碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-6

思い出の箱

アレクシーが話していた車に乗っていたのが、ジャスパーの父マイケル・エイムズだとわかり、彼とテリーが付き合っていたことも知ったリンデンたちは、テリーに話を聞く。テリーは真剣だったと話すが、エイムズはそのテリーにもう電話をするなと別れを宣言していた。
ロージーのケータイからエイムズに「5000ドルくれないと奥さんに教える」というメールが送られていることが判明したので、リンデンとホールダーはエイムズの家へ。そこにいたジャスパーにロージーと父親が付き合っていたかもと話を向けると、ジャスパーはそんなことはないときっぱりと否定する。ロージーはそういう娘ではない、堅かったというジャスパー。そして、父親は10月5日の晩は朝4時ころ帰ってきたと話す。
ジャスパーはリンデンたちに話した内容とは裏腹に、父親の仕事場に出かけ、ロージーに何をしたと怒りながらリンデンたちがやってきたことを父に伝える。それを聞いたエイムズは、疑いを晴らすべく自ら警察へ。
ロージーの脅しのメールは、ジャスパーがロージーのケータイからかけたとジャスパーにいわせ、自分はあの夜は1時過ぎにカジノから帰るフェリーに乗ったと釈明。ホールダーが、その後でラスベガスに行く人間が遊ぶために地元のカジノに行くのかという質問を無視して帰ってしまう。
リンデンはロージーがおびえて電話をしたのが1時過ぎだったので、エイムズの通話記録を調べるべきだと上司のカールソンに食い下がるが、カールソンは市の実力者を敵に回すことはしたくない男なので、リンデンにこれ以上の失態は許されないと、冷たく言い放つ。
リンデンたちは、ロージーがエイムズの娘かもしれないと思っていたが、妻の話からそれはあり得ないことがわかる。
モーテルに戻ったリンデンは、部屋に何者かが侵入した形跡を認め、ジャックを連れてホールダーの家へ避難する。
エイムズはアダムズ市長の支援者で、カジノの支配人もエイムズ側の人間だった。彼らがグルになっているのだろうか?

スタンは、リンデンからロージーが自分が父親ではないことを知っていたと聞かされる。ミッチが思い出の品を入れていた箱を、ロージーが見ていたことを思い出すスタン。
ミッチはモーテルの部屋で、知り合った娘ティナと話すことで喪失感を埋めようとしていた。母親が心配していると諭したが、ティナはミッチが眠っている間にお金を盗んで出て行ってしまった。そして、思い出のつまった箱もかき回されていた。その中にはロージーを妊娠したときに書いた手紙があった。相手の男に書いて出さなかった手紙。ロージーはこの手紙を読んだのだろう。こんな大事なものを人にすぐわかるようなところにおくなんて、ちょっと信じられないな。彼女は、この男のことを忘れられなかったのかな。だから彼との思い出のロージーを亡くしたことが、とてもつらいのかも。

リッチモンドは車いすに乗りながら選挙活動をすることに。
ジェイミーから聞いた話をして、「不運に負けなければ真の自分になれる」とインタビューに答えるリッチモンド。その放送を見たグウェンは、選挙活動への協力を申し出る。あくまでも選挙に勝つための仕事をするだけというリッチモンドの言葉に頷くグウェン。彼女は本当に割り切れたのだろうか?
by mint-de | 2012-11-30 15:28 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

ブツブツ

郵便局で年賀状を買ってきた。
今年は面倒なので、市販の素敵なデザインの年賀状を買ってしまおうと思い、文具コーナーをのぞいてみたけれど、気に入ったものがなく、仕方がないので普通の年賀状を買う。
年賀状も今はいろいろあるのだね。
「もも」というのがあって、何?と思ったら、うすいピンク色の年賀状だった。
来年の干支はヘビ。
私自身は、いつも干支とは関係のない年賀状を作っているけれど、ヘビって、デザインするにはしやすい気がする。長くニョロニョロ描いて、頭をつければ出来上がり。でも、ヘビの形が嫌いなので、年賀状には絶対入れたくないな(^^;)

NHKの紅白の出場歌手が決まった。全然興味はないのだけれど、全然知らない名前の歌手が多く、自分が世間並みではない気がしてくる。
でも、ミワアキヒロやゴウヒロミって、どういうこと?
だったらヤシロアキがあってもいいだろう。なんて、思ったりもする(^^)
どうでもいいけれど、選考基準があいまいなくせに、やたら「出場できたらスゴイ」みたいに盛り上がるのが気に入らないな。

d0129295_15112876.jpg

by mint-de | 2012-11-28 15:14 | 木陰日和

モミジ日和

d0129295_1455344.jpg
d0129295_146513.jpg
d0129295_1461658.jpg
d0129295_1462750.jpg
d0129295_1463561.jpg

by mint-de | 2012-11-25 14:08 | 木陰日和

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-5

過去の亡霊

逃げたアレクシーは母親のところにいた。リンデンとホールダーは、アレクシーを署に連行して事情を聞くが、彼は何も話さない。
施設にいたことがあるリンデンは、施設の話をして彼の心を開こうとするが、効果はない。リンデンが、父を殺されたアレクシーがスタンを憎む気持ちはわかるというと、アレクシーは意外なことを口にした。
ロージーは両親を嫌っていたというのだ。
そして、アレクシーの携帯を調べると、ロージーは事件の夜、アレクシーに助けを求める電話をしていたことがわかる。ロージーは、「彼を見た。誰かにばれたら大変。助けて」といっていたのだ。
アレクシーは、金曜の夜にカジノにいくロージーを船着き場まで車で送っていた。そのとき、隣に車がくるとロージーが隠れたという。
彼とは誰とリンデンが必死に聞いても、アレクシーは何もいわない。そして時間切れで、アレクシーはヤネクが雇った弁護士と署をでていった。
ホールダーがアレクシーを見張っていると、彼のほうからホールダーの車にやってきた。アレクシーは、やっと話す気になったのだ。
車のなかでリンデンとホールダーは、アレクシーの話を聞く。
船着き場の隣の車はスモークガラスで中は見えなかったけれど、黒いゴージャスな車だったという。
そして、スタンがロージーの実の父親ではないことをロージーは知っていたというのだ。
テリーが電話をもらって会いに出かけた車がその車っぽいけれど、どうなんだろう?
前回テリーが電話をしていたのは、ロージーのボーイフレンドのジャスパーの家だった。テリーは彼の父親と付き合っていたのかな?

ミッチは、モーテルで見かけたロージーと同じ年頃の娘に興味をもつ。心が離れたまま失ってしまったロージーを、その娘の姿に重ねているのだろう。喪失感と悔恨の気持ちに押しつぶされているミッチ。でも、このままだと息子たちが可哀想。なんとか立ち直ってほしいもの。

リッチモンドは、下半身不随になった自分を情けなく思ったまま。しかし、ジェイミーからリッチモンド逮捕の決め手になった写真が偽造されたものだという情報を聞くと、やっと闘志がわいてきた様子。
彼には車いすの市長を目指してほしいもの。
by mint-de | 2012-11-23 15:01 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

初☆高尾山

d0129295_20585491.jpg

一度は行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかった高尾山へ、やっと行ってきた。
すごい人出だと聞いていたので覚悟していったけれど、やはりすごかった!
ケーブルカーにスシヅメ状態で乗せられ、メインの薬王院への道も人がいっぱい。
頂上も人でいっぱい。都会人は静かなる自然を求めても、なかなか大変なのである。
曇っていたので、頂上からの眺めはあまりよくなかったが、念願の高尾山にくることができて満足。
帰りは3号路を通って下山。山道を下りながら、若いころの登山を思い出したりする。
人があまり歩いていなかったので、やっと静かな世界に浸れ、一人山道を歩く自分をうれしく思えたのだった。
d0129295_20585095.jpg
d0129295_2059313.jpg
d0129295_20591481.jpg
d0129295_20595666.jpg
d0129295_20594968.jpg

by mint-de | 2012-11-22 21:01 | 木陰日和

「地球でイチバンお母さんにやさしい国」

今週のNHK「地球イチバン」は「地球でイチバンお母さんにやさしい国」。
ノルウェーの子育て支援対策の徹底ぶりを知り、すごいなあ、うらやましい国だなあと、感心至極。
育児休暇をとる男性が90%もいるのだから、仕事と育児を夫婦やパートナーで協力してやっていくという考えが、社会に浸透しているということなのだろう。
女性を、妊娠や出産を理由に降格させることは法律で禁止されていたり、女性の取締役がいっぱいいたり、子どもをもった女性や年齢の高い女性など、いろんな年齢層の人間がいたほうが考え方に幅ができ、会社にとってもメリットがあるといっていた。
その言葉を、日本の会社のお偉いさんに聞かせたいもの。
文化レベルの差というか、男女の意識の差というか、精神面でとても高いものを持っている国民なのだと思った。消費税が25パーセントとかなり高めだが、税金が国民を幸せな生活に導いてくれるという確信がもてれば、高すぎるという文句もでてこないのかもしれない。
国民一人当たりのGDPがノルウェーは4位で、日本は25位なのだそう。
その差に、国民一人ひとりの豊かさというものを考えてしまう。
少子化に悩む日本、今の状態ではまずいと思ってはいるものの、なかなかいい案は浮かばない。
政治家や官僚が無能なのか、国民がのんびりしているのか。
今度の選挙で、明るい未来が見えてくればいいけれど…

d0129295_1544530.jpg
d0129295_155260.jpg
d0129295_155522.jpg

by mint-de | 2012-11-17 15:05 | 観て☆聴いて☆読んで | Trackback

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-4

タトゥーの男

リンデンは、ホールダーから話を聞く。かつて薬漬けのどうしようもない警官だった自分を救ってくれたのが、スローンだった。彼から渡された写真が、ニセの証拠だとは知らなかったというホールダー。リンデンはそれ以上は聞かず、また二人で捜査を始める。

ラーセン運送を調べ始めたリンデンは、知り合いのFBIの捜査官から、スタンがヤネクのもとを去る時、組織のお金をピンハネしていたミカエルスキーという男を殺していたことを知らされる。男はロージーと同じように、トランクに入れられていたのだ。

リンデンがロージーの友人にタトゥーを見せると、見たことがあるといい、その友人は男が外からロージーを見ていて、刑務所にいたことがある男なのでロージーが怖がっていたと話す。リンデンは刑務所を訪ね、そのタトゥーを彫った男の話から、タトゥーの男はアレクシー・ギフォーズだと判明する。アレクシーは施設から里親のところを転々とし、少年院を出た後、ヤネクの手下になったらしい。

アレクシーの情報を引き出すために、リンデンは世話になったレジーに頼みこむ。そして情報を得たリンデンは驚く。アレクシーはミカエルスキーの息子だったのだ。アレクシーは、ホールダーの姿を見ると逃げ出した。アレクシーの部屋を捜索したリンデンは、ロージーの顔を描いた絵を見つける。絵には顔を消すように線が引かれていた。

スタンは、トラックからロージーのものを見つけ、ヤネクに問いただす。ヤネクはボー・ソレイユを放火したことを認める。

リッチモンドは、市長選から降りるといいだす。必死に支えてきたジェイミーは、なんとか止めたいと思っている。リッチモンドは、車いすに乗った自分の姿を鏡で見る。リッチモンドは、自分の姿を正視できる日がくるのだろうか?

リンデンたちは真犯人に向かっているのだろうか?
オギ・ジュンのマンガは父を殺した相手への復讐がテーマだそうだが、アレクシーはあまりにもピッタリで、逆に犯人ではないように思う。まだ9話も残っているし…
ヤネクに関連した事件なのだろうか?
by mint-de | 2012-11-16 15:29 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

ブルーブラッド 2ー14

親の心

今回は、エリンがいった「法の文言と法の精神は時として一致しない」なかで、法に携わる者はどう行動するかがテーマ。

大学の学費値上げに反対した学生がデモをして、何名かが警官に暴行を働いたかどで逮捕された。世間は、若者の正義感として学生を擁護する意見が多数を占めたが、フランクは罪は罪として処理すべきだと判断し、学生に同情的な市長にもそう意見を述べる。
ある女子学生の審理を担当したエリンも父と同じ判断だった。職業見学にきていたニッキーは、そんな母の態度を厳しいと感じていた。エリンは審理後、その女子学生の母親に声をかけられる。
エリンに呼び出されたフランクは、その母親から意外な事実を知らされる。女子学生の実の父は市長であるが、そのことを本人は知らない。法律家を目指している彼女の未来のためにも、処分を軽くしてほしいと母親から頼まれるフランク。

ダニーは、路上で撃たれた男の殺人事件を担当する。調べていくうちに、撃たれた男は不法移民フェルナンドの家から金を盗んだ強盗だったとわかる。不法移民は現金をもち、盗まれても警察に訴えられないから都合がよかったのだ。
撃たれた男の相棒の話から、フェルナンドの息子が追いかけてきて銃で撃ったことがわかる。フェルナンド一家に同情するダニー。しかし、エリンは強盗をして命を奪われることはないと、同情的なダニーの意見を却下。ニッキーはそんな母親の態度に、冷たい視線を送る。

結局、女子学生は奉仕活動の処分で済んだ。
フェルナンドの息子に同情したダニーは、法に触れない程度に助言をする。
エリンは、友人の法律事務所に頼んで弁護士を手配した。
それぞれが、法の範囲内でできることを、たっぷりの人間的な情を注いで行動したのだ。

エリンは、フランクからニッキーのレポートを聞かされる。厳しい仕事をしている母親を尊敬しているという言葉に、涙を浮かべるエリン。娘は、母親のことをちゃんと理解していたのだ。
それにしても、ニッキーの父親は冷たい人だね。市長やフェルナンドの子を守ろうとする態度に比べると、ニッキーが可哀想。
by mint-de | 2012-11-15 15:02 | 海外ドラマ(A~G) | Trackback

ユリノキの黄葉

d0129295_15375365.jpg

いいお天気だ!
青空と色づいた木々の葉っぱ。
その中でも、ユリノキの黄葉は、私のお気に入り。
大木いっぱいにつけた黄色い葉っぱが陽に輝いて、とてもキレイ。
同じ木ばかり毎日のように撮ってしまう。
ユリノキは、緑の葉っぱも黄色い花も好き。
巨木なのに、かわいい花をつける。
春から晩秋まで、ユリノキは私を癒やしてくれる樹木だ。
d0129295_15381537.jpg

by mint-de | 2012-11-14 15:40 | 木陰日和

雨のあとで

d0129295_1412198.jpg
d0129295_14122052.jpg
d0129295_14124987.jpg
d0129295_14124664.jpg

by mint-de | 2012-11-13 14:14 | 木陰日和