碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

目のごみ

先日の大雪の夜、上を向いて作業をしていたら、突然、左目が痛くなった。
多分、ごみが入ったのだと思い、鏡を見ながら取ろうと思うのだけれど、そのごみが見えない。痛いのを我慢しながら、まぶたをつまんだり引っ張ったりしても、わからない。
目をつぶっていたら痛みを感じないので、次の日に眼科にいくことにして早めに就寝。
しかし、やはり体が異常を訴えているせいか、よく眠れない。左目からは絶えず涙が出てくる。
次の日は左目を閉じて家事をやろうとしても、いままでの習性かすぐに左目を開けてしまう。とにかく我慢して、早く眼科に行こうと自分を励ます(^^)
しかし、大雪の次の日、お医者さんも出てこられるかわからないと聞いて、「困った」
それでも、時間遅れで診療しますと聞き、一安心。
だが、眼科までの道中は、結構、厳しい行程だった。まだ雪かきがされていない道を、不自由な目で、すべらないように歩くのである。なんだか悲壮感に満ちているようだった(笑)
なんとか眼科にたどりつくと、もちろん患者は一人。先生は、まぶたをひっくり返して、小さなごみをとってくれた。1ミリに満たないごみでも痛いですからねと、先生はおっしゃっていたけれど、目に入ったごみで、こんなに痛い思いをしたのははじめて。
ほんの小さなごみでも、目には痛いのだ!それだけ繊細な器官なのだと、痛感する。
そして、感心したのは、涙。異物から目を守ろうとして、必死に涙をだしていたのだ。
ごみをとってもらったら、すぐ涙はでなくなった。
人間の体の仕組みにも感心したのだった。
by mint-de | 2014-02-27 16:51 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第22話(最終話)

魔法のない国

<おとぎの世界>
捕らえられていたチャーミング王子は、狩人の助けもあって、脱出に成功。しかし、無限の森から出られないでいると、ルンペルシュティルツキンが現れる。
王子が母から貰った指輪を取り上げたルンペルシュティルツキンは、森からだしてやる代わりに、「真実の愛の魔法」が入った瓶を隠してきてほしいという。何よりも強い魔法を、安全な場所に置いておきたいのだそう。
その場所は、なんとドラゴンの腹の中だった!

王子は、マレフィセントという魔女のもとへ。その魔女がドラゴンに変わると、王子は剣をもって戦い、見事、瓶をドラゴンの口の中に入れることができた。
王子が戻ると、ルンペルシュティルツキンは指輪(白雪姫に近づくと明るく輝くように魔法をかけた)を返す。
その指輪に導かれて、王子は白雪姫のもとへ。だが、白雪姫は毒りんごを食べた後で、棺の中だった。
王子は、白雪姫にお別れのキス。すると、白雪姫が目を覚ました!真実の愛のキス効果らしい。

ルンペルシュティルツキンは、二人の愛を応援したがり、悪い女王は邪魔したい。目的は正反対だった。
今までは、ストーリーブルックにくる前の話だったけれど、次シーズンからは、どういう展開になるのかな。

<ストーリーブルック>
ヘンリーは、意識がない状態で病院へ。心配するレジーナに、エマは食って掛かる。
ヘンリーの話をやっと信じる気になったエマは、レジーナが最後の魔法を使ってしまったというので、ヘンリーを救うために、ゴールドに助けを求める。
ゴールドは、真実の愛の魔法は、何よりも強くどんなのろいも打ち破れるので、闇ののろいを作ったときに、安全装置として契約書に一滴垂らしておいたのだという。それを起動させるのがエマの役目で、その魔法を瓶に入れて、「あるもの」のなかに置いてあるという。

エマとレジーナは、レジーナが閉じ込めていた「あるもの」のもとへ向かう。父親の剣をもって、エマは一人で地下に向かう。そこにいたのはドラゴン。一人でドラゴンと戦ったエマは、あの瓶を手に入れる。
だが、地上にでる前に、ゴールドに瓶を渡さざるを得なくなる。やっと地上にでると、ゴールドに縛られていたレジーナを発見。ゴールドは、エマを使って、魔法を取り戻したかっただけだったのだ。

レジーナのために魔法の帽子を使ってリンゴを取り戻したのに、子どもと会えないことに腹を立てたジェファーソンは、仕返しを決意。ジェファーソンがヘンリーのベッドから離れると、ヘンリーの容態が急変。
そのまま、ジェファーソンは地下へ。そして、囚われていたベルを解放して、ゴールドを訪ねて、「レジーナに閉じ込められていた」といえというのだった。

病院からの連絡を受け、エマとレジーナはヘンリーのもとへ。だが、時すでに遅し。
しかし、エマがヘンリーの額にキスをすると、ヘンリーは生き返った!
それと同時に、町ののろいが解け、皆は自分たちの記憶を取り戻したのだった。
町から出ようとしていたデヴィッドは、急いで町に戻り、メアリー・マーガレットを見つけると、「白雪」と呼びかけ二人は熱いキスをかわすのだった。

ゴールドは、ベルの来訪に驚き、レジーナによってベルが囚われていたことを知る。
ベルも記憶を取り戻し、ベルから愛しているといわれたゴールドだったが、彼は、瓶の魔法を井戸の中に入れてしまった。井戸の地下の水には、失われたものを元に戻す力があったのだ。彼は、町に魔法をかけたかったのだ。真実の愛の魔法で、何をしたいのかな?

井戸からは、紫色の煙がわき上がり、その煙は町中に広がっていった。

ゴールドは、再び愛を手に入れたのに、魔法を手放したくはなかったようだ。
ストーリーブルックが魔法の町になったら、なんだかややこしくなりそう。オーガストは、人間に戻ったのかな。レジーナとドラゴンの関係が謎のままだね。
レジーナは、白雪姫の孫であるヘンリーを、心から愛している様子。白雪を憎んではいるけれど、レジーナの心の底には、誰かを愛したいという強い気持ちがあるのだろうね。
by mint-de | 2014-02-21 16:07 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

雪の中の散歩

d0129295_1704659.jpg

とんでもない雪だった。
前日に買った長靴が大活躍!
関東ではあまり売っていない雪用の長靴だから、底が厚くて歩きやすいですよと、店員さんがすすめてくれただけあって、とても歩きやすかった。
土曜日、犬の散歩で公園に行ったら、ほとんど人の踏み跡がない。
それでも、犬は平気で雪の中を歩く。犬は軽いから、雪の中にズボッと埋まらずに進めるけれど、私は、体重分ズボズボと雪の中に入り込む。そして、先週の雪より湿っている分、とても歩きにくい。
でも、長靴のおかげで足は全然冷たくなかった。
公園で見かけた犬は、一匹くらいだった。こんな大雪の日は、みんな散歩はしないのかな?
うちの犬は、雪も雨も「ソンナノカンケイナイノダ」
元気なワンコだ!

d0129295_1731056.jpg

by mint-de | 2014-02-18 17:04 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第21話

朽ち果てたリンゴ

<おとぎの世界>
第16話の続き。ジョージ王に捕らえられたチャーミング王子は、斬首刑寸前のところで命拾い。悪い女王がお金と引き換えに、王子の命を買ったのだ。王子を利用して、白雪姫を破滅させようと考えた悪い女王は、王子を牢屋に閉じ込める。
一方、白雪姫は王子を奪回するために立ち上がる。グランピーやその仲間たち、赤ずきんとおばあちゃんも助っ人として加わり、おまけに妖精たちの協力もあって、城内に侵入。
闘う戦士として兵士たちを倒した白雪姫だったが、やっと会えたと思った王子は、悪い女王の企みでガラスの向こう側。白雪姫は、悪い女王の提案を受け入れ、一人で、レジーナと初めて会った場所へ向かう。
そこで、レジーナの恋人が死んでいたことを知る白雪姫。
悪い女王は、毒リンゴを差し出し、これを食べなければ王子が死ぬという。王子のために覚悟を決めた白雪姫は、リンゴをかじる。そして、倒れてしまう。
リンゴはコロコロと転がっていった。

<ストーリーブルック>
エマは、ヘンリーと町を出ようとしたが、ヘンリーは町のみんなを救うべきだ、逃げちゃだめだと、激しく抵抗する。しょうがなく、エマは諦める。
レジーナは、木になっているリンゴが朽ちていく様子を眺め、魔法の力が弱まっているのを感じていた。
ゴールドに相談にいくが、ゴールドは話に乗ろうとしない。エマを抹殺してしまいたいが、そうすると魔法はとけてしまう、ゴールドがそう作ったというレジーナ。
悩んだレジーナは、ある方法を思いつく。ジェファーソンを呼び出し、取っておいた帽子を使って、おとぎの国に戻りたいというレジーナ。だが、魔法の力が弱いので帽子はなかなか回らない。レジーナが恋人との思い出の指輪を投げ入れると、やっと動き出した。
力が弱いので、小さな物しか通らないと聞くと、レジーナはあることを念じた。すると、帽子からあの白雪姫がかじったリンゴが飛び出てきた。

そのリンゴを使って、アップルパイを作るレジーナ。
エマは、ヘンリーとは時々会うことを条件に、自分だけ町を出ることを決意。その話を伝えに、レジーナの家へ。レジーナは、エマの話をにこやかに聞き、おみやげにアップルパイを差し出す。
家に戻ったエマのもとへ、ヘンリーがやってくる。エマの話を聞いたヘンリーは、そのパイは食べちゃダメだという。信じないエマに、ヘンリーは究極の選択をする。自分が食べたのだ。そして、エマの前で倒れるヘンリー。

これでエマは、信じる気になるのだろうね。町のみんなを救うべきだというヘンリーは、健気すぎる。
ずっと気になっていたのだけれど、レジーナは、ヘンリーがエマの子ども、白雪姫の孫だと、最初から知っていたのかな? 町から出られないはずなのに、どうやってヘンリーを養子にしたんだろう?
by mint-de | 2014-02-14 14:53 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

長靴!

また雪が降るようだ。
長靴を持っていなかった私。
雪や雨の日の犬の散歩、雪かきのときには、やはり長靴が一番だと思い、長靴を買うことに。
お店に行くと、皮革や可愛いブーツだと、いっぱいあるのだけれど、普通の長靴というのは、あまり置いてない。思わず、子ども用のサイズの大きい物を探したりする私(^^;)
店員さんに聞くと、大雪のせいで、長靴を求めるお客さんが多いらしく「売り切れました」という冷たいお返事。しょうがないので、遠くにある大きな靴専門店まで、ウオーキングをかねて歩いて行くことに。
でも、あまりにも遠いので、もっと近くにあるお店に多分ないだろうなあと思いつつ寄ってみた。
案の定、長靴は扱ってないという。
ただでさえ遠いのに、余計遠回りになり、結局1時間半も歩いてしまう。
そのお店には、いっぱい長靴があった。気に入ったのがあった。苦労したかいがあったよ(^^)

寒いせいか、くず湯ばかり飲んでいる。
この間、いつも買っているお店まで行くのが面倒で、近くのコンビニに行き「くず湯ありますか」と聞いた。
すると若い店員さん「くず湯ってなんですか?」
別の店員さんが対応してくれたけれど、くず湯って、いまどき珍しいものなのかな?
by mint-de | 2014-02-13 19:50 | 木陰日和

大雪!

ひどい雪だった。
昨日、飛行機が欠航したため、息子は札幌から帰れなかった。
でも、羽田空港で夜を明かした人たちに比べると、まだましだったかも。
空港にずっといるなんて、とても疲れるだろうな。

雪かきに励んだら、体が痛くなってきた。
普段使わない筋肉を使うせいかも。
近所の家々から人が出てきて、みんなで協力して雪かきができたけれど、誰も出てこない家もある。
こういうときに、どういう人かわかるな。

犬は、雪が降っても元気だ!
今朝の散歩は、私が人が踏んだ後の道を行こうとするのに、「オイラ、ソンナノカンケイナイネ」とばかりに、雪が深い所を歩こうとする。必死に「ダメ」というのだけれど、結局、雪の中を歩かされる羽目に。みっともないけれど、夫の長靴をはいてくればよかったと後悔する。
あと2、3日は、雪の中の散歩になるだろうな。
早く溶けてほしいな。
d0129295_14454998.jpg

by mint-de | 2014-02-09 14:47 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 第20話

見知らぬ男の正体

<おとぎの世界>
嵐の海で、ゼペットとピノキオは、クジラに飲み込まれそうになる。互いにかばい合うが、二人は舟から海に投げ出されてしまう。浜辺で気づいたゼペットは、ぐったりしたピノキオを見つける。
ピノキオを救いたい一心のゼペットの前に、ブルー・フェアリーが現れ、ピノキオを人間の子どもにしてくれる。ただし、人間でいるためにはいい子でいてと言い残して。

その後、二人が仲よく暮らしていると、またブルー・フェアリーが現れる。
ブルー・フェアリーは、悪い女王が国中に呪いをかけようとしている、その呪いを避けるには、魔法の木でタンスを作ればいい、その中に白雪姫と王子を入れ、二人は魔法のない国に行き、そこで赤ちゃんを産めば、その子が我々の王国を救ってくれるのだという。
だが、ゼペットはタンスを作ることに同意したものの、呪いでピノキオが木になるのを恐れ、二人しか入れないタンスに、ピノキオを入れることを決意。
ゼペットは、タンスを完成させると、ピノキオに白雪姫の赤ちゃんを守り、必ず28年後に救いにこさせると約束させて、ピノキオをタンスに入れてしまった。
こうして、ピノキオとエマは現代の町にやってきたのだ。

<ストーリーブルック>
オーガストは、エマにこの町の救世主としての仕事をしてもらうため、エマに説明しようとする。しかし、エマは、レジーナからヘンリーの親権を取り戻すことで頭がいっぱい。ゴールドに弁護を頼もうとするが、ゴールドは、エマにオーガストの話を聞かせるために、その依頼を断る。

オーガストは、全体をよく見てレジーナに勝つ方法を考えようといいながら、エマをある場所に誘う。
オーガストは、現代の町にやってきた木の前に立ち、自分がエマを抱えて連れていったのだと説明する。そして町の人々を救うのはエマなのだと話すが、エマはその話を信じることができない。
オーガストがピノキオで、約束を守らなかったために足が木に戻りつつあるのを目にしても、エマには普通の足にしか見えないのだった。
おとぎ話にうんざりしたエマは、こういう状況に終止符を打つべく、強引な方法をとる。ヘンリーと町を出ることにしたのだ!

ピノキオは、エマを守るはずだったのに、約束を果たさなかった。ずいぶん早くに逃げ出したのだ。
オーガストは、マルコ(ゼペット)の仕事場にでかけて、マルコから約束を果たさなくとも、やり直そうという気持ちがあればいいと慰められる。オーガストの命はどうなるんだろう?

オーガストがピノキオだったなんて!
彼が町の外にいて、どうして町に入れたのか、やっとわかった。
ピノキオの話が、ヘンリーの本に書かれていなかったのは、ピノキオがタンスに入っていたのをゼペットとピノキオしか知らないことだったから?
ゴールドは、息子を捜したいはずだから、おとぎの国に戻りたくないと思うのだけれど、それでもエマが救世主になることには賛成なのかな?
メアリー・マーガレットは、レジーナを許すといったけれど、レジーナは、いまだに彼女を許せないのだね。彼女を不幸にするためにデヴィッドに近づこうとしていた。ここまでくると哀れっぽいね。
レジーナが白雪姫を許せていたら、こんなことにはならなかったのにね。
by mint-de | 2014-02-07 15:49 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

梅一輪

寒い。
今週の始めは、オーバーを脱ぎたくなるような暖かさだったのに、雪が降ってからはずっと寒い。
土曜日も雪の予報だ。あんまり降らないでほしいな。

息子は、出張で札幌へ。雪まつりが見られていいな。
北海道で育ちながら、雪まつりを一度も見たことがない私。
混んでいるのが嫌だと思っていたけれど、向こうに住んでいるときに見にいけばよかったな。

手術をした姪の検査結果にホッとする。よかった。よかった。

寒いけれど、梅の花はしっかり咲いていた。
春は、もうじきやってくるのだ。

d0129295_15594865.jpg

by mint-de | 2014-02-06 16:00 | 木陰日和

『ミラノの太陽、シチリアの月』

『ミラノの太陽、シチリアの月』  (内田洋子 小学館)

『ジーノの家』同様に、この本も、読後に深い余韻が残る。
内田さんは、イタリアで出会った人々を、短いページに、実に印象深く描き切る。
無名の人たちのつましい生活が、まるで短編小説や映画のように伝わってくるのだ。
無駄な言葉を使わず、自分の感情とか批評めいたことは書かず、あくまでも客観的な視点で書かれているのも特徴だ。
今回は、「鉄道員オズワルド」と「シチリアの月と花嫁」が、特に印象に残った。
ささやかな暮らしの中の小さな幸せ、思い通りにならない人生、それでも人は生きていく。
そんなことに気づかせてくれるエッセーでもある。
by mint-de | 2014-02-04 20:27 | 私の本棚 | Trackback