏切られたダニエルは呆れるばかり。シャーロットは大ショック。
そして、そんな話を聞いたらエドワードは嫁に頭にきそうだが、なんと息子に向かって家族をいたわれないお前が悪い、CEOを解いてダニエルをその職に就かせるといいだしたのだ。会社はエドワードがつくって彼は今は会長だった。このお祖父さん、変わってる!

どんどん、とんでもない展開になってエミリーの作戦どおりにはいかなくなってきている。
そして、エミリーの家ではあの秘密の箱が盗まれていた!
来週は初回の続きが見られるらしい。どんな展開になるのかな?
by mint-de | 2012-06-17 14:43 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

「はつ恋」 第4回

Innocent Night

楽しみなドラマだったけれど、ちょっと無理なストーリーにしらけ気味。
まず、あんなに痛がっていた緑さん、どうやって富士市から東都医大までいったのかな?
三島先生は空港から引き返したけれど、三島はパリに帰るはずだったのだから、三島の部屋がそのままなのは、おかしくない?それに院内の医者の部屋に患者を泊めるなんて、ちょっと考えられないのですが… 
などと、突っ込みたくなるのだけれど、こういうドラマにそんな文句をいうのは、ヤボというものかな?

三島は、緑のために空港から引き返した。病院で、緑は三島に胸水を抜いてもらうと楽になった。
もう大丈夫という緑に、三島は入院して一晩様子を見なければならないという。
あいにくベッドが満床だったため、三島は自室を緑に提供する。
自分の病状を心配する緑に、三島はがんはきれいにとれたと写真を見せて安心させるのだった。
一人、三島の部屋に残った緑は、外の雨を眺めながら16年前の同じように雨が降っていた日を思い出す。

大事な話をするために病院の三島を訪ねたが、「好きだと思ったことは一度もない」と言われた日。緑は妊娠していたのだ。
三島の言葉にショックを受けた緑は、その後流産した。
病院に迎えにきた緑の父は、娘のことに気付かなかった己を責め、相手への憤りもにじませながら、緑を背負ってやるとかがむのだった。

翌日、緑を迎えにきた潤に、三島も緑も三島の部屋に泊まったとはいえなかった。そして、広瀬から二人が同級生だったと聞いた潤がそのことを三島に話しても、三島はあんまり覚えてなくてと、ウソをついたのだった。病院を出た潤は、緑にも広瀬が話していた三島はがり勉で感じが悪かったという話をする。あいまいに頷く緑。

広瀬は緑のことが心配になり、病院の三島を訪れる。店の弁当を持参した広瀬は、昔と同じように鶏のから揚げからパクつく三島を見ながら、緑の今の幸せな生活を壊すことはしないでほしいと話す。わかっているという三島。
広瀬が帰ったあと、三島は過去を振り返る。

父の葬儀の日。
後片付けをしてくれている緑に、医者になったら迎えにくるといったのにこなかったことを謝った三島。
緑は気にしていないといいながら、父が自慢気に息子の話をしていたと話し、三島くんは手術をして人の命を救っていると励ましてくれた。
自分には自慢できない事情があったのに…
その後で緑を抱いた三島。

幸絵は、三島の部屋で弁当の包み紙を見つける。
それが三島の故郷の弁当屋だとわかり、緑が誰なのか気付く。
幸絵は確認するために、緑の病院までやってくる。三島の本にはさんであった、セーラー服の高校生の写真。それはあなただったといい、緑の存在があったから離婚したのかもとまでいいだす幸絵。
緑は、幸絵の話から、胸水を抜いてもらった日は、三島がパリに帰るはずだったことを知る。
緑のために、空港から駆け付けてくれたのだ。
それを知った緑の心は揺れ始める。

複雑な気持ちを抱えながら、緑は病院へ。
もう大丈夫だからパリに帰ってほしいという緑に、三島は緑のためにとどまっているわけではないという。
しかし、三島は緑の言葉とは裏腹な涙を見て、自分の心が隠せなくなる。
三島は、さようならという緑を抱き寄せる。そして、キスする二人。

7年前、潤は緑に一目ぼれした。
言語聴覚士として仕事をしている緑を見て、恋をしてしまったのだ。
強引に何度もデートに誘う潤に、緑は、自分が35歳で男の人とは付き合う気持ちがないと告げた。
すると潤は、じゃあ結婚してとプロポーズしたのだ。そのときもっていたのが、チューリップの花束だった。

潤は、部下の桃子に、男は付き合っていた女を忘れられないものだが、女は上書き保存で過去は消してしまうという言葉に、じっと考え込む。潤は、緑と三島の関係を疑っているのだろうか?

三島がジョギングをしていると、記者の青山千香がやってくる。
16年前、亡くなった名誉教授が執刀した手術の件で聞きたいことがあるという。
二歳の子が亡くなったケースで、術後の管理を任されていた三島は、その後パリに渡った。
三島が緑と別れることになったのは、この出来事と関係がありそうだ。

緑と三島の関係は、これ以上にはならない気がする。タイトルが「はつ恋」だから。
この恋をいい思い出、郷愁のなかにしまうために、いろいろ描かれていくのだろう。
by mint-de | 2012-06-13 15:48 | 日本のドラマ | Trackback

余計なお世話! ターゲティング広告

前から気になっていたのだが、記事を投稿したあと、管理画面に広告がでてくる。
それが自分が見たサイトの広告で、楽天のターゲティング広告といわれるものだと、最近知った(遅すぎるけれどね)。
リンクをたどると無効にできることがわかったけれど、楽天以外にもいっぱいあって、いちいち無効にするのはすごい手間! 
だいたい勝手に広告をいれてきて、いやなら自分で操作しろって、あまりにも手前勝手で腹立たしい。
それとログインした状態で広告が入ってくるのって、広告なしのコースを選んでいるのに、おかしくないだろうか、エキサイトさん! 
たまたま見たサイトなのに、さも興味をもっているかのように、何度も同じ商品を見せられるのはとても不快。楽天サイドでは、「個人情報は流していません」などとうたっているけれど、どこまで信用できるだろう。
自分では自分だけのパソコンだと思っているけれど、自分の情報をいろんな所にバラマイテいるのだろうね。考えてみるととっても怖いゾ!

グーグルのストリートビューだって、勝手に人の家を映しておいて、嫌ならそっちから電話しろっていうのも、とってもおかしい。本来なら、了解をとってから載せるべきもの。
私の家は、電話で削除してもらったけれど、今考えても腹立たしい。

パソコンは便利だけれど、こちらからは見えない人がいっぱい見ている、ということも覚えておこうと思う。

ハナショウブの季節
d0129295_16262534.jpg
d0129295_16264010.jpg

by mint-de | 2012-06-11 16:29 | 社会畑

リベンジ 第13話

覚悟

弁護士のライアンはエミリー側だった! でも、どこまで信用できるかは疑問だな。
自分の都合のいいほうになびいて、恩を売るタイプかも。
デヴィッドの裁判で控訴しなかったのは、幼いアマンダを巻き込みたくないというデヴィッドの考えだったらしい。

エミリーはノーランに、父がシャーロットが自分の娘だと話しているメイソンのテープを見せる。そしてコンラッドにもそのテープを送る。
事実を知ったコンラッドは怒り、ヴィクトリアに離婚するにはわずかな金をもらうか裁判か、どちらかを選べと迫る。ヴィクトリア大ピンチ! シャーロットのことを考えたら裁判は無理だろうから、離婚をやめるとか言い出しそう。

コンラッドは、シャーロットのためにデクランの学費まで援助しようとしていたが、デヴィッドの娘と知り、シャーロットと住むことを拒否。母親のところへ帰れという父の言葉に、シャーロットは愕然とする。

エミリーは、メイソンの家を放火したのは、ヴィクトリアにはアマンダがやったと思わせ、アマンダにはヴィクトリアがアマンダを疑っていると思わせるために、アマンダの部屋に盗んだ取材テープを置く。
ヴィクトリアは、放火したのはアマンダだと疑っていたので、アマンダを呼び、イチゴをごちそう。
本物のアマンダは、小さいころイチゴアレルギーだったらしい(イチゴアレルギーがあるなんて知らなかったよ)。アマンダと話したヴィクトリアは、あんな子がデヴィッドの娘のはずがないと確信。
しかし、シャーロットとアマンダのDNA検査では、二人が姉妹だという結果が出る。
ライアンがアマンダとエミリーのものをすりかえていたからだ。

ダニエルは、エミリーとの結婚を決意し、初めて会った船の上でプロポーズする。
演奏家を呼んでムード満点のはずだったが、突然の雨にぬれる二人。この先を暗示してる? 

結婚をOKしたエミリーだったが、ヴィクトリアが雇った男にジャックが襲われ怪我をしたために、自分の復讐劇を反省。アマンダには、これ以上ここにとどまるのは危険だといって、ここを去るようにいう。
今回はジャックが怪我を負ったこともあり、ジャックのためにも去ったほうがいいと、アマンダは判断したようだ。でも、また戻ってくるかも?
ジャックを襲った男は、エミリーが置いた取材テープをもっていったが、一本だけベッドの下に落としていった。ジャックは何を知ることになるのだろう?

反省したエミリーは、ノーランに復讐の方法をもう一度考え直してみる、結婚も断るといったものの、ダニエルがヴィクトリアから打ち明けられたという話を聞き、やはりリベンジを続行することを決意する。
ダニエルは、シャーロットはヴィクトリアがテロリストのデヴィッドにレイプされて生まれたと思っているのだ。
ヴィクトリアは「聞かないで」といっただけだったのに。もっともどちらとも受け取れる言い方をして、ダニエルに同情してもらって、自分の味方でいてほしかったのだろうね。
ダニエルに、自分の父親が残酷な男といわれてエミリーの怒りは増していくのだった。

このドラマ、エミリーにとって邪魔になってきた人間は、消えていく運命にあるみたい。
フランク、タイラー、アマンダ。フランク以外は、また登場してくるのかな?
シャーロットは、自分の父親のことを知ることになるのだろうか?
by mint-de | 2012-06-10 14:57 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

『萩を揺らす雨』

『萩を揺らす雨』 (吉永南央 文春文庫)

日本の作家の作品はあまり読んでいないのだが、最近読んだこの小説は気に入った。
主人公は75歳のおばあちゃん探偵、杉浦草。
大きな観音様が見下ろす町、紅雲町で和食器とコーヒー豆を商う「小蔵屋」を営んでいる。
いつも和服を着て、黒い蝙蝠傘を杖代わりにして散歩をする。
お店では一杯だけコーヒーを試飲できるので、ただでコーヒーを飲めることをあてにしてやってくる客もいる。
草は、そういう客たちの話からいろいろな情報を得て、探偵のような行動をしてしまう。
お節介で、正義感が強いけれど、決してベタベタした人情家ではない。
ある意味、とてもクールで芯の強い女性だ。魅力的なおばあちゃんである。
助けが必要な人には、躊躇することなく手を差し伸べる。
人間への優しさに満ちた小説だと思う。
無料のコーヒーサービスというところに、草の人柄が表されているような気がする。
「紅雲町珈琲屋こよみ」としてシリーズ第2弾も出ているので、早速読んでみようと思う。
by mint-de | 2012-06-08 11:38 | 私の本棚 | Trackback

「はつ恋」 第3回

Secret Place

三島は緑を家まで送る途中で車をとめ、富士山を眺めて昔を懐かしむ。
その姿を見ながら、緑は過去のつらい出来事を思い出す。
「東京の医大にいったら忘れちゃうよね」といった緑に、そんなことはないとキスをした三島。
しかし、数年後、病院に会いにいった緑に「好きだと思ったことは一度もない」と冷たく言い放った三島。
謝りたかったという三島の言葉を、緑はただ黙って聞くだけだった。

家に着き、健太を抱きしめる緑の姿に、三島は、緑には幸せな家庭があることを思い知るのだった。
緑の検診をすませてからパリに帰るという三島に、感謝していると礼をいう緑。でも、自分はもう昔のドリではないという。

父や広瀬夫妻、遅れてきた潤たちに退院のお祝いをしてもらった緑は、家に帰れた喜びをかみしめる。
しかし、1か月後の検診を控えたある日、胸に違和感を覚える。
検診でそのことを話すと胸水のせいで、異常はないといわれる。

検診後、三島は緑を院内の自室に招きランチをごちそうする。
お祝いと今までの罪滅ぼしなのか、タメ口で話そうという三島。
高校時代を懐かしむ三島に、緑は、クールにいうのだった。
郷愁というのは、過去のいいとこどり、嫌なことは消去してしまう。いい思い出だけが残る。
自分は家のことと仕事で過去を振り返る暇はないという。
そして言語聴覚士になったのは、若い時の失恋で残酷なことをいわれ、言葉の大切さを知ったからだと、本人を前にしていうのだった。
三島はいまの緑が幸せなことを確認すると、パリに戻る決心がつく。

三島にはもう大丈夫といわれたが、緑の右胸の重たい感じは日増しに強くなっていった。
心配になった緑はネットで検索し、母ががんで亡くなったこともあり、転移や再発というも文字に不安がつのるのだった。

緑は仕事に復帰する。しかし、職場でまた痛みに襲われる。おまけに熱もあった。
不安にかられた緑は、三島に電話をかけてしまう。
三島はパリに戻るため空港にいた。
緑の「私死んじゃうの」という電話に、三島は、そんなことはない、すぐに行くと空港からかけだすのだった。

潤は、緑の父の話から緑と三島が同級生だったことを知ってしまう。
緑はいうつもりだったが、広瀬にとめられたのだ。
確認しようとする潤がちょっと可哀想だった。
カーナビがしゃべったと驚く三島くんがおかしい。

三島は郷愁を感じる過去。緑は思い出したくない過去。
三島は、緑との思い出を懐かしい思い出にしたいのだろう。
緑は手術してくれたことに感謝をしていても、過去の三島を許す気持ちにはなっていない。
緑は、これからどう気持ちが変わっていくのかな?
by mint-de | 2012-06-07 15:55 | 日本のドラマ | Trackback