<   2013年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

コペンハーゲン/首相の決断 第8話

ラウゲセンが暴露本を出すと聞いて、カスパーは不安になる。前首相の公金流用問題の資料を誰から受け取ったのか、多分、書かれているだろう。本が出版される前に、なんとか内容を確かめたいと焦るカスパー。
しかし、評者として事前に本を読んだ人たちには守秘義務があるため、誰からも本を借りられなかったカスパーは、ビアギッテに連絡を入れる。
カスパーは、国民の一人として不正を追及したかった、ビアギッテはその資料をもとに選挙を戦うのはフェアではないという考えから、資料はラウゲセンのもとへ渡った、お互いの倫理観から、そういう結果になったということにして、今回の件は乗り切ることに。

本が出版されると、ゴシップネタにされた閣僚たちは怒りまくるが、ビアギッテは、こういう話には反応せず、ノーコメントを貫くのが賢明だと諭す。
カスパーは、早速TV1のインタビューに応じることになり、ビアギッテとの打ち合わせ通りに回答し、ビアギッテも、カスパーを信頼する気持ちに変わりはないと述べて、この件は、世論向けには一件落着。
しかし、カトリーネは、あの資料をオーレが持っていたと知り、カスパーが勝手に持ち帰ったことにショックを受ける。またまたカスパーと言い争いになるが、カスパーの父親が死んだことによって、二人の関係は微妙に変化した様子。

たった一人で父の棺と向き合うカスパーの横に、静かに座るカトリーネ。
カスパーは小さいとき、父親から性的虐待を受けていた。12歳の時に家を出て、ずっと疎遠だったらしい。カトリーネにウソをいっていたのは、こういう事情があったから。母親も頼りにならない存在らしく、カスパーにとって家族とは、思い出したくない過去だったようだ。
カトリーネは、どうやって葬儀会場がわかったのかな?

ビアギッテは、夏休みを国の別荘で豪華に過ごすことに。しかし、ビアギッテは家族で楽しもうと張り切っていたものの、予定が微妙にずれていき、結局しらけた雰囲気になり、早々と帰ることに。
ヘッドハントされたフィリップは、仕事をしないはずだったのに、条件のいい仕事に魅力を感じてしまったらしく、仕事をするといいだす。

お手伝いさんを頼みたくないというフィリップ、自分が仕事をすることになったら、頼まざるを得ないよね。まさか、首相を辞めろとはいえないだろう。
夫婦が仕事をもっていたら、利用できる制度とか人とか、いろいろ利用すればいいと思う。子どもだって、頑張っている親の姿を見ていたら、しっかりしていくのでは? やりたいことを我慢しているのは、体によくない。
ちょっとフィリップは意地悪だと思っていたけれど、妻の仕事ぶりを見ていて、嫉妬していたのかも。自分も仕事をすると決めたら、元気がでてきたみたいだし(^^)
by mint-de | 2013-08-30 16:15 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

富士山に登る人たち

今日もいいお天気だ。
暑いけれど湿気がないので、時折吹いてくる風が心地よい。
天気予報を見ると、朝晩の気温が大分低くなっている。
23度とか22度とか25度以下の温度を見ると、それだけでホッとする(^^)

昨日の夜、BSプレミアムで富士登山をする外国人一家の様子を見た。
見て驚いたのだけれど、早朝のご来光を拝むべく、夜中出発する人たちのなんと多いこと!
ガイドの人が、巨大なクリスマスツリーと表現したように、数珠つなぎで登っていくので、頭につけたライトがまるでクリスマスツリーのライトのように見えるのだ。
世界遺産に登録された日本一高い山に、これだけの人が集まって大丈夫なのかと心配になった。
入山料を試験徴収していたけれど、ゴミとかトイレとか、ちゃんと整備し維持していくためには、入山料はもちろん人数制限なども考えた方がいいのではないかと思った。

d0129295_14353189.jpg

by mint-de | 2013-08-27 14:36 | 木陰日和 | Trackback

恵みの雨

昨日の雨が夏の暑さを少し押しだしてくれたようで、今日は冷房を使わずに過ごしている。
35度前後の日が続いていると、30度でも涼しいと感じてしまうのだから不思議だ。
公園を歩いていると、吹き抜ける風がさわやかで気持ちがいい。
木々の緑も、雨に洗われたせいかとてもキレイに見える。
雨のない日々が続いていたので、庭の花木にとっても恵みの雨になった。


雲に秋の予感
d0129295_15172092.jpg


白いハス
d0129295_15175485.jpg


水に浮かぶおぼろな木
d0129295_1520430.jpg

by mint-de | 2013-08-26 15:23 | 木陰日和

コペンハーゲン/首相の決断 第7話

今回のエピはすっきりしない展開で、ビアギッテの対応にも疑問が残った。
団結連盟本部の一室から隠しカメラと盗聴器が発見された。党首のリンデンクローネは、違法行為だと公安や法務大臣を責め立てる。
ビアギッテは、法務大臣のフクセンハーヴェンから、団結連盟の前に使用していた出版社を監視していたもので、団結連盟の引っ越しが段階的だったので引っ越しを把握していなかったと聞いたが、リンデンクローネが法務大臣は引っ越しを知っていたといいだしたため、世論や野党が騒ぎ出す。
フクセンハーヴェンは、リンデンクローネが酔っぱらって話した過去の録音が残っていて、それが前首相の子どもを誘拐してしまえという過激な内容だったため、盗聴器がそのままだったと、ビアギッテに話す。
ビアギッテは、そんな内容で盗聴されることやわが身を守りたいフクセンハーヴェンの態度に、大臣としての資質を疑う。ビアギッテから大臣を辞めるように迫られたフクセンハーヴェンは、リンデンクローネの録音をTV1にリークしてしまう。その録音内容に、今度は世論も野党も反リンデンクローネ。
結果、フクセンハーヴェンを辞めさせることができなくなったビアギッテは、彼に会って、書類上は法務大臣だが、私の中ではあなたはいないと言い渡す。
このビアギッテの発言は、どうなんだろう。自分は法務大臣として認めないといっても、現実にフクセンハーヴェンは大臣なわけで。世論を気にせず、こんな勝手な男はクビにすればよかったのにね。結局、彼女も世論には勝てないということかな。
盗聴の件は怖いな。テロを防ぐという名目なら、どんなことでも許されるみたいで。

理想のダンナ様のフィリップがだんだん普通の男になってきて、残念。首相という仕事をこなしている奥様に対して、その態度は不寛容すぎるだろうと思ってしまう。指導する女子学生が訪ねてきたら、その後で鼻歌なんか歌っちゃうフィリップ。自分の立場を自覚してほしいな。
それと息子は8歳にしては幼い気がする。まあ、それぞれ家庭の事情はちがうけれどね。
ビアギッテに対して理解ある家族だと思っていたけれど、だんだん雰囲気が変わってきたね。
by mint-de | 2013-08-23 20:51 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

『アグルーカの行方』

『アグルーカの行方』 (角幡唯介 集英社)

『空白の五マイル』が面白かったので、この北極探検の記録も期待して読んだ。
文章が上手い上に、極寒の地を歩くという行為そのものがものすごいことなので、その貴重な体験の一つ一つに「すごいなあ」と感心しまくり。
ぬくぬく生きている身には、その体験に、ただただ圧倒されてしまった本である。
1845年、イギリスの北西航路探検隊は北極に向かったが、129名全員が遭難死した。その彼らの足跡をたどるのが探検の目的で、北極のレゾリュートからカナダ北部のベイカー湖まで、約1600キロを103日かけて歩いた体験記である。
探検隊の隊長であるフランクリンが死んだあとは、イヌイットから「アグルーカ」と呼ばれていた男が、最後の生き残りとしてイヌイットたちに目撃されていたらしいが、詳細は不明のままだ。
その謎と、北極という未知なる世界と、冒険とは何かという問いが、この本のテーマ。
読んでいて興味深かったのは、寒い地ではエネルギーを異常に消費するということ。何千カロリーもの食物が必要らしい。
探検隊は、最後には死んだ人の肉まで食べていたらしい。
角幡さんはジャコウウシを射止め、解体して貪るように食べるシーンがでてくるが、このような地では、生きるものすべてが「命のために食らう」のであるなあと、なんだか生きることの原点に触れているような気がした。
残酷ではあるけれど、自然界は弱肉強食の世界なのだなあと、あらためて思ったり、昔の探検家はものすごく勇気がある人たちだったのだろうなあと思ったり。
とても刺激的で、いろいろと考えさせられた本である。
by mint-de | 2013-08-21 15:24 | 私の本棚 | Trackback

THE KILLING/キリング

「THE KILLING/キリング」のシーズン1を見終えた。
真犯人はヴァウンだったけれど、家族同然の人がここまでするなんて信じられないな。こんなことをしておいて、タイスたちとよく一緒に仕事ができたものだ。
タイスやペニレにとっては、なんともやりきれない結末だ。
被害者家族の悲しみや無念の思いが、ペニレの姿を通して丁寧に描かれていて、その被害者側に立った視点と、犯罪を憎み犯人を捕まえることに執念を燃やす女刑事ルンドに共感してしまうドラマだっだ。
シーズン2の方は軍関連の事件だったので、個人的にはあまり興味をもてなかったけれど、1はとても面白かった。
ルンドがマイヤを撃ったのではと嫌疑をかけられ、それでも真犯人を捕まえようと突っ走るシーンには、「そうだ、頑張れ!」と思った私。嫌みな検事役が「THE BRIDGE/ブリッジ」のマーティンだったので、余計イライラした(笑)
ハートマン議員は、事件に巻き込まれたせいで、愛をひとつ失ったわけで。あれではリーがあまりにも可哀想。ハートマンは、他人の言葉を気にし過ぎだと思う。疑心暗鬼になって、結局、ウェーバーしかいなくなったわけで。リーがハートマンにふさわしくないなんて、ウェーバーにいう権利なんてないよね。リーが疑われていたときも知らんふりをしていて、すごく嫌なヤツだと思った。彼はハートマンと一緒に仕事がしたい、それがすべての男なのだね。
相棒を失ったルンドもハートマンも、そして、ヴァウンに裏切られたタイス夫婦も、やりきれない思いを抱いたままの結末。その悲しい余韻が、とても印象的なドラマにしていると思う。
by mint-de | 2013-08-18 15:44 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 第6話

このドラマの魅力は、決断を下すビアギッテが、自分が意志するところとは違う決断に追い込まれても、なんとか踏みとどまって、最終的には自分の考えに近い位置に物事を収めてしまうところにあると、私は思っている。権力や圧力に屈しない公正さと柔軟性は、見ていて気持ちがいい。
今回のエピでは、このビアギッテとは正反対の大統領が登場。
ソビエト連邦から独立したトルギシアという国の大統領グロージンが、次の「安全保障及び民主主義発展機構」の議長国になるため、現在の議長国であるデンマークを公式訪問した。
このグロージンは、同時期にデンマークに入国したトルギシアの少数民族の独立を目指す活動家のバイヤーノフを逮捕するように、ビアギッテに要求する。バイヤーノフはテロリストだと主張するグロージンに、ビアギッテは困惑する。グロージンは、少数民族を迫害したり残虐な行為を繰り返す治安部隊の行動を容認している、民主主義国家とはいえない国の指導者である。
グロージンは、彼を逮捕しないならデンマークの風力エネルギー会社との取引もなくなると脅してくる。
証拠がないと逮捕を引き延ばしていたビアギッテだったが、他の国もバイヤーノフがテロリストであると報道し始めたので、ビアギッテは圧力に負けて彼を逮捕。
しかし、納得のいかないビアギッテは、最後の会見である策を講じる。カトリーネに質問させ、バイヤーノフの逮捕と風力エネルギーの取引は関係ないと、グロージンに言わせたのだ。バイヤーノフは釈放され出国した。

今回は、ビアギッテの父親が登場。彼はバイヤーノフを支持する社会主義者らしい。でも、自分勝手なこの父親を、フィリップはあまり好きではないらしい。ビアギッテの息子は、母親がそばにいないことで問題がでてきたし、フィリップも理想的なだんな様だったけれど、ビアギッテにちょっと不満があるみたい。やはり、主夫って難しいのかな?
カトリーネに未練があるカスパーの行動はいただけない。仕事ができるだけに、カスパーのこういう姿は理解に苦しむな。
by mint-de | 2013-08-16 19:52 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

リベンジ 2-22

真実 

第2シーズンのラスト。
遂に、エミリーは自分がアマンダだとジャックに伝えた。遅すぎだと思うけれど、次シーズンはグレイソン家へのリベンジに、エミリーとジャックが協力していく形になるのかな。でも、コンラッドにとってジャックは邪魔なヤツだから、コンラッドに狙われないようにするには、何か策が必要になるね。

ジャックがコンラッドの罠にはまる前に、彼を救いたいとグレイソン・グローバルのビルに向かっていたエミリー。だが、ビルにたどり着く前にビルの2フロアが爆破される。ジャックは留守電を聞いていてビルにはいなかったが、デクランが爆発に巻き込まれて大けがをしてしまう。

ダニエルは、エイダンがアマンダ基金の金を動かし、ビルの爆破も彼がやったことだと憤るが、コンラッドはそれがどうしたという態度。その様子に、ダニエルは父が爆破を事前に知っていたと察し、愕然とする。
ヴィクトリアは、ダニエルからコンラッドがビルが爆破されるのを事前に知っていたと聞かされる。そのヴィクトリアに向かって、コンラッドはこう説明した。そもそもアメリコンという組織は存在しない。頭のいい投資家たちが自分たちの利益を追求するために、儲かる仕事を作り出した。飛行機事故が起これば、安全対策関連の会社の株価が上がる。今度の爆破でもすでに会社の株価が3倍になったと。
その話を聞いたヴィクトリアは、腹の底からコンラッドを憎んだ様子。

爆破の容疑者として逮捕されたエイダンだったが、すぐに釈放され、新たにノーランが真犯人として逮捕されてしまう。逮捕されたノーランは、パドマが「ノーランこそがアメリコン」だと証言する録画を見せられる。パドマは脅されたのだろう。

デクランは、死んでしまった。コンラッドへの憎しみに燃えるジャックは、知事選に勝利したコンラッドの祝賀会場に忍び込んだ。コンラッドに銃を向けるジャックの前に、エミリーが現れる。私をよく見てというエミリー。ジャックの脳裏に、幼いアマンダが浮かんでくる。そのジャックに向かってエミリーはいった。「私がアマンダ」

ダニエルとエイダンは、お互いに怪我をしただけだと思うけれど、銃を見つけたダニエルは、エミリーのことを疑うだろうな。
デクランが死んで、シャーロットが妊娠するという設定は、何か理由があるのかな。でも、学生の身。妊娠するという発想が安易すぎる気がする。
ヴィクトリアも、ある意味で被害者かも。コンラッドがあんな人間じゃなかったら、もっと平穏に暮らせただろう。次シーズンは、息子のパトリックが出てくるようだ。どういう人間なのかな?
ノーランは、釈放されるのかな。エミリーの右腕の彼がいないと、困ってしまうよね。初めてノーランを見たときは、嫌な感じだと思ったけれど、今では、すごくいいヤツになっている。なんとか釈放されてほしいもの。
それにしても、コンラッドのような人間が知事になってしまったら恐ろしいことになりそうだ。彼の最後がどう描かれるのかにも興味がある。
by mint-de | 2013-08-12 14:56 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 第5話

今回は、デンマークの国内企業の役員を、その45パーセントを女性にするという法案について。
まず、ビアギッテの周囲の男性陣が難色を示す。そして、その法案の担当が産業大臣(女性)だったので、男女平等大臣(女性)が自分の担当ではないかと不満を口にする。
ビアギッテは、男女間の問題と捉えるより、経済全体の事柄として考えたほうが広く受け入れられると判断したらしい。
大企業を率いるクローネは、異議を唱えるべくビアギッテに面会を申し込んでくる。会社の経営に関わる問題を法律で規制されたくないというクローネは、法案が通ったら海外に拠点を移すと脅してくる。
ビアギッテが買っていた産業大臣は、奔放な過去の生活が暴露されスキャンダルまみれになり、ビアギッテは追い込まれていく。
しかし、ビアギッテはクローネが祖国を愛していることを知り、海外に出ていくことはないと考える。
再び会ったクローネに、ビアギッテは産業界のリーダーとしてふさわしい行動をとるでしょうと、クローネを持ち上げる手法でクローネを納得させる。

産業大臣が、学歴も職歴も詐称していたというラストは後味が悪かった。能力のない男どもがやっていることという言い訳なんて、最低だね。
産業大臣のスキャンダルを暴いているメディアの元をたどるとクローネに行きついたが、ビアギッテはそれには触れないことにした。相手が仕掛けた網に入っていけば、不利になるだけ。そういう冷静さが、ビアギッテの賢明な所だと思う。
法律で女性をもっと役員に登用しろと決めても、実行するのはなかなか大変だろうね。でも、北欧は女性の役職者は結構多いらしい。日本はその点かなり遅れている。こういうドラマを見ていると、日本は女性に優しくない国に思えてくる。
by mint-de | 2013-08-08 15:18 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

どっちがいいのかな

しばらく梅雨のようなお天気だったが、やっと夏らしい青空が戻り暑くなってきた。
塀を乗り越えてしまった犬の防止策&ネコよけとして、塀の上にギザギザ状のものを設置。
なので、また犬を庭に放せるようになった。でも、何をするかわからない犬なので、どのへんで遊んでいるかチェックしながら庭仕事。神経を使うけれど、夕方も散歩に行くよりは楽になった。
でも、犬はどっちがうれしいのかな?
夫は、絶えずつながれているよりは、自由に行動できるほうが犬にとってはいいのではないかというけれど、こればかりは、犬に聞いてみないとわからないからね(^^)
小屋の前でリードをはずすと、一目散に駆け出す犬。そして、芝生に寝っころがって背中をズリズリ。
その姿は、全身で喜んでいるように見える。
まずは、自由に遊べるようになってよかったのかな。

自分の犬を見ていて、ときどき気になるのが、日テレ土曜日放送の「志村どうぶつ園」に出てくる山の中で育った2匹の白い犬。人に慣れていないので、小屋に閉じこもったままだったけれど、世話をしているベッキーが小屋の屋根をとったら、小屋からでてきた。でも、部屋の片隅から動かない。
最初は、可哀想な犬だなあと思って見ていたけれど、このやり方にちょっと疑問が。
野山で育った犬を部屋の中に閉じ込めておくのは、いかがなものか?
排泄とか散歩はどうなっているんだろうとか、ただ、人を拒否している姿を数分間見せられる構成に、なんだか違和感が。
こんな状態の犬は、もっとちゃんとしたところでケアされるべきじゃないのだろうか?
痩せ細って人を寄せ付けない姿を見ていると、なんともいえない気持ちになる。

d0129295_1594764.jpg

by mint-de | 2013-08-05 15:12 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de