<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コペンハーゲン 3-9

TVの党首討論会で独自路線を強調して、新民主党をアピールしたビアギッテ。世論の評は比較的良好で、選挙での議席数は5~6議席という予測がなされる。皆は喜ぶが、ビアギッテは、やはり穏健党との類似点が多すぎるので、違いを強調するために、ある策を講じようと考える。
穏健党の本来の理念を無視して、違う方向に進めているクルーセ本人を攻撃して、二つの党の違いを鮮明にしようと考えたのだ。クルーセは、もともとは激しい性格だったが、今は、冷静でいようと努めている。そのクルーセを責めたら、本心を露わにするのではと考えたのだ。そして、新民主党こそが正当な中道政党だと世間にアピールするのだ。

穏健党との1対1の党首討論会で、穏健党には友好的な討論会といっていたが、ビアギッテは容赦なくクルーセを攻撃する。クルーセは、党のマニフェストを無視して、環境や教育問題などの政策を行っている。そんな党にこの項目は要らないだろうと、ビアギッテはそれぞれのページを破り捨てたのだ。かつての穏健党は、このごみの中にあると言い切るビアギッテ。

そんなビアギッテに怒ったクルーセは、マスコミを使ってビアギッテの過去を持ち出して個人攻撃してくる。選挙の間は、いろいろいわれてしまうけれど、選挙が終わったらなくなるから我慢してと子どもたちに頼んだビアギッテだったが、ラウラが家の前でエクスプレスの記者に嫌な質問されたと聞き、感情的になってしまう。カスパーからの情報で、クルーセが過去に飲酒運転をして、同乗していた妻ではない女性に怪我をさせていたという。そのことをカトリーネから聞いていたビアギッテは、それをエクスプレスに流せと命じてしまう。ベントにはやめろといわれ、カトリーネもソーレンにそこまでするのかといわれる。カトリーネはエクスプレスの前までいくが、ソーンの言葉が重く響きそのまま帰ってしまう。翌日、記事になっていないことを知ったビアギッテは、冷静になって自分の過ちに気づき、情報を流さなかったカトリーネにありがとうというのだった。

ソーレンは、穏健党の経済政策に弱点を見つけ、それを分析すればいい攻撃材料になるという。その策に乗るビアギッテ。カトリーネは、ソーレンが自分の教え子を動員して党のために尽くしてくれる姿に、笑みを浮かべる。カトリーネとソーレンはキスする関係になっていた。
選挙前日のTV1党首討論会がやってきた。ビアギッテは、自信たっぷりな態度でクルーセを攻撃する。穏健党の経済政策で数字の矛盾を突き、財源もないのに、減税だの福祉に使うだのといった公約を掲げるのは、国民にウソをついていることになると。そして、自分は首相として実績があると強調する。クルーセは、ビアギッテにやり込められ、思わず本音をいってしまう。ビアギッテは、病気で同情を買っているだけだと。クルーセは感情的な一面をさらけ出し、党首討論会で、低レベルな発言をしてしまったのだ。ひそかにほくそ笑むビアギッテなのだった。

トーベンは、アレックスからショー形式の党首討論会をやるように指示される。TV2が放送したハンドボールの試合形式の選挙番組が高視聴率だったことから、うちでも面白い選挙番組をやれというのだ。下品きわまりないと断るトーベンだったが、結局、アレックスに押し切られてしまう。渋々、ショー形式のセットでリハーサルをしていたトーベンだったが、本番直前、トーベンはセットを片づけさせ、いつもの形式でやるように指示。様子を見にきたアレックスは、いつもと変わらないセットに驚くが、トーベンは自分の考えでやるといってアレックスに反旗を翻したのだった。

選挙に勝つためには、いろいろ策を講じなければならないのだね。ちょっとうんざりしたりする。それでも、ビアギッテは下劣なことはしない人だったけれど、あやうくしそうになってしまった。焦りもあるのかな。でも、最後の党首討論は格好よかった。新たな胸のしこりが気になる。
トーベンは、ピーアとの関係を終わらせた。ピーアは可哀想だけれども、不倫だからしょうがないね。ハネ、意外と優しい人だ。最初は嫌味な中年女性というイメージだったけれど、いつも的を射た意見をいい、間違いを正す姿勢は、とても格好いい。
怒ったアレックス、今後どう出てくるのかな? 来週は最終回。終わってしまうと思うと、ちょっと寂しいな。
by mint-de | 2016-04-29 13:39 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン 3-8

党首討論会で醜態をさらしてしまったビアギッテ。党のイメージダウンは避けられず、幹部たちも頭を抱える。自分の言動を反省したビアギッテは、幹部たちだけには病気のことを伝えようと決意。
世間には公表しないつもりだったが、エクスプレスにバレてしまい、結局、TV2のインタビューを受けることに。これを利用して、病気にはなったが、これからは党の政策に注目してほしいと、党をアピールする。

労働党と緑の党の打ち合わせにでかけたビアギッテは、「私たちのデンマーク」という将来のビジョンをまとめた野党の共同政策について、はじめて知らされる。トアセンは、病気のビアギッテは大人しくしていろといわんばかりの態度で、交渉する余地はないという。新民主党としては納得できない部分があったものの、ビアギッテは渋々頷き、3党の合同記者会見に臨むことに。
党内では、納得できない意見が多く、特にニーテは失望の眼差しで記者会見を見つめるのだった。

選挙に向けて、何とか新民主党をアピールできる方法はないかと、皆が考える中、独自の政策を打ち出すことが一番ということになり、まず教育改革としてソーレンの考えも借り、党ならではの政策を決める。ところが、まったく同じことを穏健党のクルーセがTVのインタビューで話している。穏健党と同じような考えなら新民主党の存在意義は薄れてしまう。それなら違いを出すために、TV1でクルーセと討論をしてはどうかということになる。討論で、ビアビッテが環境問題重視の発言をすると、クルーセは、以前は風力発電にはコストがかかりすぎると反対していたのに、自然エネルギーは推進すべきだというのだ。穏健党と主張が同じことに、ビアギッテもカトリーネも不審に思い始める。内部にリークしている者がいるのだ。カトリーネはソーレンにも手伝ってもらって、犯人捜しをすることに。

なかなか打開策を見いだせないでいたビアギッテは、心配して会いに来てくれたジェレミーの言葉にヒントをもらう。ビアギッテが首相になったときは、皆が期待していたこととは反対のことをいったから、支持を得た。今回もそうすることに決めたビアギッテは、TV1の党首討論会で、野党の共同政策には納得できないので、野党連合から離脱すると話し、新民主党は独自の路線を歩むと宣言したのだ。その結果、党のイメージはアップした。

穏健党にリークしたのは、ニーテだった。合同記者会見のビアギッテに失望し、弱みを握られていたクルーセの誘いに応じてしまったのだ。離党することになったニーテ。

トーベンは、妻のカオリーネに問い詰められ、不倫相手がピーアだと話してしまう。怒ったカオリーネは、ピーアを別の部署へ異動させろという。妻の言うとおり、ピーアに異動を命じたものの、自分の間違いに気づき、慌てて引き留めるトーベン。だが、局にやってきたカオリーネは、ピーアが同じ部署にいるのを見ると、皆の前で怒りにまかせて二人が不倫しているとばらしたのだった。そして、トーベンに家の鍵を返せという。

アレックスは、ビアギッテの失態を放送でき、今度は野党連合離脱の発表を放送できて、単純に喜んでいる。そのことを放送直前のトーベンのそばで話し、ただ、奥さんが不倫の件で乗り込んでくるのはよくないという。動揺したトーベンは、生放送がスタートしたのに、何も話せない。気が付いて、慌ててウルリクのセリフ「ありがとうトーベン」といってしまう。放送が終了すると、トーベンは自分を失ったようになり、ウルリクに抱かれて泣き出すのだった。

ニーテは残念だ。彼女は負けたくなかったのだね。ジェレミーは本当に優しい人だ。でも、ビアギッテは恋よりも政治って感じだな。
トーベンは、病気になってしまったのかな? アレックスのせいもあるのだろうけれど、トーベン自身、報道のあり方とか、いろいろ葛藤があったのかもしれない。奥さんのカオリーネは、ちょっと怖いね。
by mint-de | 2016-04-21 14:26 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

高遠の桜

d0129295_14342234.jpg

高遠の桜を見てきた。
駅のポスターなどで見かけていた、桜におおわれた町。
高遠城址以外にも、桜がいっぱい植えられていて、桜、サクラ、さくらづくし。
高くて遠いという、高遠という地名にも、風情が感じられる町だ。
満開を過ぎていたのは、ちょっと残念だったけれど、それでも十分見ごたえがあった。
車はいつもは大渋滞になるそうだが、少し遅かったせいか、渋滞に巻き込まれることもなかった。
これだけの桜を植えた昔の人々に感謝!

d0129295_14344495.jpg


d0129295_14345761.jpg


d0129295_14351849.jpg

by mint-de | 2016-04-19 14:37 | 木陰日和

コペンハーゲン 3-7

ビアギッテの放射線治療が始まった。医師には、家族の付き添いがあったほうが気持ちが楽になるといわれるが、ビアギッテは、子どもたちを不安にさせたくないので、一人で耐えることに。誰にも知らせたくなかったので、党の仲間には、学校の面談だ、歯医者に行くなどと嘘をついて病院へ。治療のせいで体調は思わしくなく、3・4時間しか眠れない状態だった。

そんなとき、ヘセルボウが経済政策に行き詰まり、突然総選挙をすると発表する。新党にとっては、3週間しかない選挙活動は厳しい。カトリーネは慌ててビアギッテに連絡するが、ビアギッテはソファで眠っていて連絡がとれない。このところ、連絡がつかない状態が続いているので、カトリーネは不審に思う。
選挙の争点は経済政策にあると考えたビアギッテは、党の経済コンサルタントとしてソーレンを迎えたいという。カトリーネは、早速ソーレンのもとへ。
ピーアから、選挙期間中、各党の党首を24時間追いかける選挙番組の企画があるので、参加しないかと連絡をもらったカトリーネは、ビアギッテにその話をする。だが、ビアギッテは治療のことを知られたくないので、きっぱり断る。

カトリーネから打診されたソーレンは、ビアギッテがTVの党首討論会に出演する前に、説明に来てくれた。治療があるので、ソーレンの話を概要だけでいいと簡単に片づけようとするビアギッテ。その態度に、カトリーネは驚き、ソーレンに謝る。だが、ソーレンはまた会えてよかったというのだった。

TV討論会に臨んだビアギッテは、新民主党は経済政策として環境を優先すると話し、不況だからといって環境税を減らすのはあり得ないと話すものの、ソーレンの説明を自分のものにしていなかったので、司会のウルリクの質問にまともに答えられなくなる。世間に、準備不足を露呈してしまったビアギッテ。

家に帰ったビアギッテは、ラウラの最近ちゃんと話をしていないという言葉に、病気のことを伝えようと思い直す。翌日、ビアギッテは子どもたちに病気のことを話し、一緒に病院へ向かったのだった。

トーベンは、選挙の報道番組でTV2に勝つことをアレックスに約束させられる。TV2が首相のヘセルボウと労働党のトアセンが一騎打ちのような形で討論したのを、アメリカの番組のようで面白かった、ストリーをつくれというアレックス。
アレックスに刺激されたトーベンは、党首討論会で並ぶ列を今までとは変えて、ライバルの党首を横に並ばせる一列型を採用し、ビアギッテの失態をしつこく流した。それをアレックスには評価されたものの、ハネやピーアには下品だと責められる。悔しがるピーアを陰から見ていたトーベンは、ピーアにキスするのだった。まるで、トーベンの仕事の良心を守るかのように。

病気のことを内緒にしていたばかりに、さんざんな結果になったビアギッテ。確かに子どもたちに話すのはつらいかもしれないけれど、家族や仲間には話すべきだったのだろう。
局を辞めたがっていたトーベンだけれども、アレックスに褒められるとやる気がでるらしい。なんだか手懐けられているペットみたいだ(笑)
カスパーは、かつてのスピンドクターの経験をカトリーネに伝授。やっと二人も落ち着いた関係になってきたようだ。
by mint-de | 2016-04-14 16:36 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン 3-6

新民主党を支持する数は2万人になった。これに機に、国会議員選挙への出馬資格が得られることになった。選挙になれば、7人前後は議員になれそうだと皆は喜ぶ。
ビアギッテは、経済政策担当の議員候補として、大学教授で経済学者のソーレン・ラウンを考える。彼は、大学教授でノーベル賞の候補にもなったことがある経済学者だ。だが、エーリクは彼がかつて共産党員だったことを挙げ、ふさわしくないと反対。ヨーンも、自分が経済担当なのに重要なポストを外部の人間に奪われるのかと反発する。それでも、女性陣とベントの賛成でソーレンを迎えることに。

ソーレンは、自分が共産党を支持していたのは30年も前のこと。今は、デンマークの経済を考えるただの学者だと説明する。だが、「エクスプレス」は彼の過去が格好のネタになり、早速、記事にされる。カトリーネは、マスコミへの対策としてソーレン本人から、まずいことがないか確認する。ソーレンは、すべて過去の話だとして問題はないと答える。
カトリーネは、ソーレンをTV1に出演させ、彼が、環境を重視し再分配制度の徹底といった経済政策を強調することで、彼の共産党時代の過去は払拭できると思っていた。しかし、世間の反応は厳しく、今度はソ連のスパイなどといった記事や古い公安の機密文書から彼の友人がソ連のスパイだった話まで公になってしまう。

ソーレンを徹底的に調べるようにビアギッテから指示されたカトリーネは、かつてのKGBのボスで今はスウェーデンに亡命している男を探しだし、彼に会って直接話を聞くことに。彼は、友人がスパイではあったけれど、ソーレンはスパイではなかったと証言する。そして、TV1のハネのインタビューでも、彼がきっぱりとスパイではなかったと話したので、ソーレンは、やっと過去の自分から解放された。
だが、ヨーンの知り合いの警部から、ある情報がもたらされる。25年前にソ連の大使館で知り合ったイーダという女性と付き合っていて、彼女は自殺したというのだ。カトリーネは、ソーレンを呼び出し詰問する。ソーレンは、イーダは妊娠したものの流産して、その後うつ病になり自殺したと話す。ソーレンは、カトリーネの部屋で、カトリーネが自分のことを徹底的に調べていたことを知りショックを受ける。
それまでは新民主党の候補者になるべく、過去のことを正直に話していたソーレンだったが、自分のことが世間にこれほどまでにさらされることに耐えられなくなり、辞退を申し出る。
荷物を取りにきたソーレンに、カトリーネは言い過ぎたことを謝るのだった。

ビアギッテは、手のしびれの件で病院へ。そこで、ビアギッテは意外な病名を告げられる。右胸の外側に、乳がんの前がん症状が見られるというのだ。2×2センチ程度を切り取る日帰り手術で、その後放射線治療になるといわれる。早い方がいいといわれ、ビアギッテは手術を受けることに。

トーベンは、役員会でアレックスに6時のニュースの視聴率が上がったといわれ、正午のニュースを打ち切っても視聴者は気にしていないと告げられる。役員の手前、曖昧に頷いていたトーベンだったが、腹の底ではアレックスに我慢ができずにいた。精神的に参っているのか、カスパーや妻との約束も忘れてしまう始末。
そこでついにトーベンは決意した。「エクスプレス」のラウゲセンと会い、エクスプレスで仕事がしたいと申し出たのだ。若造のアレックスの下で働くのはもううんざりだといって。だが、ラウゲセンはきっぱりと断る。トーベンは年を取り過ぎているというのだった。

共産党員だった人が、今は違うといってもなかなか受け入れてもらうのは大変なのだね。30年も前のことをあれこれほじくりかえされたら、確かに嫌になるだろうな。ソーレンさん、お疲れ様って感じのエピだった。
ビアギッテの症状は乳がんだった。早期発見でよかったと思いたい。ラウゲセン、謝るのは遅すぎだね。
トーベンの物忘れ、病気じゃないといいけれど。中間管理職も大変だね。
by mint-de | 2016-04-07 16:08 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

コペンハーゲン 3-5

新民主党もやっとクリスチャンスボーに議員室をもてることになった。エーリクは思いのほか広いことに喜ぶ。そんなとき、ルーマニア女性が売春を強要されていた事件がニュースになる。早速、労働党のペアニレが女性蔑視だと怒りを露わにし、性を買う男たちを取り締まるべきだといって超党派で売春禁止について話し合うことに。
話し合いは、禁止の方向でまとまっていくが、ビアギッテはもう少し実態を知りたいといって、仮の決議案へのサインを拒否。その態度にペアニレは呆れ、「エクスプレス」のラウゲセンには、元首相の権力欲がでたとまでいわれてしまう。

ニーテは、自分の故郷ではスーパーで働くのも性を売ることも、同じ仕事と考えていた女性がいたと話す。その話を聞いたベントは、実際に売春をしている女性に話を聞くことを提案する。カトリーネは、「セックスワーカー」と称するイリーネと会い、彼女がサービスを提供しているだけだと話すのを意外な気持ちで聞く。
有識者とイリーネも参加して公聴会が開かれる。ペアニレや有識者たちは、性を売る行為は心に傷を負うケースが多いことや、女性シェルターに助けを求める女性が多くいることなどを挙げ、売春に反対の意見を述べる。自分の仕事に満足していたイリーネは、自分の言葉が宙に浮き、いたたまれない気持ちになる。ただ、女性シェルターは、補助金を多くもらうために、シェルターを利用する女性の数を水増ししていたことが、イリーネの指摘で判明し、早速カトリーネたちはそのことを追及する。

ビアギッテは、自分自身は売春は不道徳だと思っていたが、イリーネの話や他国の例を聞き、禁止法を作っても娼婦が危険にさらされるだけなので、人身売買や搾取する側の取り締まりを強化することの方が優先されるべきだと判断する。首相にその件を提案し、加えてちゃんと税金を払っているイリーネたちにも普通の人と同じ権利を与えてほしいと訴える。だが、取り締まりの強化については法務大臣らに伝わったが、イリーネの要求は却下されてしまった。

カトリーネのもとへ、母がやってくる。前回は言い過ぎたと謝る母は、意外なことを話し始める。出産して半年後に不倫をしたというのだ。若くして母親になってしまったことで、心が不安定になっていたのだ。母親になるのは大変なことという母は、カトリーネの不安な心がよくわかるのだ。母の気遣いに、カトリーネは「ママはよくやった」と口にする。そして、カトリーネは、カスパーがカトリーネが出産してから女性としてカトリーネを見られなくなったという言葉に、ショックを受ける。だが、イリーネと話していくうちにカトリーネの心にも変化がでてくる。愛と性は別というイリーネの言葉に励まされたのか、突然やってきたアレックスを快く迎えるカトリーネ。

トーベンは、アレックスからニュース番組を時間帯によって、女性向け、男性向けにしてみてはと提案される。視聴率を気にしたニュース番組はあり得ないと、トーベンはその案を却下。トーベンは、ピーアに好意を示されてからは、彼女の体を触りまくるなどだらしがない。そんなトーベンのもとへ妻のカオリーネがやってくる。息子の終業式をトーベンは忘れていたのだ。そこへアレックスがやってくる。カオリーネをセクシーだというアレックス。

性を売るのは、需要があるから供給があるのか、その逆かよくわからないけれど、国によって合法だったり違法だったりするわけで。そのへんが難しいね。
カトリーネのお母さんは、うるさい母親というイメージだったけれど、カトリーネのことをとても理解しているお母さんだった。
トーベンもアレックスも、一体、何を考えているのやら。あの変わった椅子のある部屋がおかしい。アレックスはヒマ過ぎじゃないの?
by mint-de | 2016-04-01 14:24 | 海外ドラマ(北欧) | Trackback

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de