碧草の風

mintmmks.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ワンス・アポン・ア・タイム 3-3

ある妖精のおはなし

<おとぎの世界>
レジーナが、ルンペルシュティルツキンから魔法を教えてもらっていた頃の話。
愛する人を失ったレジーナは、王や娘の白雪への憎しみが生きる支えのような日々だった。そんなレジーナに救いの手を差し伸べてきたのが妖精のティンカー・ベル。
ティンカー・ベルは、生きていくには怒りより愛が大切、あなたに必要なのは愛する心だといって、ある男と知り合えば自分がもってくる粉で絶対うまくいくという。
そうして、二人は酒場へ。扉の前で、腕に入れ墨のある男がその男だと教えられたレジーナは、意を決して扉を開ける。しかし、レジーナはそこから進まず引き返してしまった。
勝手に行動していたティンカー・ベルは、ブルーフェアリーに注意を受けていたが、粉まで持ち出したことでブルーフェアリーの怒りに触れ、罰として妖精の羽根を取られてしまった。

<ネバーランド>
エマたちは地図を見ながらヘンリー捜しを続けるが、ヘンリーの居場所が移動しているため、なかなか場所を特定できない。その上、デヴィッドの傷はだんだん悪化してきた。フックに知られたデヴィッドは、皆には黙っていてほしいと頼む。
フックが、昔いた妖精のティンカー・ベルならピーターのアジトを知っていて案内してもらえるかもしれないし、普通の妖精の粉より強いピクシーをもっている、デヴィッドの傷にも効果があるので、まずはティンカー・ベルを捜そうということに。
だが、レジーナはその案には賛成したがらない。嫌々ついてきたレジーナだったが、ついに皆と行動を共にするのをやめ、一人で待つことに。エマにティンカー・ベルとのことを察知されたレジーナは、正直に自分がいないほうがうまくいくというのだった。
レジーナが一人でいると、妖精とは程遠い哀れな姿のティンカー・ベルが現れる。
レジーナのためにやったことなのに、レジーナは男とは会わず、自分は落ちぶれてしまった。その怒りをぶつけるティンカー・ベル。その言葉に、レジーナは自分の心臓をつかみだし好きにするがいいといってティンカー・ベルに渡すのだった。
自分は、希望より復讐を選んだ。強い自分になるために。自分を殺したければそうするがいい、でもそうしたら自分のように怒りに支配された人生になるのだ、それでもいいのかというレジーナ。その言葉に、殺しもしないし助けもしないというティンカー・ベル。
そこへ、エマたちがやってきた。ヘンリーを捜したいという彼らの気持ちと、メアリー・マーガレットのうちへ帰りましょうという言葉に心を動かされたティンカー・ベルは、ピーターの居る場所へ案内を引き受けることに。

一方、ヘンリーはピーターから自分が理由があって生まれてきた救世主だと教えられる。生まれる前から本当の心を持つヘンリーを待っていたと聞かされ、半信半疑だったヘンリーだったが、ピーターが渡した紙に描かれた自分の似顔絵を見て驚くのだった。

<魔法の森>
ニールは、ロビン・フッドやムーランの助けを借りて、ネバーランドにいく方法を見つける。ロビンの息子を利用させてもらい影をおびきだして、自分が影と共に飛んでいくことにしたのだ。
無事に成功した後、ムーランはロビン・フッドの仲間になることに。オーロラ姫に別れの挨拶をするムーラン。ムーランは彼女を愛していたのだ。
そして、ロビン・フッドたちの仲間になったムーランは、ロビン・フッドに迎えられる。差し出された腕には、あの酒場の男と同じ入れ墨があった。

レジーナのせいで滅茶苦茶になったというティンカー・ベル。でも、レジーナがどう行動したとしても、粉を持ち出したことで罰せられたのではないだろうか?それともレジーナが悪い女王にならなかったら許してもらえたということなのだろうか? レジーナがティンカー・ベルに対して申し訳ない気持ちを持っていて、自分の心臓を取り出したのには驚いた。でも、あれは魔法で似せたものだったのかも。でも、自分のようにならないほうがいいと説得しようとしたことは、それだけレジーナがいい人になろうとしているってことかも。
ムーランの忠誠心は、愛情からでていたらしい。ちょっと意外だったけれど、きりっとしていて清々しいイメージのムーランの活躍をもっと見たいな。
by mint-de | 2015-10-29 19:31 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

ユリノキの秋

d0129295_18594544.jpg


今年も柿をもいだ。
去年はものすごくなったのに、今年はたったの12個。
隔年結果の結果?(笑)
それなりに気をつければいいのだろうけれど、何もしていないからしょうがない。
大地の恵みをありがたくいただく。まあまあおいしい。
イチジクとブルーベリーも、まあまあ実をつけたけれど、結局、鳥さんのエサになってしまった。
以前は、鳥対策を考えたけれど、「取るな!」って頑張ってしまうのも、何だか面倒になってしまった。

最近、ハロウィーンがすごいね。
アメリカのお祭りを日本が輸入してしまった感じだ。
そもそものいわれなんて関係なく、面白そうだから日本でもやってみようというところが、すごいね。いろんな企業が儲かるから盛り上げているんだろうけれどね。
コスプレを見た時も思ったのだけれど、そんなに仮装したい?
時には、自分ではない自分になる。それがそんなに楽しいのかい?
ちょっと幼稚っぽいと思ってしまうのだけれど、ゆるキャラにしてもそうだけれど、何だか最近の日本人は幼稚化しているんじゃないかと思ってしまう。
by mint-de | 2015-10-27 19:04 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 3-2

伝説の剣

<おとぎの世界>
白雪姫が、チャーミング王子のキスで眠りから覚めることができた後の話。
白雪姫は悪い女王レジーナから国を守ろうとしていたが、レジーナは、国の統治権を渡せと迫ってくる。
目の前で民の一人を殺されそうになった白雪姫は、レジーナに国を譲り、無力な自分は国を出たほうがいいのではと考えるようになる。
しかし、チャーミング王子は、弱気な白雪姫を励まし、レジーナと戦い国を守るべきだと主張する。なんとか白雪姫を説得しようと考えたチャーミング王子は、ルンペルシュティルツキンのもとへ。
そして、魔法の武器を用意できたといって白雪姫をある場所へ誘う。そこには、岩を突き刺す剣があった。
剣は、真の指導者なら抜けるのだというチャーミング。チャーミングが試しても抜けなかったが、白雪姫が抜こうとすると、剣が抜けたのだ。
その剣に勇気を貰った白雪姫は、やってきたレジーナの魔法を破り、剣でレジーナの顔を切る。そして、国は渡さないと宣言するのだった。
その後、ルンペルシュティルツキンに会いにいった白雪姫は、その剣が、チャーミング王子が白雪姫のために、特別な剣だと思わせただけだったことを知るのだった。

<ネバーランド>
エマとその両親、レジーナ、フックの5人は、島を見渡せる場所へ着く。ヘンリーは、暗黒のジャングルのただ中にいるだろうというフック。その晩、そこで野宿していると、エマの前にピーター・パンが現れる。
白紙の地図を渡し、本当の自分自身を認めれば、ヘンリーの居場所がわかる地図になるという。そして、エマにしか捜せないともいって去っていく。
エマは、自分についていろいろ思いつくことを言葉にしてみるが、地図には何も現れない。業を煮やしたレジーナが魔法を使うと、地図が動きだした。その後をついていく5人。だが、待ち受けていたのはピーターとその手下のロストボーイたち。
ルール違反だといって、毒を塗った矢を放ち襲ってくる。なんとか抵抗したものの、チャーミングは怪我をしてしまう。その後、一斉に去っていくピーターたち。

落胆するエマだったが、メアリー・マーガレットは必死にエマを励ます。かつて、弱気になっていた自分チャーミングが励ましてくれたように。そして、ついにエマは本当の自分自身にたどりつき、白紙の紙に地図が現れた。
本当の自分自身、それは孤児だったということ。エマは一人のロストボーイの目に現れていた絶望感に気づいたとき、自分の心の底にあったものを思い出したのだ。両親に捨てられたこと。そして、それはヘンリーも同じだった。

ルンペルシュティルツキンは、ピーターの手下にヘンリーを捜さなければ、生かしてやるといわれたことで、迷いに迷っていた。そこで、魔法でベルの幻を呼ぶ。
息子を捜せなかったことを悔やんでいるなら、孫捜しをすべきだ、あなたは善い人だと助言するベル。そして、ルンペルシュティルツキンが見て涙した人形は、父が最後にくれたものだった。父に捨てられた記憶が忘れられないルンペルシュティルツキン。
過去を捨てることだとベルに言われたルンペルシュティルツキンは、その人形を投げ捨てる。しかし、その人形は、彼の歩いていく先に、またついてくるのだった。しょうがなく、ポケットに入れるルンペルシュティルツキン。

今回のテーマは、親に捨てられた子の気持ちと、戦う勇気。ルンペルシュティルツキンにも悲しい過去があったらしい。彼は、今後どう行動するのかな?チャーミングの傷が気になるな。
by mint-de | 2015-10-22 16:52 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

陣馬山登山

d0129295_14592447.jpg

行きたかった陣馬山。やっとあの白い馬を見ることができた。
360度の展望といわれるだけあって、頂上はとても開放的な雰囲気だ。
あいにく、すっきり見渡せるお天気ではなかったけれど、登ることができて満足。
小仏峠から景信山(名物のなめこ汁がおいしかった)、明王峠を経て陣馬山まで休憩を入れて約5時間。結構な歩きだった。
疲れてくると、もう登らなくてもいいや、なんてちょっぴり思ったりもするけれど、ただひたすら歩く行為に集中していると、余計なことが頭から離れだんだん頭の中が活性化してくる気がする。
ただ、今回の道は雨が続いた後だったので、ぬかるんでいるところがあったり、滑りやすいところが結構あって、かなり神経を使った。
下りは、とんでもなく急な下りで足が痛くなったけれど、下りてから温泉で一休みしたら疲れも取れた気がした。来月も頑張るゾ。

d0129295_1511641.jpg


d0129295_151271.jpg


d0129295_1513752.jpg

by mint-de | 2015-10-20 15:03 | 木陰日和

ハナミズキの赤い実

d0129295_14202159.jpg


歩いていたら、見知らぬ人に声をかけられる。
「お話してもいいですか?」
こちらが返事をする前に、「○○教ですが、何かお困りではないですか」
それを聞いて、言葉を発するのも嫌になり、無視して通り過ぎる。
自分の態度が失礼なのはわかっているけれど、私はこういう人が大嫌い。
向こうは、こういうのが修行の一つなのだろうけれど、私には信仰心なんてまるでないし、こういう声のかけ方って不躾すぎる気がする。
昔から、こういう人に声をかけられることが多いので、家に帰ってから声をかけやすい人とはどんな人か検索してみたら(笑)、その中に「生き生きしていない人」とあって、ショックを受ける。
確かに、愛想はよくない。でもねえ、こういう顔なんですっ!
大体、道を歩いていてお話して、その宗教に興味ありますっていう人がどれくらいいるだろうか?余計なお世話だけれど、時間の無駄使いしているんじゃないかって逆に説教したくなるよ。
冷静に考えると、私が不愉快になったのは、こういう人に「カモがきた」って思われたことなのかもしれない。
楽しくてしょうがないわって顔で歩いていたら、違ったのかも…
by mint-de | 2015-10-16 14:23 | 木陰日和

ワンス・アポン・ア・タイム 3-1

本当に信じる者の心

<魔法の森>
ニールは、魔法の森でオーロラ姫、フィリップ王子、ムーランたちに助けられた。
ニールがエマやヘンリーと関わりがあると知ると、それまでのいきさつを聞いて、オーロラ姫は自分には別の世界と連絡がとれる力があるので試してみるという。だが、それは失敗に終わり、ニールはムーランと共に、かつて父が住んでいた城を訪れる。
そこには、今の住人であるロビン・フッドがいた。ロビン・フッドは、ニールがルンペルシュティルツキンの息子だと知ると、かつて魔法の杖を盗んでも殺されなかったことから(2-19)、ニールが探し物をするのを許してくれる。
普通の杖をニールが使うと魔法が効き(父のおかげ)、扉が現れた。その中から水晶玉を取り出し、手をかざすとエマの姿が!
そこがネバーランドだと知り、驚くニール。

<ネバーランド>
ネバーランドに着いたヘンリー。グレッグとタマラは、魔法を壊すという使命を信じていたが、命令を出していたピーター・パンは、ヘンリーが欲しかっただけ。そのことを、ヘンリーを連れにきたロストボーイたちから聞かされると、二人はヘンリーを渡さないと抵抗するものの、あっさり倒されてしまう。
隙を見て逃げ出したヘンリーは、偶然、ピーター・パンから逃げてきたという少年と遭う。
二人で逃げるものの、彼こそがピーター・パンだった。
崖を飛び越えるときに、妖精の粉を持っていれば飛べると信じる、その心が大切だといったヘンリーの心、信じる心、それこそがピーターの求めているものだった。

エマとその両親、レジーナ、フック、ゴールドは海賊船でネバーランドへ。
途中、人魚の集団に邪魔されたり、内輪もめがあったりしたが、なんとか島にたどりつく。その前にゴールドは単独で動くと宣言。
エマは自分がリーダーになるといい、個性豊かなほかの面々もエマに従うことに。

第3シーズンが始まった。第1シーズンは、その創造性に満ちたストーリーがとても面白く感じられて、好きなドラマだったのだけれど、だんだん、何でもありすぎの展開で、「LOST」のときのように、話が広がり過ぎてつまらなくなった感じもある。それでも、どういう終わり方をするのか気になるので見てしまう(^^) もっとも5シーズンが作られているから、終わるのはまだまだ先の話のようだけれど。

船の上のシーンは、お笑いバトルみたいでおかしかった。これから、この連中が一緒だと全然まとまらない気がする。エマのリーダーシップが見ものだ。
by mint-de | 2015-10-15 16:49 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

傷ついた翅

植木鉢に水をやっていたら、蜜を吸っている黒のアゲハチョウを発見。
普通、近づいていくと逃げてしまうけれど、そのチョウは全然逃げず、なんだか一心不乱に吸っているように見える。
珍しいなあと思ってもっと近寄ると、翅の一部が欠けている。
怪我をしてしまったんだ。だから、懸命に栄養を補給しているのかな。
あまりにも、同じ花にとどまっているので、飛べるのだろうかと心配したけれど、そのうちいなくなった。
翅が欠けてしまったら、どの程度飛ぶ力がなくなるのだろう?
短い命でも、飛びたいところに飛んでいってほしいもの。

d0129295_15572638.jpg

by mint-de | 2015-10-10 16:00 | 木陰日和

健康な体

久しぶりに熱がでた。
何年かぶりで38度4分という数字を目にして驚く。
滅多に、37度以上になることがないので、その数字を見ただけでものすごく「病気」を意識してしまう。風邪の症状がまったくなく、とにかく何だか気持ちが悪いので横になっていたら、どんどん気分が悪くなる。
そのうち体が熱いように感じたので、体温計で計ってみたら熱があるとわかったのだ。
風邪でもないのに熱が出るなんて、よくない病気かもと心配したけれど、2日間寝ていたら元気になった。
登山や仕事の関係で、体が疲れていたのかもしれない。
体が少し休んでくださいと、サインを出したのかも。
こういうときに無理をすると、本当に病気になるのかもしれないと思ったりする。
熱が出たときのつらさを久しぶりに味わい、病気にはなりたくないなと、つくづく思った。
健康でいられる体に感謝!

新聞の投書欄で、マタニティマークをつけていると、かえって危険な目に遭うという記事を読んで、驚いた。
ネットで見たら、わざと足を出したりお腹を殴ろうとする人がいるのだとか。
本当なのかと疑ってしまうようなことが、実際に起きているのなら、なんという世の中になったのかと思う。
そういうことをする人たちは、妬みみたいな感情が根底にあるのかもしれないと思ったりする。
自分がどんな状態でも、他人をいたわったり、思いやる心を忘れたくないなと思う。
by mint-de | 2015-10-08 16:01 | 木陰日和

稲荷山から一丁平へ

d0129295_15221397.jpg


高尾山を稲荷山コースから登り、一丁平まで行ってきた。
初めて歩いたのだけれど、稲荷山コースは最初からすごい上りなっているので、はじめからウンザリ(^^;)
それでもなんとか登りきり、モミジ台を経て一丁平へ。
このへんは、人もだいぶ減って、いかにも山の道といった風情で、遠くに見える山とススキの穂に秋を感じながら歩く。
ただ、モミジ台からすぐの下りはここもウンザリするほど下っていくので、太ももがバタバタし始めた(^^;)
本当は城山まで行くつもりだったのだけれど、歩けなくなっては困るので一丁平で引き返す。今度はちゃんと城山まで行きたい。
今回は、これから3回ほど登山をするのでその足慣らし。
帰りは、高尾山のメインコースを歩き、茶屋で山の景色を愛でながらコーヒーを飲み、名物の天狗焼をおいしくいただきケ-ブルカーで帰ってきた。
それにしても、このメインコースの人の多さにはいつも驚く。ビアマウントの前は長蛇の列。その人混みを見ていたら、ここが山の上だということを忘れそう。紅葉シーズンになったら、もっと増えるのだろうな。

d0129295_15251792.jpg


d0129295_15254386.jpg


d0129295_1526563.jpg

by mint-de | 2015-10-04 15:32 | 木陰日和