タグ:紅葉 ( 37 ) タグの人気記事

メタセコイアの紅葉

d0129295_191114100.jpg


今日はとても寒い。今朝は、霜が降りていた。
そんな寒い朝でも、公園には、少年野球チームの少年たちが早くから練習にきていた。
野球といえば、オリックスに入団した中島裕之選手の契約金に驚いた。
3年で12億! 今年活躍した選手ならまあ理解はできるけれど、アメリカではほとんど出番がなく、日本を去る頃の成績もそれほどでもなかったはず。
オリックスで今年頑張った選手たちは、その金額をどう受け止めるのだろう。
私には全く関係のないことなのだけれど、この数字は、妥当なのだろうかと思ってしまう。松坂にしても、それだけの価値があるのだろうか?
外国人選手たちも結構高額だ。こういう金額を聞かされると、これからゲームを見るたびに、選手の年俸を思い浮かべてしまい、なんだか野球を楽しむ気分もさめてきそうな気がする。
それと、お金持ちの球団がどんどんいい選手をとっていくと、この先、各チームにものすごい差がでてきそう。契約金の上限とかを決めたほうがいいんじゃないだろうか。
などといってみたけれど、早く春になって、野球が見たいと思っているのだった(^^)
by mint-de | 2014-12-06 19:17 | 木陰日和

紅葉日和

d0129295_1650917.jpg


モミジもだいぶ紅くなった。
今日は風が強かったので、葉っぱが随分散っていた。
黄色や茶色の落ち葉に、秋の終わりを思う。
世の中、いろんなことがある。
うんざりすることの方が多い気がするのは、ネットで情報があふれているせいか。
それとも時代のせいか。
世の中の出来事に惑わされずに、心穏やかに暮らしたいものだ。

d0129295_16505172.jpg


d0129295_16511777.jpg

by mint-de | 2014-11-18 16:53 | 木陰日和

ユリノキの黄葉

d0129295_131481.jpg


寒くなった。
秋を味わっている途中に、冬が割り込んできたみたいだ。
公園の木々も紅葉がすすみ、茶や黄色の葉っぱが秋の風情を深めている。
秋の彩りは、どうしてこんなに落ち着いた深みのある雰囲気になるのだろう。
遊具で遊んでいる母子も、背景に色づいたイチョウの木があると、まるで絵画を見ているようだと思ったりする。
紅葉は、人々の営みも美しく染めて見せてくれるのだろうか。

d0129295_13144558.jpg

by mint-de | 2014-11-12 13:17 | 木陰日和

晩秋の大和路

奈良へ行ってきた。
紅葉はほとんど終わっていたけれど、ところどころ鮮やかな色をした紅葉が残っていた。
今回は、7年前に行けなかった室生寺に行くことができて大満足。

まず訪れたのが平城宮跡。
建物以外は何もなさそうだとは思っていたけれど、大極殿と朱雀門の間はただの原っぱと変わりがなく、おまけに朱雀門の前には線路があって、ススキの向こうを電車が走る光景が何だかおかしかった。
残されていた遺構から、こういう建物を復原できたことは素晴らしいことだ。
何年か先には回廊ができるとか。長い回廊が完成したら、古代ロマンをもっと感じられるかもしれない。
d0129295_19534672.jpg
d0129295_1954334.jpg


長谷寺では、本尊の大観音像を拝観できた。10メートル余もあるその大きさにはビックリである。
こういうものを作った当時の人の信仰心は、相当なものだったのだろうな。
d0129295_19553443.jpg


室生寺では、土門拳が常宿にしていた橋本屋でお昼を食べた。あっさりした味付けの煮物中心のメニューで、とてもおいしかった。
室生寺は、素朴な山里の雰囲気が気に入った。
土門拳は雪の写真を撮るために、橋本屋に泊まれなかったときは、知人に頼んで病院に入院させてもらったという。すごい執念だ。
d0129295_1956362.jpg

d0129295_19563546.jpg


興福寺から東大寺までの散策はとても疲れたけれど、若草山に向かう途中にある水谷橋付近の紅葉は素晴らしかった。そこのお茶屋さんで、紅葉を愛でながら、葛餅と抹茶をいただく。
お寺と紅葉めぐりのおいしい奈良の旅だった。
d0129295_19571593.jpg

d0129295_19581782.jpg

by mint-de | 2013-12-04 20:00 | 旅する風

落ち葉

昨日の雨と風で、落ち葉がいっぱい。
朝、家の周りの落ち葉を片づけたけれど、よその家の木の葉だと、はっきりわかるものがあちこちに散らばっている。ハナミズキの大きな葉っぱで、その家の隣や向かいの家の前にも落ちている。
掃いているついでに片づけてあげてもいいのだけれど、よその家の前までいって掃くというのも、なんだか余計なお世話をしているようで、躊躇してしまう。
結局、そのままにしてきたけれど、後で小学校の近くにいったら、近所の方が学校の周りの落ち葉を片付けていた。自分の家の周りとか関係なく、きれいにしていたのだ。
その姿を見て、ちょっぴり反省する。
公園の落ち葉は、すごい量だった。
掃除をする方は大変だろうな。

d0129295_14452929.jpg

by mint-de | 2013-11-26 14:47 | 木陰日和

ブツブツ

郵便局で年賀状を買ってきた。
今年は面倒なので、市販の素敵なデザインの年賀状を買ってしまおうと思い、文具コーナーをのぞいてみたけれど、気に入ったものがなく、仕方がないので普通の年賀状を買う。
年賀状も今はいろいろあるのだね。
「もも」というのがあって、何?と思ったら、うすいピンク色の年賀状だった。
来年の干支はヘビ。
私自身は、いつも干支とは関係のない年賀状を作っているけれど、ヘビって、デザインするにはしやすい気がする。長くニョロニョロ描いて、頭をつければ出来上がり。でも、ヘビの形が嫌いなので、年賀状には絶対入れたくないな(^^;)

NHKの紅白の出場歌手が決まった。全然興味はないのだけれど、全然知らない名前の歌手が多く、自分が世間並みではない気がしてくる。
でも、ミワアキヒロやゴウヒロミって、どういうこと?
だったらヤシロアキがあってもいいだろう。なんて、思ったりもする(^^)
どうでもいいけれど、選考基準があいまいなくせに、やたら「出場できたらスゴイ」みたいに盛り上がるのが気に入らないな。

d0129295_15112876.jpg

by mint-de | 2012-11-28 15:14 | 木陰日和

モミジ日和

d0129295_1455344.jpg
d0129295_146513.jpg
d0129295_1461658.jpg
d0129295_1462750.jpg
d0129295_1463561.jpg

by mint-de | 2012-11-25 14:08 | 木陰日和

「地球でイチバンお母さんにやさしい国」

今週のNHK「地球イチバン」は「地球でイチバンお母さんにやさしい国」。
ノルウェーの子育て支援対策の徹底ぶりを知り、すごいなあ、うらやましい国だなあと、感心至極。
育児休暇をとる男性が90%もいるのだから、仕事と育児を夫婦やパートナーで協力してやっていくという考えが、社会に浸透しているということなのだろう。
女性を、妊娠や出産を理由に降格させることは法律で禁止されていたり、女性の取締役がいっぱいいたり、子どもをもった女性や年齢の高い女性など、いろんな年齢層の人間がいたほうが考え方に幅ができ、会社にとってもメリットがあるといっていた。
その言葉を、日本の会社のお偉いさんに聞かせたいもの。
文化レベルの差というか、男女の意識の差というか、精神面でとても高いものを持っている国民なのだと思った。消費税が25パーセントとかなり高めだが、税金が国民を幸せな生活に導いてくれるという確信がもてれば、高すぎるという文句もでてこないのかもしれない。
国民一人当たりのGDPがノルウェーは4位で、日本は25位なのだそう。
その差に、国民一人ひとりの豊かさというものを考えてしまう。
少子化に悩む日本、今の状態ではまずいと思ってはいるものの、なかなかいい案は浮かばない。
政治家や官僚が無能なのか、国民がのんびりしているのか。
今度の選挙で、明るい未来が見えてくればいいけれど…

d0129295_1544530.jpg
d0129295_155260.jpg
d0129295_155522.jpg

by mint-de | 2012-11-17 15:05 | 観て☆聴いて☆読んで | Trackback

ユリノキの黄葉

d0129295_15375365.jpg

いいお天気だ!
青空と色づいた木々の葉っぱ。
その中でも、ユリノキの黄葉は、私のお気に入り。
大木いっぱいにつけた黄色い葉っぱが陽に輝いて、とてもキレイ。
同じ木ばかり毎日のように撮ってしまう。
ユリノキは、緑の葉っぱも黄色い花も好き。
巨木なのに、かわいい花をつける。
春から晩秋まで、ユリノキは私を癒やしてくれる樹木だ。
d0129295_15381537.jpg

by mint-de | 2012-11-14 15:40 | 木陰日和

雨のあとで

d0129295_1412198.jpg
d0129295_14122052.jpg
d0129295_14124987.jpg
d0129295_14124664.jpg

by mint-de | 2012-11-13 14:14 | 木陰日和

見たり聞いたり、日々思うことをあれこれと…


by mint-de