碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ワンス・アポン・ア・タイム 第19話

息子の帰還

<おとぎの世界>
ルンペルシュティルツキンが、どうして息子と離れ離れになってしまったのかがわかった。そして、彼は息子を捜すために、この町にやってきたのだ。呪いを使って。

ルンペルシュティルツキンの息子ベルファイアは、魔法を使う父親が嫌でしょうがなかった。父はその魔力で、気に入らない人を殺したりしていたので、ベルファイアの友達も怖がって、彼を見ると逃げてしまうのだった。
思い余ったベルファイアは、父に元の優しい父親に戻ってほしいと頼む。息子の願いに、ルンペルシュティルツキンは、息子がそれで幸せになるのならと、頷く。
ベルファイアは友達から、父の魔力より強い魔法を使える者の存在を聞き、会いにいく。
ベルファイアのそばに飛んできた妖精のブルー・フェアリーは、ルンペルシュティルツキンの魔力を消すことはできないけれど、魔法が使えない場所に行けば普通に暮らせるだろうという。
そして、最後の一つだという魔法の豆をベルファイアに渡し、豆の導きに従えという。

ベルファイアは、父を連れ出し、魔法の豆を放った。すると穴から竜巻が起き、ベルファイアはその中へ入ろうとするが、ルンペルシュティルツキンはどうしてもその気にはなれない。息子の一緒に行こうという必死の叫びも虚しく、ベルファイアだけが穴に吸い込まれ、ルンペルシュティルツキンは一人残されてしまった。
その後で、ルンペルシュティルツキンはブルー・フェアリーに息子と会う方法を尋ねる。
「呪い」で、息子の世界に行けると知ったルンペルシュティルツキンは、絶対その呪いを完成させると決意するのだった。

レジーナが、おとぎの世界の人々をこの町に連れてきたのだと思っていたけれど、もともとはルンペルシュティルツキンのアイデアだったということかな。
魔法を使えても、ルンペルシュティルツキンは臆病者だったのだね。息子は、父のために勇気をだして飛び込んだのに、尻込みしてしまったルンペルシュティルツキン。もし、再会できたとしても、合わせる顔がないね。

<ストーリーブルック>
キャスリンは、交通事故のあと監禁されていたことがわかった。見舞いにきたデヴィッドは、唐突に彼女のおでこにキス。まったく何を考えているのかわからないデヴィッド。
メアリー・マーガレットは釈放され、そのお祝いのパーティーが開かれるが、メアリー・マーガレットはデヴィッドに会うのは拒否する。愛しているからこそ、自分を疑ったデヴィッドを許せないのだった。

ゴールドは、自分の店の品物をこっそり探ろうとしていたオーガストを不審に思う。そして、オーガストが修道院の院長(ブルー・フェアリー)と話している姿を目撃したので、彼女にオーガストのことを尋ねる。そこで、オーガストが父を見つけたという話を聞き、オーガストの部屋に忍び込んで短剣の絵を見ていたゴールドは、彼が自分の息子だと確信する。

オーガストと会ったゴールドは、ついに息子と再会できたと喜んだものの、それはオーガストの芝居だった。
埋めたあの短剣を掘り出し、短剣よりも息子を選ぶといったゴールドに、オーガストは「闇の王よ」とその短剣を向けたのだ。ベルファイアは、そんなことをするはずがなかった。そのとき、ゴールドはオーガストがウソをついていることがわかったのだ。
オーガストは、妖精から短剣のことを聞いたといい、病気で死ぬ身なので、魔法で何とかしたかったという。ゴールドは彼を利用することにした。

レジーナは、メアリー・マーガレットが釈放されてしまったことで、ゴールドに文句をいう。しかし、この事件の犯人として疑われるのが自分だと知ると、シドニーに罪を被せることにする。
エマは、レジーナから、シドニーがキャスリンを監禁していたという話を聞かされる。シドニーが、レジーナの命令でそういっているのがわかっているエマは、レジーナに向かってきっぱりと宣言する。犯罪者に息子を預けては置けない。ヘンリーを取り返すというのだった。

オーガストは、救世主であるエマの力がほしくて、エマに接近していたのだね。
あの短剣は、どっちみちこの町では効力がないから、短剣捜しても無駄だったわけで。
オーガストは、どうして別の町にいたのかな?
by mint-de | 2014-01-31 22:01 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

暖かい日

暖かい日が続いている。
梅の花も咲き始め、まだ、1月末だけれど、日差しに春の予感(^^)
暖かくなったので、花を植え替えた。
2年前に買ったクレマチスが、どんどん伸びるわりにはあまり花が咲かなかったので、もっと日当たりのいいところに移動。
やたら枝が絡む花なので、トレリスを買って絡ませることに。
トレリスは、それだけでカッコいいので、庭に置いただけでステキに見える(^^)
花がいっぱい咲いて、「本当に」ステキな庭になってほしいもの。

殺風景な花壇も、地面をよく見ると、小さな芽がでている。
ユリやヒヤシンス、ラナンキュラス。
ちゃんと芽をだす時期を知っている植物の営みに、ちょっと感動する。
小さな命の強い力。
今週末はもう2月。暖かい日が増えるといいな。
by mint-de | 2014-01-29 15:52 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第18話

うまやの青年

<おとぎの世界>
悪い女王が、悪くなる前のお話。
レジーナは、両親と暮らしていた。母親コーラは、魔法を使えて、娘をいいところへ嫁がせたいという願望が強く、娘を自分の意のままに繰ろうとしていた。
レジーナには、馬を世話するダニエルという恋人がいたが、彼の身分に母が満足するはずがなかったので、レジーナはなかなか打ち明けられずにいた。

ある日、レジーナは暴走する馬に乗っていた少女を助けた。少女は白雪姫だった。
白雪姫の父レオポルド王は、娘を救ってくれたレジーナに感激し、お妃にしたいという。
レジーナには、その気はなかったが母親が承諾してしまう。レジーナは、このままではダニエルと結婚できないので、ダニエルと駆け落ちすることに。
だが、ダニエルとキスしているところを白雪姫に見られてしまう。ショックを受けている白雪姫に、レジーナは説明する。自分はダニエルを愛していて、真実の愛は魔法よりも強い。だから、誰にもいわないで秘密にしておいてほしいと。レジーナの言葉に納得した白雪姫は、ダニエルと一緒になるべきだと考え、秘密を守ると約束する。

しかし、レジーナの母に会った白雪姫は、レジーナのことを心配する母の気持ちに同情して、ダニエルという恋人の存在を教えてしまう。レジーナとダニエルが小屋から出て行こうとしたとき、母親が現れる。
レジーナを妃にさせたい母親は、なんとダニエルの心臓を取りだしてつぶしてしまう!(これは母親譲りの特技だったんだね)
ダニエルを失ったレジーナは、王と結婚することに。そして、母親が知ったのは、白雪姫が約束を破ったからだとわかったのだった。

やっと、レジーナの秘密がわかった。でも、白雪姫はレジーナの幸せを願って話したこと。悪いのは母親なのだから、それで白雪姫を恨むのは筋違い。それに白雪姫が話さなくとも、どっちみち魔法で邪魔されたんじゃないだろうか。コーラは、その後どうしたんだろう?

<ストーリーブルック>
メアリー・マーガレットが、はめられたのは、レジーナとゴールドの策略だった。
ゴールドは、自分が暴行罪で刑務所に入りたくないばかりに、レジーナと取引をすることに。
メアリー・マーガレットに罪をなすりつけ、囚われた場所に鍵を置いておけば、彼女は逃げるに決まっている。この町から逃げ出そうとした者が、どうなるかはわかっている。そうしたら、「白雪姫に復讐ができますよ、陛下」ということで、レジーナは、その話にのったのだ。
しかし、メアリー・マーガレットは一度は逃げたものの戻ったので、レジーナたちの計画通りにはいかなくなった。

エマは、メアリー・マーガレットを助ける術もなく困っていたが、オーガストの行き詰まったときは、元に戻って考えるという言葉にヒントをもらい、トール橋の箱の発見場所へ。そこで、スコップのかけらを見つける。そのスコップはレジーナのものだと確信して、彼女の家へ。そして、かけたスコップを見つけたが、翌日令状をもっていくと、そのかけたスコップはなくなっていた。

オーガストがレジーナに教えたと思っていたエマだったが、それはシドニーだった。
シドニーが持ってきた花束に、盗聴器が仕込まれていたことにエマは、気付いたのだ。

万策尽きたと思っていたエマだったが、すべてが解決する事態が起きた。
キャスリンが見つかったのだ!

ゴールドの魔法で、キャスリンが現れた?
檻に入りたくないといっていたゴールドだけど、レジーナよりエマに味方する気になったのかな?
by mint-de | 2014-01-24 15:08 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

お日様

寒い日が続いている。
でも、日中はきれいな青空と太陽がまぶしくて、日差しのぬくもりが心地よい。
寒いと、太陽のありがたさをしみじみと感じる。
犬は、お日様がでて暖かくなると、気持ちよさそうに足を投げ出して寝ている。
夕方から明け方までは、蛇のようにまあるくなって寒さに耐えているので、犬のためにも、なるべく晴れた冬であってほしいと思う。

美容院の話。
前回、私の担当者(Aさん)がお休みだったので、別の美容師さん(Bさん)にお願いした。
ところが、そのBさんのカットのほうが、私には合っている気がしたし、こういう感じにしたかったと思ったので、今回、思い切って、そのBさんにお願いすることにした。
でも、実際カットされているときは、居心地が悪かった。
もちろんAさんがそこでお仕事しているわけで。
髪のかたちは、好みだから、私にはBさんの感じが好きなので、Aさんの腕が悪いとかそんなことは、思ってないのです、と心の中で言い訳する私。
1年前、たまたま最初にいったときの担当がAさんだったので、そのまま担当してもらっていたわけで… 
担当者を替えるというのも、なかなか悩ましい。
次回は、気にしないでいられるかな?
by mint-de | 2014-01-19 14:33 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第17話

帽子の男

<おとぎの世界>
今回は、『不思議の国のアリス』の世界。映像的には面白かったけれど、内容はつまらなかった。
グレースという娘がいるジェファーソンという男が、娘が欲しがる物も買ってやれない貧しさから、悪い女王の頼みを聞いてワンダーランドに行ったものの帰れなくなるというお話。
悪い女王は、ジェファーソンが作る魔法の帽子である場所へ行き、取り戻したいものがあるという。その頼みを一度は断ったジェファーソンだったが、お金欲しさに引き受けることに。
ジェファーソンの魔法の帽子で、ワンダーランドに行くジェファーソンと悪い女王。入り口を二人で通ったなら、出る時も二人で通らなければならないのだそう。
ところが、悪い女王が取り戻したかったのは、ハートの女王に人質にされていた悪い女王の父親で、悪い女王は父親を取り戻すと二人で出ていってしまったのだ。
一人ワンダーランドに残されたジェファーソン。
娘のためにやった仕事だったのに、その娘と離れ離れになってしまったのだ。

<ストーリーブルック>
エマは、逃げたメアリー・マーガレットを捜しにいく。ところが、一人の男(ジェファーソン)を車でひきそうになる。ジェファーソンが足を引きずっていたので、車に乗せて彼の家へ。彼は、豪邸に一人で住んでいて、エマに優しく飲み物をすすめてくれた。しかしそれには薬が入っていて、エマは意識をなくしてしまう。
エマは手足を縛られた状態だったが、自力で解き逃げようとしたが、メアリー・マーガレットも監禁されているのを発見。二人で逃げようとしたが、ジェファーソンに気付かれてしまう。
ジェファーソンは、エマに「使える帽子を作れ」と命令。
わけがわからないエマに、ジェファーソンは驚きの説明をする。28年もこの世界にとらわれている、のろいを解けるのはエマ、ヘンリーがもっている本を読めばわかる、ヘンリーの話を真面目に聞け、自分は元の世界で娘と暮らしたい、昔の記憶があるのにこの世界にいるのはつらい、そして「使える帽子」で戻りたいと。
エマはちゃんと聞いた振りをして、ジェファーソンのすきを狙い、彼を倒す。再びジェファーソンに攻撃されるが、メアリー・マーガレットの助けで、ジェファーソンは窓から落下。しかし、彼はエマが作った帽子だけ残して姿を消してしまった。

エマはメアリー・マーガレットに、このまま逃げ続けるのは無理がある、絶対何とかすると約束。その言葉に、メアリー・マーガレットはエマを信じることにした様子。留置場に戻ったメアリー・マーガレットを見て驚くレジーナ。レジーナはゴールドに、なぜ逃げてないのかと聞くのだった!
エマは、ヘンリーの学校で、ジェファーソンの娘ペイジ(グレース)を見かける。そこで、信じていなかったジェファーソンの話に興味をもつ。ヘンリーにあの本を見せてというエマ。

鍵を置いて、メアリー・マーガレットが逃げるように仕向けたのは、レジーナに頼まれたゴールドの仕業だったのだね。ジェファーソンは、ゴールドに頼まれたのかな。エマとも約束していたゴールド。彼は、エマとレジーナ、どっちにつくつもりなのだろう?
エマは、やっとヘンリーの話に耳を傾ける気になったのかな?
by mint-de | 2014-01-17 15:50 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

それでもママが好き

先日、あるお店で、ママに怒鳴られながらも必死についていく子どもを見た。
ママは20代後半、子どもは3歳くらい。ママは、店内で買いたいものを探しているのだけれど、ついてくる子どもが邪魔でしょうがないらしい。
大声で、黙ってついてこられないなら車で待っててといったり、その子のせいで買い物ができないとわめいていて、子どもが一人にしないでと泣くと、そんな子どもで恥ずかしいというのである。
私は、その「恥ずかしい」に笑いそうになった。
恥ずかしいのは、ママ、あなたです!
買い物客が大勢いるなかで、皆に聞こえる大声で子ども怒鳴っている。それも子どもは悪いことをしているわけではなく、そんなママでも、ママのそばにいたいと訴えているだけ。
多分、そのママは子育てに疲れていて、ヒステリックになってしまったのだろう。
でも、小さい子どもに対する激しい罵倒の言葉には、そこまでいうことなのかと、首を傾げた。
しばらくすると、静かになったけれど、ママの怒りにはビックリした。
つくづく思ったのは、子どもはママが好きだということ。
どんなママでも、子どもにとってはママが一番なのだ。
ママであることは、ときに大変なこともあるけれど、そんな風に好かれるのは貴重なこと。
もっと子どもといる時間を大切にしてもらいたいなと、子育ての先輩として思ったのだった。
by mint-de | 2014-01-12 15:11 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第16話

愛を失った女

<おとぎの世界>
第13話の続き。ルンペルシュティルツキンの薬を飲んだ白雪姫は、人が変わってしまった。そして、悪い女王の復讐に燃える女になってしまった。
彼女のことを心配したグランピーは、魔法をとけば元に戻ると思い、彼女を連れてルンペルシュティルツキンのもとへ。だが、ルンペルシュティルツキンは、愛を失ったココロには、大きな穴があくだけ。愛は最も強い魔法で、唯一ない薬なのだという。
白雪姫は、グランピーの心配をよそに、悪い女王を殺すために、絶対命中するという矢をルンペルシュティルツキンからもらい、悪い女王が別荘に行く途中を狙うことに。

一方、赤ずきんと共に追手から逃れようとしていたチャーミング王子は、後は任せてといった赤ずきんを残し(赤ずきんはオオカミに変身して戦った!)、白雪姫探し。
ルンペルシュティルツキンから白雪姫の魔法をとくには、愛のこもったキスしかないと聞くと、捨て身の行動をとる。白雪姫が悪い女王めがけて矢を放つと、その前に飛び出したのだ。チャーミングは矢が肩にささりながらも、君のためなら死んでもいいとまでいう。その言葉に、我に返る白雪姫。彼女はチャーミングを愛する以前の白雪姫に戻ったのだ。
だが、その時、ジョージ王の手下が現れ、チャーミングは捕らわれてしまう。

白雪姫は、王子の奪回を決意。彼女を応援するべくドアーフの7人の仲間たちも立ち上がった!
ルンペルシュティルツキンは、チャーミングのマントから取った髪の毛と以前もらっていた白雪姫の髪を瓶の中に入れた。愛の薬が完成したのかな?

白雪姫への見返りは、未来への投資という言葉が気になる。これからの話につながるのだろうね。

<ストーリーブルック>
メアリー・マーガレットは逮捕され、留置場に入れられる。心臓が入っていた箱は、メアリー・マーガレットの宝石箱だった。おまけに、彼女の部屋の床下からナイフまで見つかってしまったのだ。
先生を助けたいヘンリーは、食堂でオーガストに声をかけられる。「本」のなかにヒントがあるというオーガスト。そして、ヘンリーは見つけたのだ。ヘンリーはレジーナが持っていた鍵束を手に、エマと先生の家へ。
ある一つの鍵でドアは開いた! レジーナは、先生の家に入れたのだ。

しかし、発見された心臓がキャスリンのものと判明したので、エマはメアリー・マーガレットを送検せざるを得なくなる。エマは、メアリー・マーガレットに犯人ではないと信じている、何とかする、だからこの状況に耐えてほしいと頼む。

デヴィッドも、メアリー・マーガレットのために、まず記憶を取り戻したいと、カウンセラーのアーチーのもとへ。そこで治療中に、デヴィッドはメアリー・マーガレットが彼女を殺すと叫んでいるのを思い出す。だが、それは、メアリー・マーガレットではなく白雪姫だったのだ! 
それが白雪姫だという認識がないデヴィッドは、メアリー・マーガレットのもとへ。そして思い出したことをそのままメアリー・マーガレットに話してしまう。そんなことをいっていないメアリー・マーガレットは、デヴィッドにガッカリ(当然だ!) デヴィッドが疑われているときは、ずっと信じてきたのにと涙を浮かべるメアリー・マーガレット。返す言葉がないデヴィッド。

メアリー・マーガレットに不利な証拠ばかり見つかり、困窮したエマは、メアリー・マーガレットの弁護を買ってでたゴールドのところへ。メアリー・マーガレットはレジーナにはめられた、証拠がないけれどレジーナに勝ちたいというエマ。その言葉に、なんとかなると自信たっぷりなゴールド。
ゴールドは、レジーナは強いけれど、エマにはそれ以上の力があるというのだった。
そして、メアリー・マーガレットは、偶然見つけた鍵を使って留置場から逃げ出してしまった!

レジーナの目的は、何? この世界でも白雪姫のメアリー・マーガレットに復讐したいのかな?
デヴィッドは昔の記憶を取り戻せるのだろうか? でも、一人だけ記憶が戻っても混乱するだけだろうな。
by mint-de | 2014-01-10 15:41 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

THE KILLING/キリング3

シーズン3が終わった。
ルンドの「最後の事件」となっていたので、ラストがとても気になっていたのだけれど、こういう終わり方だったんだね。
もしかして死んじゃうのかなと心配していたので、その点はよかったけれど、これじゃあ、この先が気になる。続編とか期待してしまうけれど、無理なのかな。
イミーリェが無事に戻ったのと、ルンドの相棒が死なない展開にホッ。
このドラマ、事件の捜査と政治家たちの駆け引きが交互に描かれる展開になっているけれど、今回は、政治家たちが邪魔でしょうがなかった。魅力的な人物がいなかったので、彼らが出てくるとイライラした(笑)
大企業にべったりの政治家や官僚たち。ルンドの憤りも理解できるが、もう少しうまく対処する方法もあったと思う。でも、それをせず自ら不利な立場になる。いかにもルンドらしい。
こういう終わり方にしたのは、その「サラ・ルンドらしさ」を大事にした結果なのだろう。
毎回、緊張感に満ちていて、次回が気になる展開。とんでもなく暗くて重たいドラマだったけれど、もう見られないのはとても残念!
by mint-de | 2014-01-09 15:09 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

ふさわしい言葉

手術するために、入院する親せきの女性がいる。
無事に手術を終えて、早くよくなってほしいと思い、「頑張ってね」といってしまうのだが、いってから、どうもその言葉はふさわしくないと、思ってしまう。もっといい言葉がないだろうかと考えるのだけれど、言葉が見つからない。
病気は、自分の頑張りに関係なく体を侵していくわけで、「頑張って」という言葉は一番いってはいけない言葉のような気もする。病人に対するお見舞いの言葉というのは、なかなか難しい。

老人を二人(Aさん、Bさん)、車で送る機会があった。
夫がナビを操作しようとすると、道を教えるからいいとおっしゃる。
Aさんは、てきぱきとそこを右にいってください、そこは左ですと、とても柔らかな言い方。
ところがBさんは、そこは右、いやそこじゃないと、ちょっと命令口調。
助手席で、後ろの二人の言葉を聞きながら、ほんの10分くらいでも、顔を見なくとも、人というのは、その話し方で、ある程度どういう人か判断できるなあと思ったのだった。
タクシーの運転手さんはいろんな人を乗せるから、人間観察の意味では、面白い職業かもしれない。

ロウバイが咲き始めた
d0129295_21175799.jpg

by mint-de | 2014-01-07 21:19 | 木陰日和

おめでとうございます

きっと よい年
  幸せな年に!

今年もよろしくお願いします。

今日はとても暖かい。
新しい年のはじめは、穏やかな日和だ。
初詣をすませて、早速ウォーキング。
公園には、ジョギングをする人や凧揚げをする家族連れなど、人がいっぱい。
いろいろ問題はあるけれど、見た目は平和な日本のお正月だ。

午後になって買い物に出かけたけれど、町のお店はほとんど営業していた。
以前は、元旦だけは休む店がほとんどだったのに、みんな利益を得る方を優先しているようで、なんだか風情がないなあと、思ったりする。
今年は、親戚が喪中の家が多く、お客さんが来ないとてものんびりしたお正月を過ごせそう。
主婦としては、とてもうれしい(^^)
by mint-de | 2014-01-01 15:54 | 木陰日和