碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いつか陽のあたる場所で 第4回

「故郷からの伝言」

アヤが商店街の福引で神戸旅行を当てた。ハコとアヤは、神戸で楽しい時間を過ごす。
そこでアヤは、偶然、高校時代の同級生倉本と会い、三人で食事をすることになる。
倉本を好きだったと明るく話すアヤ。倉本はずっと何気ない風をよそおっていたが、別れ際に「故郷には帰るな」とアヤにいう。
アヤの事件で実家の父親はつらい目にあっている、でも一人じっと耐えて漁師の仕事をしている、アヤの子どもは幼稚園をかえざるをえなくなったと話す。それでも、アヤの子はやさしい子に育っているという倉本の話をじっと聞くアヤ。

谷中に戻ったアヤのもとに父から荷物が届く。故郷の菓子や魚を送ってくれたのだ。「いつでも帰ってきなさい」という手紙を読むアヤ。
アヤはその菓子をもってケアハウスへいき、幸子の部屋を訪れる。親孝行ができないというアヤの言葉に、幸子は生きているだけでいい、親より先に死なないことが親孝行だと話す。幸子は、自分のせいで娘は死んでしまったのだという。
幸子の話を聞いたアヤは、父親に電話をする。つらいことはないかと優しく話しかける父親の言葉に、アヤは「ごめんね」というのが精一杯だった。

ハコは、マッサージの治療院で院長から体を触られる。アヤに相談して辞めたほうがいいといわれ、やっと見つけた仕事だったが辞める決意をする。そんなとき、叔母の雪江が訪ねてくる。
雪江はハコと同じように小森谷のなかでは劣等感を抱いて生活していたので、ハコの気持ちがよく理解できるという。自分の美容院で仕事をしないかといってくれる雪江に、ハコはありがたいが甘えられない、一人でちゃんとやってみると仕事の話を断るのだった。

治療院にでかけたハコは、院長に辞めるからいままでのバイト代をくださいという。しかし、ハコの態度に怒った院長は金は払わない、何の経歴もなく陰気なハコを雇ってくれるところなんてないだろうとまでいうのだった。ハコのピンチに、突然現れた岩瀬が院長をパンチ(^^)
岩瀬はハコのもう会えないという電話に納得できず、治療院を訪ねてきたのだった。怒りにまかせて院長が放った札を拾うハコと岩瀬。
岩瀬は、自分の技を喜んで見てくれたハコの笑顔が忘れられない、好きだと告白する。
岩瀬の気持ちに、ハコの心は揺れるのだった。

アヤの父親は、ハコの母とは正反対。じっと耐えて、娘のことを案じている。アヤと父との電話のやり取りにジーンとなった。
人は、たった一人でも味方になってくれる人がいれば生きていけるんだろうね。アヤにはこういう父がいたから、誰も頼る人がいないハコの友達になりたいと思ったのかもしれない。
by mint-de | 2013-01-30 15:07 | 日本のドラマ | Trackback

ヘニング・マンケル

AXNミステリーの「刑事ヴァランダー 2」の一挙放送で、原作者のヘニング・マンケルのインタビューを見た。
マンケル氏の経歴は、ヴァランダー・シリーズではない『タンゴスステップ』のあとがきに詳しく載っていて、大体のことは知っていたけれど、彼が小さいころに家を出た母親には15歳になってから会ったという話には少し驚いた。
マンケル氏はずっと、母親がどんな人か自分なりに想像していて、自分のなかに母親像が出来上がっていた。ところが実際に会った母親は、自分が想像していた人とは違っていて、母親には失礼ながら想像上の母親のほうが良かったと思ったという。自分がイメージした母親像があったから、母親がいなくとも(父親との関係が良好だったこともあり)やってこられたので、想像する力の大切さに気づいたという。そして7、8歳のころに読んだ『老人と海』に感動したこともあり、物語の世界に憧れ作家を志したのだそう。
8歳で『老人と海』に感動できるマンケル少年というのもすごいが、母親を冷静に見られるその目もすごいね。もっとも母親の気持ちになってみると、ちょっと悲しい発言ではある。
アフリカのエイズ患者の救済活動など、作家として得たお金を慈善活動に役立てている姿は、とても立派だと思う。シンプルに生きたいというマンケルさん。ヴァランダー・シリーズは9冊しかないが、これからも共感できる「私たちの物語」を書いてほしいと思う。
by mint-de | 2013-01-28 14:59 | 海外ドラマ(北欧)

いつか陽のあたる場所で 第3回

「一番会いたい人」

ハコは、マッサージの治療院で働けることになった。前へ進む一歩になると喜ぶハコとアヤ。
アヤがボランティアをしている老人ホームで予定されていた歌謡ショーが中止になったと聞いたハコは、代わりにパフォーマーの岩瀬のショーを提案する。岩瀬の快諾を得て、当日、老人ホームで岩瀬のマジックを見るハコ。人と関わらず恋もしないと決意したハコだが、岩瀬の姿に複雑な思いを抱く。

そのハコにある老婦人が近づいてくる。認知症の彼女は、ハコを疎遠になった娘だと思い込んでしまったのだ。彼女は、娘の結婚を許せなかったばかりに、娘から拒絶されてしまった母親だった。許しを求める老婦人の言葉に同情したハコは、思わず彼女の娘としてお母さんが母親で幸せだったといってしまう。
その後、大石に会ったハコは母親の妙子と谷中で会ったと聞き、駆け出していく。しかし、母親の姿はどこにもなかった。あの老婦人のように、自分の気持ちを打ち明ければ母も少しは理解してくれるかもしれない、そして母に会いたいという気持ちが募ったハコは、実家にでかけていく。

公園でハコは許しを請い、まっとうに生きるように努力するというが、妙子の答えは冷たいものだった。世間に恥をさらすようなことはするな、弟や店の名を汚すようなことはするな、もう自分の娘だとは思わないと言い放つのだった。その言葉に、思わずハコはずっとほめられたかった、でもほめられなかったから男に走ったといってしまう。それを聞いた妙子は愛情をもって育てたのに、裏切ったのはハコだという。そして、自分を生んで幸せだと思ったことがあるかと聞くハコの問いには答えず、妙子は去ってしまう。今まで生きてきていえなかった思いを母にぶつけたハコだが、母の答えは悲しみを深めるばかりだった。

谷中に帰ったハコは、大石からアジのなめろうをもらう。一人でなめろうを味わうハコ。そのおいしさに、ささやかな優しさが胸にしみるハコだった。

妙子の態度は、どうなんだろう。自分が愛情をかけて育てたんだからちゃんと育つべきだって思うのは、ちょっと違うよなあって思う。それだけで子育てができたら簡単だよね。親も試行錯誤しながら子どもを育て、悩み、傷ついたりする。それでも子どもの味方であり続ける、それが親なんじゃないかな。
ハコがいったお母さんにだけは味方でいてほしかったっていう言葉は、母親のほうからそういうべき言葉なんじゃないかな。この母親じゃ、ハコのほうが可哀想だって思う。
by mint-de | 2013-01-23 15:37 | 日本のドラマ | Trackback

「東ベルリンから来た女」

1980年の旧東ドイツが舞台。
恋人のいる西ドイツへの移住申請を却下された女医バルバラが、田舎の病院に左遷されてくる。
バルバラは、秘密警察に監視されながらも、恋人ヨルクと密かに会い脱出の機会を待っている。
病院の医師アンドレは、バルバラの事情を知りながら、彼女に好意を寄せ優しく接してくれる。
ある日、施設で働くステラという少女が脱出しようとして怪我を負い、病院に連れてこられる。
過酷な状況にいるステラに同情したバルバラは、彼女に親切に対応する。その結果、ステラはバルバラを頼るようになる。
ヨルクが手配してくれた脱出の日、バルバラの前にステラが現れた。
バルバラは、人として医師としてある決断をするのだった。

地味な映画である。緊張感のある展開を期待していたけれど、正直、ちょっと退屈した。
でも、かつての東ドイツに暮らした人々の大変さはわかる。何かあるとすぐに秘密警察がやってきて、部屋をチェックして身体検査をされるような日々。一度目をつけられると大変だ。
バルバラのラストの決断が、この映画のテーマになるのだろうけれど、そのシーンに物足りなさを覚えるのは私だけ? 私としては、ラストのあとにもう少しシーンを追加してほしかった。
バルバラのその後を描くことで、彼女の意志が鮮明に伝わり、よりインパクトがある気がするのだけれど…
アンドレの存在がバルバラの心に変化をもたらし、アンドレのようにその地で生きることも一つの生き方ではあると思った。
(2012年 ドイツ映画 監督クリスティアン・ペッツォルト)
by mint-de | 2013-01-22 15:18 | シネマ(た~ほ) | Trackback

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-13

テリー!
ああいうことをしていて、よく姉の家族の世話ができたね。償いのつもりだったのかもしれないけれど、さっさと話していたら、死ぬ人も怪我をする人もでなかったのに…
ジェイミーもリッチモンドを勝たせたい一心だったとはいえ、あんまりな行動だ。
結局、ジェイミーが臨海開発地域に先住民の骨を埋めることを思いつき、ジャクソンとエイムズが自分のたちの利益のためにその話に乗ったことが発端となり、骨を埋めたヤネクの手下が逮捕されたことから、おかしな方向にいってしまったということ。
ジェイミーが話を聞かれただけのロージーに対して、そこまでするかなあというのが素朴な疑問だったりする。
テリーもエイムズへの愛のために、少女を閉じ込めたまま車を水のなかに沈めてしまうというのも、そこまでする?
アダムズの悪事も、リッチモンドを蹴落とすためだけだったというのも、そこまでするかって思う。でも、政治家ってそういう人種なのかな?
クリーンなリッチモンドが、ジェイミーの助言といっていいのかどうかわからないけれど、その言葉に従って、新市長としてジャクソンたちに協力を求めたのは、自分を支えてくれたジェイミーへのお礼のような気持ちからだったのだろうか。グウェンはどんな気持ちがするだろう?

スタンの家族が、ロージーが最後にとったビデオを見て、笑みを浮かべるシーンに救いを見る思いがするけれど、なんだかスッキリしない終わり方である。
でも、打ち切りだといわれていたのがシーズン3が12エピソードつくられることになって、よかった。
一つの事件を2シーズン通すのはちょっと長い気がするので、今度は1シーズンで解決してほしいな。
リンデンとホールダーの活躍をまた見られるのがうれしい。
by mint-de | 2013-01-18 14:42 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

いつか陽のあたる場所で 第2回

「強くなりたい」

動物園で偶然出会ったハコの大学時代の友人まゆみが、DV被害者だとアヤが気付いた。まゆみを何とか助けようとするハコとアヤ。アヤは、まゆみの息子ユウタが自分の息子と同じ年くらいだったせいもあり、その息子のことが気にかかってしょうがない。
父が母に暴力を振るう姿をユウタが見ることによって、どれだけユウタが傷ついているか、子どもは親が考えているより大人だと、まゆみを説得するアヤ。ハコも自分の経験から、母親に抱きしめられることで、子どもは救われるのだとまゆみに伝える。まゆみは、夫の暴力をDVだと思いたくないので、二人の助言がどれだけ伝わったかはわからない。
その後、折り紙を折りながら、ハコは大きな家で一人で暮らすのはさびしいので、アヤに一緒に暮らさないかという。その話をきっぱり断るアヤ。アヤは、殺人という一線を越えた自分の罪を強く自覚していて、他人とは暮らさず一生一人で暮らす決意をしていたのだ。
ハコは、アヤの深い孤独を知ったのだった。

重たいテーマだけれど、コンビニでハコに傘を貸してくれた店員の岩瀬が、パフォーマーを目指し、皆の前で技を披露していたシーンは和めた。ハコも何も考えずに楽しめたといっていたけれど、人って、そういう時間も必要だなって思う。
アヤは、息子を夫の両親に預けたようだ(そういう風に見えた)。そして、会わないことに決めているようだ。
彼女の罪は、ハコよりもとても重い。心を強く持たないと、生きていくのは大変だろうな。
by mint-de | 2013-01-17 16:00 | 日本のドラマ | Trackback

いつか陽のあたる場所で 第1回

「前科ある二人」

先週の火曜日から始まったNHKのドラマ。
乃南アサの原作がもとになっていて、前科ある二人の女の再生が描かれる。
私はそういう人と関わったことはないけれど、もし身近にそういう人がいたなら、自分はどうするだろうとか、何ができるのだろうとか、そういう人たちがその後の人生を生きていくのは、とても大変だろうなあとか、観ながら考えてしまうドラマだ。

小森谷芭子(ハコ)は、老舗の和菓子屋の娘。厳しい母に育てられたが、自分だけ出来が悪く、いつも違う自分になりたいと思っていた。母にほめられた記憶がないハコは、大学生のときに出会った男に、そのままのハコでいいといわれる。家族の中で疎外感を抱いていたハコは、その男に夢中になる。だが、その男はホストクラブのホストで、ハコは貢ぐお金欲しさに昏睡強盗をしてしまう。
逮捕され、懲役7年の刑を終えて出所したハコを迎えたのは、先に出所していた綾香(アヤ)。
アヤは、夫からDVを受けていたが、5年前、子どもを守るために夫を殺してしまった。今は、谷中のパン屋で働いていて、谷中の亡くなった祖母の家で暮らすことになったハコを迎えにきたのだ。
アヤは、お嬢様育ちのハコを心配して、買い物に付き合い、いろいろ世話を焼いてくれる。そんなアヤを見てハコはちゃんと生きようと思うのだった。
そしてハコは、弟、尚之が結婚する相手に姉のことを知られたくないので分籍してくれと言われて涙を流し、家族に捨てられたと思っていたが、尚之が送ってくれた荷物を開け自分が大事にしていたものを触りながら、家族を捨てたのは自分だったのだと気づき、自分の犯した罪と家族に与えてしまった苦しみを思い、改めて後悔するのだった。

一応、刑期満了で出所した人間は罪を償ったことになるはず。でも、ハコの弟や母親は、ハコを許せないでいるようだ。それも世間体を気にして。一番家族の支えが必要なときに、母親も弟も冷たすぎると思う。
それに、分籍しても、いつかはハコの存在はわかってしまうのではないだろうか。もしも後でわかったら、弟の婚約者は最初にいってほしかったって思うだろうな。
他人にはいいにくいいことだけれど、ハコは罪を自覚していても、家族はそのことを認識したくないというところが問題だね。
by mint-de | 2013-01-17 15:58 | 日本のドラマ | Trackback

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-12

リンデンとホールダーは市庁舎に入れたものの、カールソンが逮捕命令を解除していなかったので、警官たちに逮捕されそうになる。
リンデンは、その場をしのぐため、アダムズの部屋へ行き、あのねつ造写真をマスコミに流さないかわりに捜査を続けさせてほしいと訴える。アダムズがやったのは、ただリッチモンドを選挙戦から引きずりおろすことで、ロージーの殺害には関与していないとわかっているというリンデン。
アダムズはリンデンの申し出を受けたほうが賢明だと判断したようで、リンデンは逮捕を免れる。

リンデンたちは、カードキーがリッチモンド陣営の部屋のものだったことから、グウェンとジェイミーのどちらかがが関与していると考える。その後、臨海開発の件でジェイミーが都市計画部に便宜を図ってほしい旨のメールを送っていたことが判明する。
結局、カジノのエレベーターの防犯カメラから、あの夜、ロージーが乗り込んだ後でエレベーターに乗ってきたのは、ジャクソンとエイムズ、そしてジェイミーだったことがわかる。

投票日、リッチモンドは善戦を続けている。そこへ、ジェイミーの祖父からリッチモンドに電話がある。
祖父を訪ねたリッチモンドは、その後帰ってきたジェイミーに「ウソをついていたな」というのだった。

ジェイミーがあやしいけれど、容疑者が浮かんでは否定されていく構成なので、真犯人はラストにならないとわからないのだろうな。でも、ジェイミーはいろいろ画策していて、ロージーのこともある程度、知っていたということだろう。撃たれたリッチモンドを献身的に世話していたのは、罪悪感からだったのだろうか?
それと、アダムズは本当にロージーの件には関わっていないのだろうか?それにしては、ずいぶんいろいろ手を回していたような気がするけれど。

戻ったミッチを下の息子は喜んで迎えたが、トミーは母の帰宅を素直に喜べない。テリーも、子どもたちのおばとして懸命に支えたのに、ミッチの私を責めないでという言葉に複雑な思いを抱く。
ミッチに対して寛大だったスタンも、自分一人だけが悲しくて苦しんでいるというミッチの態度に怒りを露わにする。

ミッチには、ロージーがスタンの実の娘ではないという気持ちから、ロージーの死の責任を一人で負ってしまっているようなところがある。父親として育ててきたスタンには、ミッチのそんな態度はおもしろくないだろう。
子どもたちも姉の不在に傷ついている。ミッチは、そういうことにいつ気付くのだろう。
by mint-de | 2013-01-11 15:10 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback

ミストレス 3-4


リチャードの葬儀を終えたトルーディは、彼のケータイに残されていた留守電を聞き、リチャードの相手がケイティだと知った。親友なのにと怒りを爆発させるトルーディに、感情は抑えられないけれど行動は抑えられる、何もなかったと必死に弁解するケイティ。ただならぬ二人の様子に、シボーンとジェシカもそばにやってくる。トルーディは、その二人もリチャードとケイティのことを知っていたとわかり、友達に裏切られた思いで深く傷つく。
4人は、連絡をとりあうこともなく5か月が過ぎたが、ケイティの呼びかけでまた集まった。
そこでジェシカが病気だとわかり、3人はジェシカを支えることに。

ケイティトルーディ
トルーディはまだケイティを許せないままでいる。ケイティは、なんとか友情を取り戻したいと思っている。
そんなある日、エイミーの居場所がわからなくなる。父を失ったエイミーは、悲しみを抱えたままで、ケイティに救いを求めるように会いにいったのだ。エイミーは、亡くなる前に父とトルーディが激しく口論していたのを聞いていて、トルーディに対してわだかまりがあったのだ。
ケイティの家に迎えにいったトルーディは、エイミーを抱きしめる。ケイティのお陰でエイミーと分かり合えたトルーディは、自分が怒っているのはもうリチャードに自分の過ちに対して言い訳ができないことで、自分を一番許せないのだという。ケイティとトルーディはやっと仲直りできた。

先週のラストで、ケイティがずっとリチャードを待っていたのは、トルーディとクリスのことをちゃんと話そうと思ったからだったのだね。彼女は恋よりも友情を選んでいたのだ。今シーズンのケイティは、トルーディより大人に見えた。

シボーン
葬儀にやってきたドミニクは、シボーンに行くなといってくれと迫る。シボーンは、きっぱりと拒否。
しかし、5か月後、彼女の誕生日にやってきたドミニクがアリスと別れたと知ったシボーンは、帰るドミニクを空港まで追いかけ、ずっと愛していたと告白する。
大切なものを失うのが怖くて正直になれなかったというシボーン。二人はその場で熱いキスをかわす。

シボーンのドミニクに対する気持ちがよくわからなかったけれど、結局そういうことだったのだね。
エルザにとってはいいことだけれど、ずいぶん回り道をした二人だね。

ジェシカ
先週のラストではてっきり妊娠したと思ったけれど、その反対で、病気になったジェシカ。
それでもマークとは別れ、病気でも彼の助けはいらないと彼を拒否。二人の幸せな時間はあっけなかったね。
ジェシカのがんは転移がなく完治するという医師の診断に、ジェシカはもちろん付き添いにいった3人も喜ぶ。
ジェシカを支えることで、4人の友情の絆は深まったのだ。

面白いドラマだった。このシーズンで終わりというのが残念。また復活してほしいな。
by mint-de | 2013-01-06 15:22 | 海外ドラマ(英M~R) | Trackback

THE KILLING ~闇に眠る美少女 2-11

リンデンは、エイムズとジャクソンが臨海地区の開発を妨害するのは理解できるとしても、そこに推進派のアダムズがどう関係してくるのか理解できない。その謎を解くには、やはりカジノの床下に落ちていたカードキーを調べる必要があると考える。
リンデンは、司法長官と懇意のグウェンの父を頼ろうと、グウェンに連邦政府の令状が欲しいと訴える。真犯人が逮捕されれば、リッチモンドの潔白がはっきりと証明されるので、グウェンはその依頼を父に伝える。グウェンの父は支援者のジャクソンのカジノを捜索させるわけにはいかないと断ったが、グウェンは14歳のときにアダムズがした行為を父が見て見ぬふりをしていたことを思い出させて、その頼みを引き受けさせる。
リンデンとホールダーは、FBIの捜査官たちとやっとカジノを捜索。しかし、なかなかあのカードは見つからない。リンデンは何もなかった振りをしていたが、エレベーターの監視カメラに向かって血の付いたカードキーを掲げて見せる。リンデンはFBIに証拠品を渡したくなかったのだ。
そのカードを持って、市庁舎に向かうリンデンとホールダー。しかし、カードキーをリンデンが持ち出したと知ったアダムズは、カールソンを呼び昇進を餌にリンデンの逮捕を命じる。
容疑者にされたリンデンは、逮捕しようとするカールソンに向かって、もし市長が変わったらその立場はどうなるのかと聞く。リンデンたちは何とか市庁舎へ。
だが、カードキーはアダムズの部屋では反応せず、リッチモンド陣営の部屋で反応した。

カードキーは誰のもの?
あと2話だけれど、さっぱり真犯人がわからないな。

リッチモンドは、バスケの動画の影響で好感度がアップ。そこへ、アダムズがやってきて事件の夜のことを公表されたくなければ市長選を降りろといわれる。グウェンやジェイミーには反対されたリッチモンドだが、皆の前で真実を公表する決断をする。
殺された妻の不在に耐えられなくなり川に飛び込もうとしたが、落ちながら生きようと思った。皆のために尽くしたいという気持ちを、切々と訴えるリッチモンド。

自殺未遂するような人間に市長が務まるのかなとは思うけれど、逆に人間の弱さを正直に話したことで親近感がもたれたのかな?

ヤネクは、手下が骨を埋めようとしたことをしゃべってしまったため、スタンにその手下を始末するようにいう。もう足を洗ったスタンだったが、息子たちを守るために、その指示に従うことに。だが、男の車に乗っていた赤ん坊を見ると引き金が引けなくなり、この町からでていき二度と姿を現すなと男に告げる。
そして、ヤネクはアレクシーに撃たれた。アレクシーは、スタンがヤネクに命じられて父親を殺したことを知り、親の仇はヤネクだったとわかったのだ。
スタンが家に帰ると、ミッチが戻っていた。

やっとミッチは家に帰ってきた。彼女はロージーの死から立ち直れるのだろうか。
by mint-de | 2013-01-05 16:02 | 海外ドラマ(S~U) | Trackback