<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コペンハーゲン/首相の決断 2-6

少数与党になった連立政権だが、ビアギッテは選挙はせずこのまま乗り切っていくことに。だが、野党側はこの時とばかり攻勢をかけてくる。なかでも、国民党のスヴェンは刑事責任年齢を今の14歳から12歳に引き下げる決議案を提案。ビアギッテは、罪を犯した子どもの罰則を厳しくするよりも、もっと子どもの未来を考えた根本的な問題から対処すべきだと思っていたので、その案には賛成できない。
そんなとき、かねてから移民に対して差別的な発言を繰り返していたスヴェンが、移民の13歳の少年に階段から突き落とされて怪我をしてしまう。スヴェンには同情の声が寄せられるが、インタビューしたカトリーネなどには、怪我をしたことで支持率アップのようないい影響があったのではなどといわれてしまう始末。
結局、討論会で、ビアギッテは、すぐに年齢を下げるのではなく、年齢引き下げについて充分に討議する委員会を設けることで、議員たちの賛同を得る。反対票との差はたった1票だけだったが。

カスパーは、この年齢引き下げ案に激しく反対し、ひどく感情的になる。その理由は、彼は8歳から12歳まで実の父親やその友人たちに性的虐待を受けていて、12歳のときに父親を刺していたからだった。名前を変えていたのもそのせいだったのだ。
ロッテとは別れ、カトリーネに愛しているというカスパー。秘密は嫌だといっていたカトリーネに、カスパーは事件が報道されたビデオを渡す。カトリーネは、やっとカスパーを理解できたのだ。

精神的に不安定なラウラに、抗鬱剤を飲ませて治療するという方針に納得できないビアギッテは、担当の精神科医に直接話を聞く。医者は、不在がちなビアギッテに代わって、自分がちゃんとやらなければという思いがラウラを苦しめているという。渋々、薬を飲ませることに同意するビアギッテ。

カスパーは、ひどい少年時代を送っていた。カトリーネに知らせたことで、二人の関係もいい方に向かっていくのだろう。
少年犯罪に悩むのはどこの国も同じなんだね。刑事責任年齢がイギリスの10歳からというのは厳しいと思うけれど、年齢よりも犯罪内容によって考えるみたいな方が、今の時代にあっているような気もする。
ビアギッテのスヴェンに対する「あなたは本質的なことを考えるのではなく、ただ泥をまき散らし後片付けは他人がやる」という表現に、こういう政治家っているなあと思う。考え方の違う人間と物事を進めていくのは、本当に難しい。
by mint-de | 2016-02-28 15:14 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 2-5

ビアギッテは経済成長一括法案を協議するなかで、与党だけの賛成よりも野党の意見も取り入れて、自分たちが野党になっても継続していけるものにしたいと、野党との合意をめざしていた。
しかし、緑の党の党首アミーアは、かなり修正された環境政策に難色を示す。そこで、ビアギッテはアミーアを翻意させるために策を弄する。カスパーは、アミーアが気候エネルギー大臣なのに、排ガスを大量にまき散らすクラシックカー、キャデラックをもっているのを知っていた。その矛盾をマスコミに流せば、彼を窮地に追い込める。そこを助けてやれば、彼をこちら側に戻せる。そう考えたビアギッテとカスパー。
結果、アミーアはマスコミや世間から非難されることに。仕方なく、アミーアは修正案に合意した。だが、アミーアはその後、緑の党は連立政権から離脱すると発表する。理想を実現するために連立政権に加わったのに、逆にそのことで、自分の意思を変えなければならないのはおかしいと話すアミーア。緑の党が抜けると連立政権が少数派になってしまうので、ビアギッテは、クラシックカーの件は自分がやったと白状し、なんとかとどまってほしいと頼む。しかし、議員も辞めることにしたアミーアは、ナイーブに思えたビアギッテの就任当時がなつかしいと話す。返す言葉のないビアギッテ。

ラウラは、移動教室に行くのを嫌がっていた。無理やり行かせたビアギッテのもとに、セシリエから連絡が入る。ラウラがパニック発作を起こしたので、家に連れ帰ったというのだ。不在のフィリップに代わって、セシリエが行ってくれたのだ。ベッドで眠るラウラを心配するビアギッテ。
ラウラは何度もビアギッテに助けを求めて連絡しようとしたのだが、会議の邪魔をしないようにいわれた秘書のユテは、頑なにその指示を守ったのだ。ビアギッテは、融通のきかないユテを解雇し、以前いたサネを呼び戻すことにした。

職を失ったカトリーネは、何と自由党の報道担当になることに。党首のヘセルボウは彼女の若さに期待していたのだが、やはり無理があった。連立政権が少数派になったことで、俄然意気があがる野党の党首の集まりで、国民党のスヴェンの移民への差別発言を聞いたカトリーネは、我慢ができなくなり、ヘセルボウに新しい名刺を返す。また無職になったカトリーネは、TV1のバラエティ番組の司会をすることに。
そのリハーサル中、トーベンがやってくる。産休を取ったキャスターの代役の仕事があるという。カトリーネは引き受ける条件として、ハネも一緒にと頼む。渋々OKするトーベン。

アミーアは、自分の理想の実現に限界を感じたのだろう。政治家というのは、独裁者以外は、妥協点を見い出す能力がないと続けられないのかもしれない。理想が高いほど、幻滅するのだろうな。
カトリーネとハネはTV1に戻ることになった。二人はTVのほうが合ってるね。
by mint-de | 2016-02-28 15:09 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 2-4

ソマリア沖でデンマークの貨物船が海賊に襲われ、9人が人質になった。ビアギッテは、国際協力が欠かせない問題だとして、すぐに直接的な対応をとらなかった。そのことで、労働党の新党首となったフクセンハーベンは、党の支持率が高くなったこともあり、ビアギッテを無視して、自ら人質となった家族を訪ねて励ましたり、テレビに出たりして自分の働きぶりをアピールする。そのフクセンハーベンのやり方に憤るビアギッテ。彼女を前にして、フクセンハーベンは首相の座を狙っているとまでいう。

カトリーネは、ラウゲセンから渡された写真を見て驚く。それは、フクセンハーベンと若い男の密会写真だった。記事を書けと言われたカトリーネとハネは、そんな下劣なことはしたくなかったので、どうしてその写真が撮られたのか真相を探ることに。調べた結果、若い男は、内閣セミナーでカメラマンの研修生といわれたミケルで、ラウゲセンの指示でやったことがわかる。
カトリーネとハネは、あなたが仕組んだことだとラウゲセンを非難する。激しいやり取りの後、結局二人は「エクスプレス」を辞めることに。

ラウゲセンは、写真を直接フクセンハーベンに見せることにした。動揺するフクセンハーベン。その後、フクセンハーベンは車の中で自殺した。

ビアギッテは、フィリップにやり直す気持ちがまったくないと知り、ひどく落ち込む。お酒を飲んでいるところに、運転手のキムが書類を届けにきた。排水のつまりを直してくれたキムに、ビアギッテは理性を失いキスしてベッドを共にしてしまう。
翌日、ビアギッテから話を聞いたカスパーはキムを呼び出し、首相の運転手から別の部署への異動を命じる。首相は、ちょっとはしゃぎすぎただけだといって。

人質は、ビアギッテの指示通り、潜水工作チームの働きで無事に解放された。

ビアギッテは、カトリーネからカスパーに伝えられたラウゲセンの行為を知り、彼を呼び出す。ラウゲセンは、死者を貶めることはしないといって、ゲイに関する記事は書かないと約束した。だが、ビアギッテに非難された下劣な取材方法や報道に関しては、自分のやり方を通すと言い放つ。彼は、キムとのことを知っていた。

フクセンハーベンのやり方に不満だったビアギッテだが、彼がゲイの告白をしたときは、寛大な態度だった。公表して活躍すればいいとまでいったのに、フクセンハーベンはそれができなかったのだ。こういう話は、なんとも後味が悪いね。
キムとの件はビックリポン!(笑) キム、いい人だったので可哀想だと思ったけれど、すぐしゃっべっちゃう軽い男だった。
ラウゲセンのやり方は下劣きわまりないけれど、日本の週刊誌の見出しなどを見ても、こういう世界は売れれば何でも書いちゃうんだろうな。
by mint-de | 2016-02-26 16:29 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

ワンス・アポン・ア・タイム 3-18

亡霊との対話

<おとぎの世界>
ゼリーナの父は、庭師だった。赤ちゃんのときから魔力があったので、父親は特別な人かと思ったら、そうじゃなかった。コーラは、庭師に王子だと騙されたけれど、本物のレオポルド王子に助けられ、二人は結婚することに。庭師の子を妊娠していることは秘密にしていたが、庭師に脅されているのを許婚のエヴァに聞かれてしまい、その事実をレオポルドが知ることとなってしまった。
ただの粉ひきの娘に戻ったコーラは、娘がいると生きてはいけなかったので、ゼリーナを捨てることにしたのだ。

<ストーリーブルック>
レジーナがロビン・フッドに預けていた心臓が、ゼリーナの指示でゴールドに取られてしまう。
ゼリーナの目的がわからないレジーナは、母の過去から答えを得るため、母の霊を呼び出す術をかける。その後、娘時代のコーラが現れ、執拗にメアリー・マーガレットを狙い体に入り込むが、レジーナの力で追い払うことができた。その時、メアリー・マーガレットは、コーラの過去を知った。自分の母エヴァが妊娠の秘密をもらしたことが、そもそもの発端だったと。
そして、ベルは、ゼリーナの目的が何かわかった。それは、過去を変えることだったのだ。

ゼリーナは、自分が捨てられた過去を変え、新しい自分になるための準備が整ったので、ゴールドと乾杯。
過去を変えるには、チャーミング王子の勇気、レジーナの不屈の心臓、ゴールドの脳みそ、それと新しい命があればいいらしい。

コーラの過去で、レオポルド王子と知り合いだったなんて驚きだ。以前のシーズンでそんな話あった? なんだか、とってつけたようなストーリーで興ざめ。あんな品のない娘に恋する白雪の父もよくわからないな(笑)
レジーナとメアリー・マーガレットの和解で、今後、レジーナに悪い女王という呼び名はふさわしくないような気もする。レジーナは幸せになれるかな?
by mint-de | 2016-02-25 16:46 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 2-3

ビアギッテ率いる連立政権は、社会福祉関連の一括法案を審議するにあたって、その財源を早期退職手当を廃止して充当させる方向でまとまっていたのに、労働党が手当の廃止には賛成できないといってくる。今頃、何を言いだすのかとビアギッテは困惑気味。
その労働党党首のマロットは、最近、評判がよくない。外務大臣なのに英語が苦手で、外務省や党内から、イジメに近い扱いを受けていておかしな噂が流れていた。
首都を離れた場所で、財源について話し合う内閣セミナーが開かれ、その席上、党内に混乱を招いてしまったマロットは、ついに感情を爆発させる。彼は、溶接工から党の幹部になっていった昔気質の労働者だったのだ。あくまでも労働者側の立場でいたかったマロットは、副党首のフクセンハーベンの思惑にまんまとひっかかってしまい、党首をフクセンハーベンに譲ることになった。

その夜、そのフクセンハーベンは、「エクスプレス」のカメラマン研修生ミケルと密会する。その様子を写真に撮られていることも知らずに。

カスパーは、恋人のロッテと付き合っているのに、セミナーの夜、カトリーネの部屋を訪れ彼女を抱いてしまう。

ビアギッテは、フィリップに恋人のセシリエと子どもたちを会わせたいといわれ、ひどく動揺する。一度は会おうとしたものの直前で断ってしまい、その様子を見ていた娘のラウラに慰められる始末。それでも、子どもたちをフィリップに預け、電話越しにセシリエの声や子どもたちの楽しんでいる様子を聞き、一人、寂しい思いを味わうのだった。

マロットさん、ちょっと可哀想。あのカメラマンは、ラウゲセンが送り込んだのだろう。フクセンハーベンがゲイだと知っていたから。ネタになるから? それともマロットのためにやった? 彼が誰かのためにやるなんて信じられないけどね。
離婚したくなかったビアギッテの気持ちを思うと、フィリップってちょっと無神経だね。
by mint-de | 2016-02-24 15:38 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 2-2

ビアギッテは、ブリュッセルに派遣する欧州委員を誰にするか決めかねていた。欧州委員はデンマークを離れて仕事をするので、国内の政治に関しては存在感は薄くなる。自分にとって面倒な人間を選んで追い出す形にするのも、一つの選択肢であるという意見に、ビアギッテはある人物を連想する。
ベントは、ビアギッテのよき相談相手であり、もっとも信頼できる人物。でも、先のアフガニスタンにおける軍の撤退問題に関しては、ビアギッテに反対し、最近は意見が対立することばかり。穏健党の次期エースと期待される欧州担当大臣のヤコブも、ベントが適任だというので、ビアギッテはベントに話をする。しかし、ベントはビアギッテの思惑を察したかのように、そんな仕事は受けたくないと断る。ヤコブも今の任務を続けたいというので、自党からの選出は諦めて労働党に打診するビアギッテ。
そんなとき、ベントの妻がビアギッテを訪ね、夫はやっと財務大臣を辞めたショックから立ち直って落ち着いてきた、こんなときにブリュッセルに行かせるようなことはしないでくれと頼んでくる。了解したというビアギッテだったが、今度はベントが心変わりしてやりたいといってくる。

結局、ベントに決まり記者会見したものの、その後ベントは脳卒中で倒れてしまう。
ベントの妻は、何も知らなかったビアギッテに、夫が以前同じ病気で倒れていたことを知っていたのに任命したという新聞記事を信じて、怒りをぶつけてくる。そのとき、ビアギッテは意外な事実を知らされる。妻は、ヤコブにビアギッテに伝えるように話していたというのだ。ビアギッテにとって、頼もしいと信じていた男は、自分勝手で出世欲の強い人間だったのだ。ビアギッテは、ヤコブに欧州委員を命じるのだった。

カトリーネは、もうすぐ誕生日だと先輩のハネに話す。ハネにも娘がいることを知ったカトリーネは、娘とのランチを楽しみにしている様子のハネに親近感を抱く。だが、そのハネは、娘に会いたくないといわれて落ち込み、欧州委員発表の会見前に酒を飲んでトイレで怪我をしてしまう。介抱していたカトリーネは、会見に間に合わなかった。しかし、カスパーがその録音をしていてくれた。感謝の気持ちで、カトリーネはカスパーのお祝いの食事会の誘いを受けることにする。カスパーは恋人との約束があったのに、カトリーネを優先させたのだった。

批判的な意見をいってくれる相手のほうが、自分に役立つのかもしれない。イエスマンほど、相手としては気を付けなければならないのかも。
仕事一筋だったハネは、今頃になって家族が恋しくなったようだ。そういう寂しさはわかる気もするけれど、家族がいれば幸せとも限らないわけで、仕事しかない女は寂しい女というような描き方は、ちょっと安直すぎる気がする。
カスパーは、私生活では理解不能なところがあるけれど、もう少し素直になったほうがいいのでは。このままでは、恋人が可哀想。
by mint-de | 2016-02-23 14:55 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン/首相の決断 2-1

スーパー!ドラマTVをしばらく視聴していなかったので、このドラマはシーズン1しか見ていなかった。3月から最終シーズンとなるシーズン3が始まると知り、どういう終わり方をするのか気になったので、今月のシーズン2の連続放送から見ることにした。

2-1では、アフガニスタンに駐留するデンマーク軍を撤退させるか否か、迷うビアギッテが描かれた。
基本的には武力での解決を支持していないビアギッテだったが、軍が駐留することで、状況に良い変化が生じていること、アフガニスタンの多くの子どもの命を救えたことを誇りに思うと綴った戦死した兵士の手紙に、そして、現状を知る司令官の駐留を希望する考えなどを聞き、結局、駐留の継続を決める。

カトリーネはラウゲセンの「エクスプレス」で働くことに。
アフガニスタンでの取材後、カトリーネは戦死した兵士の「最後の手紙」を記事にするために、父親に接触する。父親は、無意味な戦争に行った息子の死を受け入れることができず、カトリーネの話を聞こうとはしない。だが、その父は首相と写った息子の写真を見た後、ビアギッテのもとへ行く。ビアギッテに息子の手紙を読むと、カトリーネに手紙を渡した。カトリーネは戦死した兵士の「最後の手紙」を記事にすることができた。

他国の平和のために戦う、それは確かに勇気ある行動だ。でも、とても難しい問題を孕んでいる。イラクを見ても、強い力で抑えても、その反動が怖い。ビアギッテは、望んではいない軍を撤退させない方を選択した。それは、多分、今の世界情勢では致し方ない決断だったのだろう。
ビアギッテは離婚したくなかったが、こちらも自分の意思に反して離婚することに。
望んではいなくともやらなきゃいけないことがあると、フィリップはいっていたけれど、あなたがそうすればいいのではと、見ていて思ったよ。首相なんてそうそうなれるものじゃないんだから、その期間だけ妻を支えてやろうとか思わない? そういう夫でいてほしかったと、その点については、つくづく残念な脚本だなあと思うよ。
by mint-de | 2016-02-22 16:57 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

ワンス・アポン・ア・タイム 3-17

キリアンの愛

<おとぎの世界>
9か月前、フックは海賊ならぬ盗賊として資金稼ぎ。やりたい放題だったフックの前にアリエルが現れる。フックの海賊船がエリックを連れ去ったという。
フックは自分も船を捜していたので、手下とアリエルと共に海賊船へ。
船上で、船を奪った黒ひげと戦ったフックは優位に立つが、黒ひげは、アリエルがエリックの居場所を知りたがっているとわかると、交換条件をだす。
居場所を教えたら船は自分のもの。自分を殺したらエリックの居場所は永遠にわからない。
フックは愛よりも船を選んだ。エマを忘れたかったフックにとって、海賊船のほうが大事なものだったのだ。
失望したアリエルは、自分で捜すと言って海に飛び込み、人魚となって去っていった。

<ストーリーブルック>
海岸で、アリエルが見つかる。エリックを捜していろいろな場所を巡っていたという。町にエリックがいないことを心配するアリエルに、皆はエリック捜しの手伝いをフックに求める。1年間の記憶のないアリエルだが、フックには苦い思いがある。渋々、エリック捜しをするフックだったが、ゴールドの店でエリックのマントを見つけてしまう。
ベルの協力で、そのマントに居場所へ導いてくれる追跡の魔法をかけると、マントは海に消えてしまう。それを見て、エリックは死んだと嘆くアリエル。その姿に自責の念にかられたフックは、船の上での出来事を話し、今度は自分が一緒に捜してやると約束する。
だが、アリエルは実はゼリーナだったのだ。フックが愛する者エマの名前を口にしたことで、ゼリーナはフックの唇に魔法をかけ、もしフックがエマにキスしたら、エマの魔力は消えてしまうという。もしそうならなくとも、闇の王にエマを殺させるというゼリーナ。フックはゼリーナに騙されたことを悔やみながらも、ゼリーナ自身がエマに手出しできないことを見抜く。

その頃エマは、ゼリーナと戦うべく、魔法を自分のものにするために、レジーナから魔法の基礎から学ぶことに。勉強は苦手というエマに、レジーナはスパルタ教育で応じる。その方法が功を奏し、エマは高い橋の上から落ちそうになる寸前、魔法の力で食い止めることに成功する。
その後、エマは家族そろっての食事にフックを誘う。だが、断るフック。エマを守るために、フックは遠くからエマを見つめるのだった。

実際のアリエルは、海を巡ってエリックを見つけ幸せに暮らしているのだという。

フックの恋心には、違和感ありまくり。年齢、違いすぎるし(笑)  あまりにもいい人キャラで、前シーズンまでのキャラはどうなった?
エマも魔法を使えるようになると、魔法使いがいっぱいで、話が粗っぽくなりそうなのが心配。
by mint-de | 2016-02-19 11:44 | 海外ドラマ(O~R) | Trackback

クロッカスが咲いた

d0129295_1525937.jpg


先日の暖かさで、クロッカスの葉が一気に伸び、黄色い花が咲いた。
毎年、青や白より早く咲く黄色のクロッカス。
春の予感!

ニュースを見ていると、そんな事件があるのかと驚くことが多い。
いろんな出来事を見ていると、人間不信になりそう。
そんなときは、マイワンコの頭をなでる。癒やされるなあ~
以前、「志村動物園」で、犬の出産シーンを見た。
母犬は誰にも教わらないのに、生まれてきた子をなめ必死に生かそうとする。
その母性本能に感動する。
高度な知能を持っているはずの人間だけれど、ときには、とても愚かだったりする。
ニンゲンハフシギナイキモノデス。

d0129295_1533241.jpg

by mint-de | 2016-02-17 15:04 | 木陰日和

「逃げる女」を見終えて

番組の宣伝から、梨江子の冤罪がテーマで、梨江子の再生のドラマを勝手に期待していた私は、回を追うにつれて、好きなストーリーじゃないな、美緒みたいな人は嫌いだなと、若干、ガッカリ。
大体、憧れていた人に冷たくされたくらいで、その人に罪を着せてしまえるのかというのが、最大の疑問で、そのあずみの自らの釈明がないので、どうも納得がいかない。
ただ、罪を犯すという行為、破壊衝動といっていたけれど、そういう気持ちが、自分の意識の底でうごめいていて、自分でもどうしようもなくなって罪を犯してしまう、そういう説明のつかないことを描きたかったのだろうと、勝手に解釈している。
美緒のような子は本当に可哀想だ。守ってくれるべき最大の保護者である親に虐待される子ども。
あずみにしても、小さいときに守ってくれる人がいなかったことが、こういう結果につながったのかもしれない。梨江子は、美緒の気持ちを理解できるようになった。そこに人間としての成長があったということ。
佐久間も同じ過ちを繰り返さないという気持ちが、梨江子を守ろうとする気持ちになり、二人とも自分だけを守ろうとする気持ちから、誰かを守ることにつながって、新しい展開になったということ。
ラストで、これから先のことはわからないといっていたけれど、ああいう終わり方は好き。でも、梨江子は一緒にカフェをやりたかったのかも。そうならないほうが、ラストにふさわしい気がする。
セリフに重なるような音楽もよかった。
私の好きな展開ではなかったけれど、とても重厚感のあるドラマだった。
マンガを原作にした映画やドラマが多い昨今、このドラマのように脚本家が腹の底から書きたいと思うドラマを見たいものだ。
by mint-de | 2016-02-14 15:22 | 日本のドラマ | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de