<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワンス・アポン・ア・タイム 2-18

オーガストの旅

<オーガスト>
エマがストーリーブルックに初めてやってきた頃、オーガストはゼペットとの約束も忘れタイで気ままに暮らしていた。ところが、ある日、足の一部が木になっていた。
慌てて香港の病院へ行ったが、木の部分は普通の人には見えないので、相手にされない。そこへ男がやってきて、オーガストの症状を治せる人がいると教えてくれる。
ドラゴンという魔術師のもとを訪れたオーガストは、一万ドルで治してやるといわれる。高額な額に途方に暮れていたオーガストは、ドラゴンのところで見かけたタマラという女性と偶然会い、話をする。彼女はがんの治療のためにやってきて、すでにお金をもっていた。彼女が席をはずしたすきに、オーガストはそのお金を盗んで逃げだした。そして、ドラゴンのもとへ。
なんとか薬を手にしたオーガストだったが、再びタマラと会い、結局、薬は彼女のもとへ。こうしてオーガストは、体が木に戻る前にエマに呪いをといてもらうべく、ストーリーブルックに来たのだった。
タマラは病気ではなく、魔法に興味がある謎の女だった。彼女はドラゴンを殺し、ニューヨークでオーガストの後をつけニールに近づいたのだった。

<ストーリーブルック>
メアリー・マーガレットは、コーラを死なせた罪悪感から逃れられず、一人森に入り矢を射る。そこで、廃車にいたオーガストを発見。彼はほとんど木になっていた。自分が悪いというオーガストの話を聞いて、同情したメアリー・マーガレットはマルコの元へ。嘘をつかないと約束して人間の子どもになれたピノキオだったから、今のオーガストの状態では人間に戻ることはできないのだという。
そして、そのオーガストのもとへやってきたのは、ニールの婚約者としてエマとヘンリーとベーグルを食べていたタマラ。タマラは、あの薬はニューヨークの部屋にあるから行って使っていい、ただし、戻ってくるなとオーガストにいう。その言葉に町を出たオーガストだったが、彼女がドラゴンを殺したことを知っていたので、エマたちに危険を知らせるために、またストーリーブルックへ。
オーガストは保安官事務所からエマに電話したものの話す前に、タマラに倒されてしまう。駆け付けたエマに「彼女…」といって意識を失うオーガスト。
その様子を見ていたヘンリーは、オーガストは最後にいいことをした、また人間に戻れるのではというと、ブルーフェアリーが頷き、マルコに抱かれたオーガストはピノキオ少年に戻ったのだった。
エマがオーガストが言いかけたことを聞いても、ピノキオにはオーガストの記憶はなかったのだった。

メアリー・マーガレットは、デヴィッドに、レジーナの元へ行き殺してくれといったことを告白。そして取り出されたハートはどす黒い部分があったという。慰めるデヴィッド。

グレッグの彼女はタマラだった!
タマラは魔法好きの悪い女? でも、この話の広げ具合に興味半減。現実の世界の人間が入ると、面白くなくなるのは何故なんだろう? 想像の世界がいきなりしぼんでしまう気がする。
コーラの次はタマラと戦うことになるのかな? ニールもエマも全然気づいていないので、どうなるか心配。
グレッグはただ父親を捜しているのだから、悪い人ではないと思うのだけれど、どうしてタマラと組んでいるのかな?
by mint-de | 2015-01-30 16:11 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ワンス・アポン・ア・タイム 2-17

ストーリーブルックへようこそ

<ストーリーブルック・1983年>
レジーナが呪いをかけて、おとぎの世界からストーリーブルックに移動した頃の話。
ストーリーブルックは、森の中に突然できた町。その直前、父と息子がキャンプにきていた。彼らは、すさまじい嵐のような光景を目撃し、翌朝、何もなかった場所に町ができているのを知った。
父カートは、車が壊れたので直るまでの間、息子オーウェンと町に滞在することに。

おとぎの世界から目覚めたレジーナは、ストーリーブルックの町を見て、自分の魔法の出来栄えに満足していたが、町長である自分に対して皆が従順であることに、不満を抱くようになる。
食堂で、オーウェンと出会ったレジーナは、その少年の純粋な心に触れ、本音で接してくれるオーウェンともっと一緒にいたいと思うようになる。親子を自宅に招待したレジーナは、カートに仕事を世話するから、この町で暮らさないかとまでいう。
だが、カートに断られたレジーナは、カートを逮捕してオーウェンを自分のものにすることを決意。そのことをグレアムの心臓に指示しているのを、カートに見られてしまう。
カートは息子を連れて逃げ出した。しかし、町の境界線でグレアムに追いつかれ、カートは捕まってしまう。だが、オーウェンは境界線から逃げることができた。

レジーナは、このことがあって、ヘンリーを育てようと思ったらしい。でも、ヘンリーはどうやって町に連れてこられたのかな? 普通の人は境界線を越えられないのに? 後で、オーウェンが保安官を連れてきても、この先には何もないといわれていたのに。

<ストーリーブルック>
レジーナは、母を殺したメアリー・マーガレットを許すことができず、復讐を決意する。ゴールドにすべてを手に入れるのは無理だといわれても、ヘンリーを自分だけのものにしてメアリー・マーガレットへの復讐も果たすと宣言。そのことをゴールドから聞いたエマたちは、メアリー・マーガレットとヘンリーを守ろうとする。
エマは、ヘンリーをニールに頼み、ニューヨークへ連れて行くことを考えるが、それを聞いたヘンリーは逃げてしまう。レジーナはメアリー・マーガレットを殺そうとし、エマたちはレジーナがいなくなればいいと考えている。大人たちのそういう考えが嫌になったヘンリーは、すべては魔法が悪いと思い、盗んだダイナマイトで魔法をぶっ飛ばそうと、井戸の場所へ。

そこへレジーナとエマたちがやってくる。レジーナの魔法対銃を構えるエマとデヴィッド。
ヘンリーは、その間に入りもうやめてと懇願する。ヘンリーのもう魔法は使わないでという言葉に、レジーナは、ヘンリーの心を自分に向かわせる魔法の呪文だけは捨てたのだった。

メアリー・マーガレットは、自分の罪を許せず、思い余ってレジーナの家へ。そこで、自分を殺してくれという。それで、ほかの者が無事ならそれが一番いいと。
レジーナは怒りをこめて、メアリー・マーガレットのハートをつかみだした。苦しむメアリー・マーガレット。
そして、その様子を撮っている男がいた。交通事故で怪我をしたあの男グレッグ(メンデル)だった。
グレッグは、車を発進させた。キーには、あのオーウェンが父から作り方を教えてもらったキーホルダーがついていた。

グレッグは、あの動画をどうするつもりなのだろう。あれを見せても、町以外の人たちには信じてもらえないだろうな。
レジーナは、あのオーウェンが彼だと知ったらどうする?
それにしても、一瞬にして町ができて、人々も学校とか食堂とか、その状況を認識できて、人の名前もわかる魔法って、とんでもなくすごいね!
by mint-de | 2015-01-23 14:38 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ワンス・アポン・ア・タイム 2-16

粉ひきの娘

<おとぎの世界>
粉ひきの娘だったコーラが、ヘンリー王子と結婚するまでの話。
コーラが粉をもって城へいったとき、訪れていたエヴァ王女に足をひっかけられ、転んでしまった(このエヴァ王女が先週でてきた白雪姫の母なら、随分性格が違っていてビックリである)。王は、何も悪くないコーラを叱責しコーラに謝らせる。
その後、仮面舞踏会にでたコーラは、王に粉ひきの娘であることを見破られるが、王の侮蔑的な態度に、思わず、自分は麦わらを金に紡ぐことができるといってしまう。その言葉に、王は、塔でやってみろ、できたら王子と結婚できるが、できなかったら殺すという。
コーラが塔の部屋で困っていたときに現れたのが、ルンペルシュティルツキン。彼は、すでにコーラが女の子を産むとわかっていてその子をほしいという。彼と契約したコーラは、わらから金を紡ぎ、王子と結婚することに。しかし、その前にルンペルシュティルツキンから自分との子を産まないかと誘われる。
一度は合意したコーラだったが、愛よりも力を選び、ルンペルシュティルツキンを愛する気持ちを封印するために、自分の心臓を取り出し、王子と結婚したのだった。

<ストーリーブルック>
ストーリーブルックに戻ったエマたちは、レジーナとコーラから逃れるために、ゴールドの店で作戦会議。瀕死のゴールドの指示で、エマは見えないチョークでバリアを築く。
しかし、ゴールドが助かる方法は、一つしかなかった。白雪姫が母のためにもらったローソクを使う方法だった。ゴールドからその方法を聞かされたメアリー・マーガレットは、躊躇する。だが、愛する母をコーラに殺された彼女は、今の家族を守るために決断する。

レジーナとコーラが店に押し入ったとき、メアリー・マーガレットは逃げ出して、レジーナのくらに向かった。そして、コーラの心臓を見つけ、ローソクの呪いをかけた。メアリー・マーガレットは、その後やってきたレジーナに、娘を愛せないのはハートがないせい、これを体に戻すといいといって、心臓を渡す。
店に戻ったレジーナは、ゴールドを刺す寸前だったコーラの体に心臓を戻した。そして、呪いをかけられた心臓は、コーラの命を奪ってしまった。
元気になるゴールド。
反省したメアリー・マーガレットがかけつけると、レジーナが怒りに震えていたのだった。

コーラの弱点がルンペルシュティルツキンだったのには、驚いた。でも、ルンペルシュティルツキンはそれほどでもなかった? 彼がベルに電話をした内容には、ニールもジーンとした様子。ベルと一緒なら、昔の自分に戻れそうだと思ったら、ゴールドもここで魔法を使わずにいたらいいのにと思うけれど、魔法の魅力には勝てないのだろうな。
コーラがいなくなってスッキリした気がするけれど、これからはレジーナ対白雪姫、どうなるんだろう?
優しい母になってくれると期待したレジーナの気持ちを思うと、そこのところはちょっと可哀想だった。
by mint-de | 2015-01-16 15:26 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ワンス・アポン・ア・タイム 2-15

死の真相

<おとぎの世界>
白雪姫の母が亡くなったときの話。白雪の母エヴァは、白雪の誕生日の祝いに自分が母から受け継いだ王冠を渡す。
その王冠を、メイドのジョハンナが試していたのを見た白雪は、メイドの身分なのにと怒り出す。だが、エヴァはそんな白雪をたしなめる。世を治める人間は、偉ぶったりせず民の心を知ることが大切なのだと教える。
そのエヴァが突然、病に倒れた。母の命が長くないと知った白雪は、ジョハンナから聞いた妖精に願いを聞いてもらおうと、森へ向かう。
そこで、現れたブルーフェアリーに母を助けてほしいと白雪が頼むと、彼女は、本来、妖精が使えない魔法だけれども緊急の場合は使えるといって、ローソクを渡す。ただし、母の命と引き換えにほかの者を殺さなければならないというのだった。だが、白雪はさすがにそうすることはできなかった。
その話を聞いたエヴァは、ローソクを使わなかった白雪をほめ、善いことをするようにといって息を引き取った。

<ストーリーブルック>
ニューヨークのエマたちは、ニールとヘンリーが父と息子の関係を楽しんでいた。
そこへ、フックを取り戻したフックがやってきて、ゴールドの胸を一突き。毒がぬられていたので、ゴールドを助けるためには、魔法を使えるストーリーブルックに急いで戻らなければならない。フックを物置に閉じ込め、フックの海賊船で戻ることに。
船まで行く車を調達しようと向かった先で、エマはニールの婚約者を紹介されて驚く。

メアリー・マーガレットのもとに、誕生日の贈り物が届いた。中をあけてみるとあの王冠で、贈り主はジョハンナだった。メアリー・マーガレットは白雪を支えてくれていた彼女に会いにいく。

懐かしい再会を果たしたメアリー・マーガレットは、そこで、レジーナたちがゴールドの短剣を探している姿を目撃する。コーラに短剣が渡らないようにする方法を考えたメアリー・マーガレットは、まずレジーナに善い人になるチャンスを与えるべく、レジーナと話をする。
だが、レジーナは皆が持っている悪い女王のイメージをくつがえすのは無理だと諦めたらしく、コーラ側にいることを宣言。

仕方がないので、メアリー・マーガレットは、ゴールドに短剣の隠し場所を聞き、コーラたちより早く短剣を見つけようとする。だが、時計塔で短剣を見つけたものの、そこへコーラとレジーナが現れ、ジョハンナを人質にとられていたので、結局、短剣はコーラの手に渡ってしまう。
そして、このときになって、メアリー・マーガレットは、ローソクを渡した妖精がブルーフェアリーではなく、コーラだったことを知る。母に毒をもって死に至らしめたのもコーラだったのだ。
コーラは短剣を手にすると、ジョハンナを塔から突き落とした。
ショックを受けたメアリー・マーガレットは、正しいことをしようとしても相手が変わらないなら、自分が変わるしかないのではないかと思い始めるのだった。

家に帰ったレジーナは、母が自分を女王にするために、エヴァを殺し、白雪を助けるように仕組んでいたことを知るのだった。

コーラの悪い人度、300%! ここまでくると、物語として粗っぽい感じがする。
短剣がどうなるか気になるけれども、レジーナもここまで母に仕組まれていたと知ったら、態度が変わるような気もする。
メアリー・マーガレットは、善が通じなければ、悪で勝負って考えてしまうのだろうか。彼女の今後の行動が気になる。
by mint-de | 2015-01-09 14:33 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ロウバイ

d0129295_15574995.jpg


ロウバイが咲き始めた。
寒い冬の日に、この花の色を見ていると、春は遠くないと思えてくる。
梅の木も、よくよく見るとつぼみが大きくなっている気がする。

息子がバリ島へいったお土産に、ルアックコーヒー(コピ・ルアク)を買ってきてくれた。
ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせ、その糞から実を取って作るコーヒー。
香りがいいらしいが、その採取法を想像するとどうもダメ。
でも、珍しいものだから飲んでみたいという気持ちと、やっぱりムリという気持ちがせめぎ合う(笑)
そんな母親の態度を見て、息子はもっと喜んでくれる人にあげたくなったようで、結局、ルアックコーヒーを飲む機会はなくなったのだった。う~ん、もったいなかったかも?
by mint-de | 2015-01-07 15:59 | 木陰日和

おめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年のあいさつや仕事を終え、今日はのんびりしている。
今年は、とても寒い日が続いている。
金魚の池が上のほうが凍っているので、氷を割って餌をやるのだけれど、金魚たちは下の方をゆっくり泳いでいて餌を食べようとしない。
食べるより、寒さから身を守ることのほうが大切なのかもしれない。
氷の下でも、ちゃんと生きていることに感心する。
ちょっと調べてみたら、水温の低下で金魚も体温が下がって活動が鈍くなり、餌も食べなくなるらしい。
環境に順応するようにできている生き物たちを見ていると、人間というのは、暑い時も寒い時もいろんなものが必要になって、そういうものがないと生きられない弱い生き物なのだなと思ったりする。

元旦は、テレビで「ショーシャンクの空に」を見た。
以前見たはずだったのだけれど、あんまり覚えていなかった自分に驚く(^^;)
名作は何度見ても心打たれる!
冤罪のアンディが脱獄して、刑務所内の不正が暴かれ、ラストでレッドと再会するシーンがあるから、見ている方はスッキリするのだなあ。
こういう映画をもっと作ってほしいな。
by mint-de | 2015-01-04 15:22 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de