<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ワンス・アポン・ア・タイム 2-1

破れた呪い

シーズン2が始まった。初めて観たときは、おとぎの世界と現代のストーリーブルックがリンクする形で展開していく話が面白かったけれど、呪いがとけて、現代の町におとぎの世界の記憶が広がると、妙に興ざめしてしまった。
メアリーが、娘のエマとやたらにお話ししようとするシーンは、なんだかコメディドラマのようだった。

<ストーリーブルック>
エマのお陰で呪いがとけて、町のみんなは記憶をとりもどした。
そして、自分たちをこんな目にあわせたレジーナに復讐しようとするが、エマたちが阻止する。
レジーナは魔法が使えなくなった。
命拾いしたレジーナだったが、ゴールドは、ベルがレジーナによって幽閉されていたと知り、死神を使って、レジーナの魂を吸い取らせようとする。
死神が町に現れ、レジーナが襲われそうだと知ったエマ、メアリー、デヴィッドがレジーナのもとへ。そして、皆で戦い、レジーナがあの帽子で死神を別の世界へ追い出すことに。
なかなか魔法がかからなかったが、エマがレジーナに触れると、魔法がかかり死神は帽子に吸い込まれた。そして、何とエマも、後を追ったメアリーも消えてしまった。デヴィッドも続こうとしたが、目の前で穴は閉じられた。
エマと触れたことでレジーナの魔法が復活してしまい、デヴィッドが危機一髪の状態に。けれど、ヘンリーが現れて助かる。ヘンリーは、エマたちが戻るまでデヴィッドと暮らすことになった。

レジーナの魔法が使えなくなって、少しはいい人になるのかと期待したけれど、だめらしい。悪い女王は、やはり悪い女王がお似合いということか。でも、レジーナのヘンリーへの愛情は本物らしい。
ゴールドは、ベルの願いを聞こうとする気持ちはあるらしい。でも、死神に頼んだら結局は同じこと。怪物だからそばにいるというベルは、健気過ぎる。ベルによって、ゴールドは変わることができるのだろうか。

<おとぎの世界>
オーロラ姫はフィリップ王子のキスで、長い眠りから目覚めた。
しかし、喜びも束の間で、王子は死神によって印をつけられ、その後死神に殺されてしまう。
王子に恩があるというムーランとともに残されたオーロラ姫。姫は、レジーナによって国の皆は消え、自分たちだけが残されていることを知らされる。
その二人の前に、あるものが現れた。それは、エマとメアリーだった。

ムーランは、この二人が王子を殺したといっていたので、今後が心配。おとぎの世界には誰もいないはずだったのに!
それと、死神のメダルをオーロラ姫が持っていて、ゴールドも持っているというのが、ナゾ。
by mint-de | 2014-09-26 15:57 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

古代ハス

d0129295_14581262.jpg

古代ハスの実物を初めて見た。
あまりにも美しくて、造花みたいだと思った。
2000年前の実から花が咲いたということで、眺めているだけで、自分も古代人のような気分(笑)
この花と色だけ似ている庭のフヨウは、今頃いっぱい咲き出した。
いつもはお盆の頃に咲き始めるのに、どうしたんだろう?
d0129295_1459056.jpg

d0129295_14592337.jpg


今、国際捕鯨委員会の総会で日本の調査捕鯨が問題になっている。
日本にはそれなりの理由があるらしいが、反対しているサイトで、クジラの殺され方がむご過ぎるという記事を読んで、そこまでする必要があるのかと思ってしまった。
なにしろあれだけの巨体なので、とどめをさすまでに時間がかかるらしい。
その生き物を観察するために殺すという、その行為にどうも納得がいかない。
大体、「調査捕鯨」なんて名称だけのような気がするし。殺されたクジラの肉は食べられてしまうわけで。
私はクジラの肉を食べたいとは思わないけれど、好きな人はやはり食べたいのかな?
そういえば、娘がベトナムに出張したときに、食用の犬を目撃してショックを受けたといっていた。
国が違えば、食するモノも違うわけで。
「○○だから食べてはダメ」と、△をいっぱい殺して食べている国にいわれたくない気もする。
by mint-de | 2014-09-16 15:03 | 木陰日和

誕生日

9月になった。
9月は私の誕生月。
もう誕生日は忘れてしまいたい年齢になってしまったけれど、あるドラマで、年を重ねた人ほどその年齢まで生きられたことに感謝すべきで、だからこそ誕生日を祝う意味があるのだといっていた。
確かにそうかも。
でも、人生のラストに少しずつ近づいてもいるわけで。
特別、何かを成し遂げたということもなく、ただ日々を生きてきただけで。
こんなんでいいのか?
中原中也の「帰郷」の「ああ お前は何をしてきたのだと 吹き来る風が私にいう」という詩句が浮かんできたりするこの頃。
でも、まあ、素直に自分の生まれた日を喜ぼう!

スペインで見かけた美しい花の木
d0129295_15462466.jpg

by mint-de | 2014-09-08 15:49 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de