タグ:樹木 ( 13 ) タグの人気記事

鳴らない雷はないものか

うちの犬は、去年から雷を怖がるようになった。
8歳までは怖がらなかったのに、突然怖がりだしたのは何故なんだろう?
雷が鳴り出すと、ハアハア息を荒くしてウロウロしはじめる。
そのうちブルブルふるえるので、必死になぐさめるのだが、効果はない。
そんなときは、通じる言葉があればいいのにと思う。
「フローズン プラネット」で見た、大自然に生きる動物たちとふるえる姿を比べると、なんて情けない姿だろうなどと思ったりもする。
犬が怖がるのは、雷による静電気の影響もあるとか。
怖がらなくするためのいい方法はないものだろうか。
雷が怖い犬がコワイ飼い主の私。
これからの季節が悩ましい。

d0129295_15215541.jpg

by mint-de | 2012-04-25 15:23 | 木陰日和

セミの声

セミの声が響くようになった。
木陰に入ると涼しい風を感じる。
まだ8月になってもいないのに、以前の猛暑日の暑さと比べるとしのぎやすく、なんだか夏の終わりのような感じがする。

昨日の夕方、NHKラジオを聞いていたら、サッカー女子のなでしこリーグの話をしていて、以前なでしこリーグで活躍していた方が、仕事をしながらサッカー練習をする環境を、そういう状況だったからこそ強くなれたような気がするとおっしゃっていた。
確かにサッカーだけに打ち込んで、それで食べていければよいのだろうけれど、逆に、そうできない困難さがあるからこそ、練習できる時間の貴重さがわかるのだろうし、働くことで社会性が身につくし、精神面でも強さがそだつのかもしれない。
「逆境がバネになる」
W杯で優勝した彼女たちって、すごい女性たちだなあと、あらためて感心したのだった。

d0129295_14332891.jpg

by mint-de | 2011-07-26 14:34 | 木陰日和

今日もブツブツ

関東地方はもう梅雨入りしたそうだ。
まだ5月なのに…
早く入梅になったからといって、梅雨明けが早いとは限らないのだとか。
雨が降るたびに放射線量を気にしているのに、もう梅雨入りだなんて憂鬱度が増すばかりだ。

福島第一原発のニュースを聞いていると、悪いニュースばかりで、これほどまでにバッドな展開が続くと、1年後も早く収束させてといっているような気がしてくる。
NHKの番組で、3月の水素爆発の後に、独自に福島に乗り込んで放射能汚染マップを作った人たちの活動を見た。
ある場所に避難していた人たちは、彼らにその場所が放射線量が高いことを教えられて、その場所から移動したという。行政の指示のなんと頼りないことか。
災害時に何を信じればいいのかわからない状況というのは、一番困る。
今の日本に必要なのは、確実な情報と頼れるリーダー。早くなんとかしてほしいよ。


d0129295_14502139.jpg

by mint-de | 2011-05-27 14:52 | 社会畑

早く収束して!

東電が今頃になって、福島第一原発の1から3号機の炉心溶融を認め、格納容器に穴が開いているかもしれないという報告をした。
あれだけ高濃度の放射性物質が漏れ出ている時点で、素人の私でさえ、穴が開いているんじゃないかと思っていたので、遅すぎる発表に、「情報操作」をされたような、とても不快な気分になる。
パニックをおそれて真実をいわないというのは、国民を馬鹿にしているし、信用性に疑問符がつく行為だ。
重大な事実なら、パニックにならにようにちゃんと説明すればいいだろう。
この国から逃げ出せない人間は、それなりの対応をして生きていくしかない。
福島の子どもたちのことを考えると、本当に、1秒でも早く収束して!と願うばかりだ。

月曜日にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を見た。
鶴瓶さんが震災後の石巻を訪れたのだが、被災された方々が「よく来てくれた。会えて元気をいただいた」と鶴瓶さんと抱き合い、握手をしていた姿に、胸が熱くなった。
芸能人が来ただけで「うれしい」と口にする人々。
失ったものが大きいからこそ、人のおもいやりの心が、それだけでもうれしいのだろう。
鶴瓶さんもそんな風にいってもらって、芸能人冥利に尽きるというものだろう。


d0129295_11531763.jpg
by mint-de | 2011-05-25 11:55 | 社会畑

5月の光

久しぶりにウォーキングへ。
犬の散歩はしていたものの、速足で歩くとちょっと疲れる(^^;)
体は正直だ。やはり休まずに続けることが大切なのだと思う。
公園には幼稚園や保育園の子がいっぱいいて、にぎやかだった。
5月の光と風と新緑。
いい季節だと思いたいが、原発のことを考えると、どうも気分が重い。
避難された方々は、どんな思いでこれから生きていくのだろう。
東電の報告を聞いていると、悪いニュースばかりで、もうニュース番組は見たくない気分。
果たして収束できるのだろうか?


d0129295_162384.jpg


d0129295_1625082.jpg
by mint-de | 2011-05-18 16:04 | 木陰日和

公園にくる人々

暑くなってくると、ウォーキングにでかけるのも億劫になってくる。
でも、行かずにいると、やるべきことをやっていない気分になり、やっぱり行ってこようと思う。行ってみると、ウォーキングやジョギングをしている人たちが結構いて、自分もやっているのだけれど、みなさんがんばっているなあと感心してしまう(笑)
私が行っている時間帯は中高年の男性が一番多い。みなさん早足で私を追い抜いていく。あくまでも自分の健康のためにやっていること。でもすごく一生懸命。
先日は、近所で大病を克服された方が歩いていて、ちょっとお話しした。
その方は、ゆっくり歩いているだけでも気持ちがいいとおっしゃっていた。
足が不自由な方や、杖をつきながら歩いている方もいる。
みなさん、がんばっている。偉いなあ、すごいなあと思う。
自分が不自由な身になったら、気持ちで負けてしまって、あんな風に歩くことなんてできないかもしれないと思ったりする。公園にいると、障害者の人たちを見かけることも多くなった。普段は接することがほとんどないので、ハッとする自分がいる。車いすの横から細い手が伸びていて、その手が喜びを現すように動いている。
障害者を、普段、街中で見かけないということは、本当は不自然なことだよね。そういう人たちの存在を、もっと身近に感じられる社会になるべきなんだと思う。
公園には、幼児から老人まで、いろんな人が憩いを求めてやってくるので、さながら社会の縮図のようだと思うときがある。

d0129295_1523576.jpg
by mint-de | 2010-07-16 15:24 | 木陰日和

木陰日和

今日は暑かった。
こんな日は木陰日和(^^)

d0129295_196728.jpg
d0129295_1962256.jpg

by mint-de | 2010-05-17 19:08 | 木陰日和

犬の食事

うちの犬は、この春で7歳になった。もうシニア犬の仲間入りだ。
口の周りが白くなっているものの、1歳くらいから大きさも性格も(そのうち落ち着きますよといわれていたが、未だにゴハンだ! 散歩だ! 遊ばせろ!とワンワン要求する)変わっていないので、「シニア」でくくられることに、どうも納得がいかない。
これからは食べ物もカロリーオーバーにならないように注意する意味で、ペットフードも「7歳からの~」と但し書きのついたものを買うことにした。味が違うと文句を言われるかと思ったが(^^)、いつもと同じようにパクパク食べてくれたので、安心する。
前に飼っていた犬は、家族の食事の残り物やご飯をやっていたが、今の犬からは人間のものは味が濃すぎるので、主にペットフードをやっている。毎回、同じものなのにおいしそうに食べる姿を見ていると、なんだか可哀想にも思えてくる。犬用のご飯をちゃんと作っている人もいるようだが、人間の食事をつくるので手一杯の私には、そこまでする愛情はない。
何をやってもうれしそうにパクパク。お腹がいっぱいになれば、それで満足なのだろう。
食べ物に文句をいうのは、飢えを知らない人間くらいかもしれない。
この地球のどこかで食べるものがなくて困っている人がいることを思うと、毎日同じものでも、お腹を満たしてくれるものが与えられる動物は、幸せだといえるのかもしれない。

d0129295_1702538.jpg

by mint-de | 2010-04-25 17:02 | 木陰日和

若葉の輝き

d0129295_19122495.jpg

新緑が美しい季節になった。
光のあたり具合で、微妙に緑の色が違ってくる。
光は自然の演出家。
ハナミズキも咲き始めた。
よく日のあたる場所の白いハナミズキが満開だった。
でも、別のハナミズキはやっと花が開いた程度。
場所によって随分違うものだ。
でも、日のあまりあたらない花のほうが長持ちしている気がする。
人の人生も、華やかな人生より、地味目な生き方の方が長生きするかも。
などと、思ってみる(^^)

d0129295_19195873.jpg
d0129295_19201231.jpg

by mint-de | 2010-04-21 19:22 | 木陰日和

力ずく

相撲には、それほど興味はなかったけれど、琴欧洲が活躍するようになってから、
ここ数年ラジオで聴くようになった。去年、琴欧洲が優勝したときは、横綱になれるかもと
期待したけれど、どうも大関の居心地がよいようで、なんとしてでも「横綱になる!」
という気持ちが伝わってこない。実況のアナウンサーも解説者も、
「もっと欲をだせ」というようなことをいっている。
顔つきも優しいし(私はそこが好きだけど)、モンゴルの力士たちに比べると、
闘争心が薄いのかなあと思ったりする。
でも、顔で判断なんてできないよね。それと、相撲は大きな力士が強いとは限らないし。
昨日の相撲で、日馬富士が自分より大きな琴欧洲を破ったときには、
勝負ごとは、力ではなく、技と頭の使い方が大事なのだなあと、あらためて思った。
何事も、力ずくではダメなのだと、いろんなことに対して思ったのだった。

d0129295_1112883.jpg
by mint-de | 2009-05-25 11:04 | 観て☆聴いて☆読んで

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de